Voice

参加者の声

HOME › 参加者からの声 › ORIGAMI 施設でのボランティア活動

ORIGAMI 施設でのボランティア活動

【ORIGAMI】
ちょっと前の話になります。
昨年のクリスマスバザーで折り紙で箱を作って、ひとつ50pくらいで販売したところ10個前後の箱があっとゆう間に完売。だいぶ日本の折り紙は、Origamiと名称もそのままで普及はしていますが、私たちが思う以上にイギリス人受けがよかったです。そこにたまたまいらしていた地元の婦人クラフト会の方がそれを気に入って買ってくださり、「誰が作ったの?会わせて」ということになり、「今度の私たちのクラフトミーティングで是非作り方を披露してほしい」と言われ、私と同じ日本人ボランティアの方と2人で行ってきました。
そこで思ったのは、日本人は手先器用もありますが、私たちは、自分たちが思う以上に真面目でキッチリしてます。
メンバーの方が、ナイスなパターンの紙で作りたいと言って用意したラッピングペーパーをカットするのも、ああ、もうちょっとまっすぐ丁寧切ってくれたらいいのに。。。とか、ああどうして端と端キッチリ合わせてくれないんだろう、とか、ああなにその見切り発車は!!とかとかとか。。。。。笑。
まあ地元のおばちゃん達でやっている、そんな本格的な会ではないのですが、思ったよりも説明に骨が折れました。笑。だけども良くも悪くも大らかでテキトーなんですよね。最後はなんとか形になり、紅茶を飲みながらお喋りし、みんな喜んでありがとうって言ってくれてトテモいい思い出になりました。
ORIGAMI、美しい日本の文化を再確認しました。これから行かれる人は自信を持って披露してみて下さい。

PAGE TOP