U.K. volunteer holiday

イギリス・ボランティアホリデー

HOME › プログラム紹介 › イギリス・ボランティアホリデー › Volunteer Mattersプログラム参加への流れ

Volunteer Matters イギリスボランティア プログラムの流れ

プログラムの流れ

6ヶ月前 資料請求~説明会や個人面談に参加

現在多くの方がインターネットの検索などからこのプログラムを知っていただいています。できるだけ細かくこのサイトで内容を紹介しますが、印刷物として残しておかれるのが良いでしょう。CECはこのプログラムのパンフレットや、参加者の方々からのレポートを資料請求者の皆さんに郵送でお送りしています。こちらからお電話で勧誘することは一切いたしませんのでお気軽に資料請求ください。

説明会

興味をお持ちの方は東京、名古屋、福岡で行なっている説明会、または大阪のオフィスに起こしください。遠方の方は電話による個人面談を行ないます。この個人面談の中で、プログラムに参加できるかどうか、英語のレベルチェックを行ないます。
個人面談のお申し込み

次へ
5ヶ月程度前 参加の申込 面接、オリエンテーション

申込書と申込金をCECにお送りください。

申し込み方法

HPより申込フォームを送信いただき、申込金6万円(プログラム費用の一部金)はCECの銀行にお振込み下さい。

CECの銀行口座
三井住友銀行 新大阪支店 普通預金口座3781412
口座名義 シーイーシージャパンネットワーク株式会社

その後、Volunteer Mattersのプログラムに参加する場合にはVolunteer Mattersスタッフ(イギリス人)との面接があります。その面接で英語力も大丈夫と判断されたら参加することができます。もし、面接に通らなかった場合には、それまでのCECの手配費用として、申込金の半額を差し引き、3万円ご返金いたします。

 

次へ
1-2ヶ月程度前 派遣先が決定 ボランティアビザの手配

ご希望時期にあわせて各団体が派遣先を決定します。そして、その派遣先が決定したら、すぐに受入書を書いていただき、ボランティアビザの取得を行ないます。現在のところ、ビザは申請後、およそ3週間程度で取得できています。

※現地事情により、ご希望の出発時期より2ヶ月程度出発が後にずれることがあります。そのようなことも予想し、参加時期を柔軟に変更できる環境をおつくりいただくことを御願いします。

次へ
ご出発 

ビザを取得後、すぐに出発しますが、Volunteer Mattersプログラムの場合には、到着してそのまますぐに派遣先で活動することになります。施設派遣プログラムの場合、2週間のオリエンテーションプログラムに参加いただきます。その後、各施設に移動します。

ロンドン
次へ
プログラム期間に関して

Charity worker visaでの活動は1年間まで、延長はできません。また、活動終了後、すぐにイギリスを離れることがビザの条件となっています。(2017年現在)

プログラム費用
PAGE TOP