U.K. volunteer holiday

イギリス・ボランティアホリデー

HOME › プログラム紹介 › イギリス・ボランティアホリデー › 施設派遣よくあるご質問

施設派遣の活動よくあるご質問

ボランティアの活動先はどんな施設ですか?
現地のサポート体制を教えてください
活動内容はどのようなものですか?
医療、介護等の経験が無いのですが参加は可能ですか?
参加時期はいつですか?
参加するためのビザは?
派遣先を変更することはできますか?
1年以上の延長はできますか?
参加期間中に一時帰国することはできますか?
1参加期間によりプログラム費用は変わりますか?
具体的にどれくらいの費用を準備すればよいでしょうか?

Q. ボランティアの活動先はどんな施設ですか?

A. 派遣先は障がい者施設がもっとも多いです。特にこの4-5年、CECの日本人ボランティアを受入希望している団体は障がい者サポートを行うイギリス最大のチャリティ団体です。イギリス全土に施設をもっています。施設の入所者は30人前後で、身体障害、重複障害を持っています。また、障がい者のホリデーセンターや、コミュニティなどもあります。

Q. 現地のサポート体制を教えてください

A. 現地コーディネーターのサポート/ロンドンの教育法人CET

Management(語学学校を運営)のマネージャーのチームがこのプログラムの現地コーディネーターとして、参加者のボランティアのみなさんをサポートしています。チームには日本人もいますので、緊急のときなど日本語で話しができるので安心できます。

Q. 活動内容はどのようなものですか?

A. 派遣先の施設により異なりますが、介護、生活補助、アクティビティなど、活動は多岐にわたります。アクティビティとは、たとえば、乗馬にいったり、水泳に行く利用者に同行します。絵画や陶芸などのクラブ活動でのサポートなどです。生活補助というのは、利用者の部屋の掃除や、食事の際の配膳、キッチンでの仕事などもあります。柔軟に対応できるお気持ちで参加ください。

Q. 医療、介護等の経験が無いのですが参加は可能ですか?

A. 派遣された場所でははじめのうちは他のボランティアやスタッフが一緒についてくれます。活動自体は特殊技術や経験が必要なものではありません。だれでも活動可能です。大事なことは障がい者(高齢者)に対する思いやりと、活動に対する前向きな気持ちです。

▲TOP
Q. 参加時期はいつですか?

A. 現在は通年を通じて行なっています。ただし、現在派遣先の数が少なくなっていますので、できるだけ早い時期にご連絡ください(4-6ヶ月程度前)

Q. 参加するためのビザは?

A. 2008年末より新しいビザになりました。TIER5のチャリティワーカービザで参加していただきます。ビザの取得の仕方はCECがサポートいたします。

Q. 派遣先を変更することはできますか?

A. 通常、派遣先は同じ場所で最後まで続けることが原則です。

活動中の派遣先でうまくいかない場合にはCET Managementと相談ください。同じチャリティ団体の中で移動できる施設があれば変更できる場合もあります。

人間関係のトラブルはどこの職場にもつきものですが、その派遣先のスタッフや介護対象者と人間的な信頼関係をしっかりと作っていれば大きな問題になることはまれです。英語の能力不足による思い違いが時としてトラブルのもとになることがあります。しっかり理解していないのに何でもイエスと答えるのは避けるべきです。相手は了解したと思いこみます。

▲TOP
Q. 1年以上の延長はできますか?

A. ビザの制約があり、1年間までの参加となります。1年以上の参加をご希望の場合にはYMSと呼ばれるビザを取得できれば可能です。

Q. 参加期間中に一時帰国することはできますか?

A. 以前から決定している予定など(例えば友人や家族の結婚など)のための一時帰国の場合には前もって施設から許可を得ていれば大丈夫です。ただし、参加前に前もってCECが許可できるものではありませんので、現地で直接施設のマネージャーに相談してください。

Q. 1参加期間によりプログラム費用は変わりますか?

A. 6ヶ月でも12ヶ月の滞在でも、プログラム費用は同じです。

Q. 具体的にどれくらいの費用を準備すればよいでしょうか?

A. プログラム参加費用 360,000円
2週間の現地研修費用 120,000円(ホームステイ代金含む)
航空券(1年有効チケット)約160,000円(時期によりことなります)
海外旅行保険加入費用 約175,000円(加入するタイプにより異なります)
※海外旅行傷害保険は任意加入ですが、NHSでは、救援者費用や 傷害・疾病死亡保障費用、携行品、賠償責任などはカバーされません。

現地では毎月およそ30,000円程度の小遣い、および無料で宿泊、食事が提供されますが、ホリデーに旅行に行くような費用を別途用意されておくことをおススメします。

▲TOP
PAGE TOP