New Zealand Care Intern

ニュージーランド ケアインターン

語学研修と有給福祉インターンをNZで行います。ワーキングホリデービザを取得できる介護福祉、看護の経験者の方々には必見の長期滞在プログラムです。語学研修場所はウエリントン、ニュージーランドの首都です。ウェリントンは「世界で一番魅力的な首都」に選ばれたこともあり、自然と都市文化が融合した魅力的な場所です。シティ中心部にある語学学校にて英語研修を受講後、ニュージーランド内の福祉施設で働きます(有給)。

HOME › プログラム紹介 › New Zealand › 高齢者施設NZケアインターン

英語研修と最長1年間の介護インターンプログラム

例えば、英語研修を3ヶ月と高齢者福祉施設で有給インターンを12ヶ月体験するなど、英語研修と福祉インターンを同時体験するプログラムです。

実践的に英語を学び、ニュージーランドの高齢者ケアの現状を知ることができるユニークな生活体験です。医療、介護福祉系の経験者のみなさん専用のプログラムです。日本で医療・福祉系の就労経験がある30歳までの方を対象としたプログラムです。
それぞれの英語力に合わせて事前英語研修を受講、その後10ヶ月~12ヶ月間ワーキングホリデービザでナーシングホーム/高齢者ケア施設で有給就労することができます。全期間を通してインターンシップサポートサービスが提供されますので、インターン中も相談、アドバイスを受けることができ、安心してご参加いただけます。日本での資格、経験を活かしたい・ニュージーランドの医療・福祉に興味がある方におすすめです!

ニュージーランドでのボランティア活動

まずは英語の研修

現地の研修校で参加者の英語レベルにより、英語を勉強してから派遣先で仕事をします。日本と同じようにしっかりしたコミュニケーション能力を身につけなければ利用者の方々のお世話をすることはできませんよね。NZでの英語研修は12週間のグループレッスンです。

英語に不安がある皆様へ

多くの方が英語力に不安をお持ちです。短期間で英語力をつけるために、NZに御出発以前に、セブ島にある語学学校でマンツーマンの研修を行っていただき、その後NZに御出発していただける体制をもちます。これで英語力が初心者のかたでも、安心して参加していただくことができます。NZでの語学研修は12週間行なうことが必須です。それ以前に3ヶ月セブで語学研修します。セブ留学に関しては、別途専門スタッフがサポートいたします。

ナーシングホームで有給インターン活動(語学研修後)

活動先の施設は日本における養護・特別養護・軽費・有料老人ホームにあたりますが、やその施設の外装や内装は、お洒落な仕上がりで、中にはホテルのようにグランドピアノが配置されたレストランや、図書室、そして個々の部屋など、どこを見てもセンスが良く、訪問者の心まで和ませてくれる雰囲気があります。ナーシングホームやレストホームと呼ばれます。プログラム名称は「インターン」ですが、施設としては新しいスタッフを雇うつもりで受け入れます。プロ意識を持って仕事できる方に参加いただくプログラムです。

高齢者福祉施設でのボランティア
高齢者福祉施設でのボランティア

NZケアインターンサンプルスケジュール

07:30~08:00 入所者起床(着替え、身繕いの介護)
08:00~09:00 朝食介護
09:00~10:00 朝食の片付け エクササイズ
10:00~10:30 モーニングティ(配膳・食事介護)
10:00~11:15 入所者休憩(入浴、おトイレの介護)
11:15~12:00 ランチの用意
12:00~13:30 ランチタイム(食事介護・後片付け)
13:30~14:00 アクティビティー(活動補助)
14:00~15:00 アフタヌーンティータイム
16:00~17:00 入所者休憩
17:00~18:30 夕食介護
※NZのスタッフと同等の介護を行います。ただし、施設によってはトレーニーとして、仕事内容が制限されることもありますので、柔軟に対応ください。また、仕事時間は休日や、夜間もあります。

高齢者福祉施設でのボランティア
高齢者福祉施設でのボランティア

NZ福祉ケアインターンの特長 詳細ページをご覧下さい。

このプログラムに参加するにはワーキングホリデーが取得できることが条件です。


※友人と一緒に参加で5,000割引(複数割引)適用
詳細へ

PAGE TOP