Kolkata homestay & Volunteer Support

マザーテレサ・ボランティア活動

HOME › プログラム紹介 › インド・マザーテレサボランティア › コルカタ(英語)留学

マカイバリでのホームステイ体験

茶園でのお茶摘み体験

マカイバリでのホームステイホストファザーのパサングさんが空港まで迎えに来て下さり、車で2時間位の山の途中にホームステイ先がありました。11人位の大家族で小学生位の子供が4人居ます。会話は小さい子供も含め英語が流暢です。よく部屋に遊びにやって来ます。食事は3食と夕方に紅茶をいただきました。ご飯やパスタや焼きそばの様な物が出たり、朝は食パンに自家製のハチミツ、目玉焼きにバナナなど口に合わない物はありませんでした。部屋にバスルームはあるのですが、シャワーは使えず、蛇口水のみで体は洗えます。ペットボトルの水は歩いてすぐの場所に小さな売店があり1リットル20ルピーで買えます。 お腹を壊わす事はありませんでした。皆、親切で温かく、平和な感じがしました。

ダージリン地方は冷涼で風光明媚な避暑地として、またイギリス植民地時代に始まった紅茶の生産地として有名な場所です。西ベンガル州の最北に位置し、ネパールとブータンに挟まれた交易の町でもあります。
町の中心は標高2300mという高地にあり、茶園も300~2200mの斜面に広がっています。このダージリン地方にある有名な紅茶農園でホームステイをしたり、ボランティアをしたり、もちろん観光など、コルカタとは違った体験をすることができます。

マカイバリでのホームステイマカイバリでのホームステイマカイバリ茶園で茶摘み体験:
パサングさんに茶摘みに連れて行ってもらいました。
山の斜面で摘むので立っているのが大変でした。長ズボン、長袖、運動靴を持って行って良かったです。山登りする感じでした。
他の茶摘みの女性は英語は通じませんが、茶摘みの摘む葉はこれだと見せてくれたり、指さしたり、転びそうになった時、引っ張ってくれたり、親切に教えて下さいました。マカイバリの工場も見学させてもらいました。

マカイバリでのホームステイ広めの部屋でベットも大きかったです。扇風機はありましたが暖房器具はないのでホッカイロを持って行くと夜は良いです。ドアを開けておくと飼い犬が入って来ます。寒いわりに蚊は結構いました。 洗濯は手洗いして、外に干せますが山の天気は変わりやすく、急に雨が降ったりしなかなか乾かなったです。 昼間は暑く日焼け止めをぬりました。夜は冷えるのでダウンをもって行って良かったです。ダージリンの街はホームステイ先からさらに車で2時間程度の場所、ヒマラヤの山々が望める素晴らしい光景です。紅茶園のボランティアグループがダージリンまで連れていってくれます。

ダージリンのホームステイ旅行は、コルカタの喧騒を離れ、ゆっくりとした時間を楽しんでただきたいと思います。ダージリンホームステイをご希望の方は、CECの現地コーディネーターにご相談ください。手配をアレンジいたします。

 

 

PAGE TOP