Voice

参加者の声

HOME › 参加者からの声 › マルタの医療事情

マルタの医療事情


マルタでは総合病院が国立病院と私立病院に別れています。それぞれ一つずつマルタの本島にありマルタの基幹病院となります。
ゴゾにも1つ総合病院があるようです。 町のクリニックは個人病院です。
国立病院はマルタのIDを持っている人は無料なのでマルタの人が診察に来るため何時間と並びます。私立病院は、そこまで並ばないようで予約もできるみたいです。私立の医療費は分かりません。私立でも医療費はそこまで高くないようです(マルタに住む日本人からの情報)。
しかし料金はレントゲンや採血などの診察によって医療費は変わってくると思います。(しかし保険に入っている場合は医療費が全額返って来ると思います)

なので最初に総合病院という選択もありますが症状が軽いと行くことに躊躇します。
その点、薬局に医師は来ますし、あちこちに薬局があります。医師の来る時間帯はバラバラですが薬局の窓にも張り紙がありますので、二度足を踏むのが嫌な方はそれを見て足を運んでもいいかもしれません。

医師が総合病院で診察を受けた方がいいと判断した場合、紹介状を書いてくれます。それから総合病院に行く方が総合病院の先生も的確に自分の症状を把握してくれると思います。

薬剤師が判断出来る場合は薬を提案してくれます。

日本で例えると、何か症状があれば、まずは個人病院に行くと思います。そこでもっと精査が必要となれば個人病院の先生が手紙を書いてくれ、それを持って総合病院に行くことになリます。
その個人病院が薬局(薬局に来る先生)であるとイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

PAGE TOP