HOME › セブプログラムのご案内

路上の子供たちに希望を!春夏休特別企画セブ海外ボランティア

cebu

CEC セブ島・春夏休み時期の海外ボランティア 

CECは現地で活動するさまざまなNGO組織と協力しながら、恵まれない子供たちへの支援活動を行います。

対象になる子供たちは、親がいない子供達、家族はいるけれども、貧困のために学校にいかずに労働することを強いられているストリートチルドレン、
2014年のセブの貧困街で起こった大火事で焼け出された子供たち、貧困のために、墓場を改造した家に住む子供たちなど、
日本では考えられない環境に子供たちがおかれています。

異なったコンセプトのプログラムをこの春に予定しています。
みなさんの希望や目的に合わせてプログラムを選んでご参加ください。

どのプログラムに参加されても、大きな驚きと、参加の意義を感じて活動していただけるでしょう。

●グループで活動するメリット
グループで行動し一緒に活動することが可能なため、初めて海外に行かれる方でも心強い上に、参加費用が個人プログラムよりも安くなります。
また、参加者同士の横のつながりができ、ボランティア活動だけでなく、アクティビティ等も通じて、思い出深い滞在ができるのがメリットでしょう。

1) 地域開発活動ボランティア

孤児院や、教会活動、など現地の複数のNGO活動に参加します。フィリピンの持つ貧困問題をさまざまな環境にいる子供たちやその家族との交流を通じて学びます。 活動例を御覧ください。セブで多くのNGOと提携しているCECならではのプログラムです。

2) 高校生のための活動

高校生の為に春休みと夏休みの1週間、セブでいろんな体験をしていただくスタディツアーです。孤児院、ストリートチルドレンの食事提供活動、スラムに住む家族訪問など、また、ビーチへのツアーなどもオプションでいれています。

※ 各施設や活動はその時期の各派遣先の都合で、参加できないときもあります。直前に予定が変更になり、活動を変えないといけないこともありますので、
柔軟に対応していただく気持ちをもってご参加ください。

1) セブ地域開発活動プログラム

参加期間中に複数の現地の貧困救済プロジェクトに参加するプログラムです。このプログラムの特徴は、途上国で活動する複数のNGO組織のプログラム参加し
多くの体験をしていただくことです。NGO活動や国際開発、保育、教育などに関心の有る学生のみなさんに良い機会になります。

CECが過去にボランティアを送った地域開発活動の例を下記に紹介します。時期の現地の団体の活動スケジュールにより活動するメニュー(派遣先)が異なりますので、ご了承ください。

例1 マザーテレサ 孤児院ボランティア

世界的に有名なマザーテレサの意思を受け継ぎ、世界中で活動するマザーテレサの修道院(Missionaries of Charity)が運営する孤児院での活動です。
セブ市内の貧困地区にあるこの孤児院には、身体が弱い子供たちが30名ほど保護されています。
シスターはいつもあたたかくCECからのボランティアを受入れしてくれます。
ここでの活動は子供たちの生活をサポートするために、食事を与えたり、洗濯、掃除など施設のための仕事をおこないます。
長く良い関係を作っているので、いつでも日本からの参加者を受入れしてくれる環境ができています。参加者の方々にとっても一番落ち着ける派遣先です。
福祉、保育、教育に興味を持つ方には、是非参加していただきたい活動先となります。
セブ孤児院  

セブ孤児院
マザーテレサの孤児院は貧困層の地域の医療センターになっています。また、身体の弱い子供たちが預けられています。

例2 ストリートチルドレンへの給食配給活動

セブ市内の貧困層や、ストリートチルドレンに食事を提供するプロジェクトが現地組織により行なわれています。
その給食配給活動に参加して、子供たちに食べさせる活動を行います。フィーディング活動といいます。
フィーディングを行っているNGOは複数ありますが、例えば、ひとつの組織の場合、午後1:30頃にセンターに集まり、給食を車に詰め込み、
指定された貧困地域に移動します。午後4-5時からのフィーディングを始め、終了は夜8時頃になる予定です。

別の組織は、その場所自体が貧困地域にあり、ランチを周辺の子供たち、そして高齢者の人たちに提供しています。そこでは、子供たちにシャワーを浴びせ、
キレイになってもらい、少し勉強も教え、そしてランチを提供することをしています。厳しいルールがあり、センターで暴れたりしたらもういれてもらえなくなります。
だから、ストリートチルドレンの子供たちも、このセンターではちゃんとルールを守り、お勉強をするようにしています。
 


フィーディングセンターの様子 ヨーロッパからもよくボランティアが来ています。

例3 ゴミ山で暮らす住民たちへの配給活動

スモーキーマウンテンとはマニラにあるゴミ集積場の別名ですが、実はセブにもあるのです。ゴミ山をあさり、分別したりして業者
に売って暮らしている人々のことをスカベンジャーと呼ぶのですが、そのスカベンジャーの子供たちに情操教育を行なう幼稚園を運営する教会組織があります。
この教会では活動の一つとして、ゴミ山の住民に衣服や食事を配給しています。この組織の活動に参加し、ゴミ山で暮らす子供たちの助けをします。
 
ゴミ山に暮らすスカベンジャーファミリーへの配給活動、車を見ると皆さん走ってきます(量が限られているのです)


ゴミ山で暮らす子供たちを教育する保育園 ゴミ山からすぐのところにあります。

例4 墓場で暮らす子供たちのサポート活動

セブ市内のカレタ地区の墓場で暮らす家族がいます。その家庭の子供たちの教育や福祉のサポートをするデービス牧師と一緒に子供たちの将来のために何か
プラスになることを考え、実行することを活動にしています。
 
中国人の富裕層の人たちが建てた墓場ですが、訪れる人もなく、いつの間にか貧困層の家族が住み着いたそうです。
 
建物は全てお墓なんです。家の様にみえますが、石棺を安置している廟(mausoleum)を家に改造しています。
実際に住んているところはもうその墓を訪れる人がいなくなって、石棺もどこかに捨てられたようです。

例5 火事で焼け出された子供たちとの交流

デービス牧師はロレガ地区の墓場に暮らす家庭の子供たちの御世話もしていますが、2014年3月に起こった大火事のために、ロレガ地区は焼け野原となりました。
墓場も焼失しましたが、幸い子供たちはみな無事でした。
このロレガ地区では日本の学生団体NPOが以前から活動しており、その団体と一緒にデービス牧師のサポートをします。

 
ここにあった建物はすべて2014年3月の大火事で消失してしまいました。スラム街だったので、消防車が活動できず、8000人の人たちが住まいを失ったそうです。
 
沢山の家族、そして子供たちがここで被災生活を送っています。この場所を訪れ、子供たちを慰問し、元気づけます。

例6 ストリートチルドレンの生活を知る

CECの代表が理事を務めるNPO法人がサポートするストリートチルドレンの生活の様子を午後、そして夜に実際に会いにいく機会を予定しています。
観光客相手に小学校の年齢の子供たちが児童労働し、家族を助けています。そして、夜も路上にダンボールを敷いて寝ている様子の見るのは深く考えさせられる
経験になるでしょう。 ※雨の日や、現地のイベントなどで子供たちがいない場合もありますので、ご了承ください。
 
10歳前後の子供たちが路上で物売りをしています。日本だと完全に児童労働として親は罰せられるでしょう。
 
ここでは家庭の生活を維持するための労働力になっています。夜も子供たちは集まって一緒にダンボールの上で寝ています。
セブの政府が用意した家が山にあるのですが、彼らの収入では毎日市内までくることができないので、学校が無い夏休みや、週末は、いつも路上生活をしています。
昼間に子供たちの仕事場(教会)を訪れます。

東京・名古屋・大阪・福岡など 説明会・個人面談のご案内

毎月東京や名古屋、福岡でCECスタッフが説明会や個人面談を行い、プログラムの内容をよく理解していただいて、ご参加していただくように心がけています。こちらのページからご確認ください。CEC海外ボランティア留学説明会

日本でも、現地でも安心できる環境・・・とても大事なことが基本です。

インターネットの普及に伴い、海外の日本語サイトによる安価なボランティア情報が氾濫しています。それを頼って現地に行き予想もしないトラブルに巻き込まれることがあります。

CECは1988年の設立当初から、経験ある専門スタッフチームが各国の活動プログラムを担当し、トラブルを防ぐために事前の現地調査を欠かしません。参加者のみなさんの現地滞在中に、ご家族の方からの急ぎの御用があるときはすぐにCECのオフィスに連絡いただき、派遣先の現地コーディネーターがいつでも対応できる環境です。これがCECを利用していただくみなさまが安心できる、基本的なCECの運営体制です。

お電話でのお問い合わせ 06-6397-7030 

画像ceccec

平日の午前11時から午後6時まで、お気軽にお電話いただけます。CECのスタッフのなかでセブの担当が対応させていただきます。

〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-16-2 ジャルダン東淀川604
CEC ジャパンネットワーク株式会社 
セブ担当(池頭、西村、石井、大吉)

CECは一般社団法人JAOS留学協議会の正会員です。


帰国後の就職支援をするGlobal ACE CECはLOBAL ACEの連絡協議会メンバーです。
現在来年度のGlobal Ace 参加者募集中

 

PAGE TOP