Cambodia Volunteer Programme

カンボジア春休み・夏休みグループボランティア

HOME › プログラム紹介 ›カンボジア・シェリムアップでのボランティア活動

シェムリアップでの ボランティア活動

H語学学院 

シェムリアップの語学学校です。 シェムリアップは遺跡の町、観光業が盛んなため、英語もしくは日本語が出来ればガイドとしての仕事があるため、語学勉強が盛んです。
曜日、時間帯によって日本語クラス、英語クラス、子供クラス、成人クラスがあります。
1クラス3人程から10人ほどの少人数制。 カンボジア人の先生がいますので最初は先生のアシスタントから、クラスを任されることもあります。
体験談はこちら>>>

 
日本語トレーニングセンター(2018年度受け入れ休止中) 

ここ、「日本語訓練センター」では日本への留学、または企業での就職予定の方が日本語や日本文化の勉強をしていらっしゃいます。 年齢は18歳から30代くらいまで、年長の方は家庭を持っている人もいます。
30-40名ほどで2クラスに分かれています。 男性専用の全寮制で、ここで寮生活をしながら日本へ渡航できる日を待ち望んでいます。
常時、日本人の先生がいますのでその方のアシスタントが主ですが、クラスを任されることもあります。
体験談はこちら>>>
動画はこちら>>>

日本語トレーニングセンター
村の子供達との日本語・文化交流

滞在先宿よりツクツクで1時間ほど行った村の青空教室です。
約50名の子供たちが月~金の17:00-19:00(時期によって異なる)カンボジア人の日本語の先生から日本語を学んでいます。
17:00-18:00 小学生クラス(約20-30名)
18:00-19:00 中学生&高校生クラス(約20名)

子供たちはまだまだ日本語での会話はできませんので、折り紙、習字、かるた等ゲーム感覚で日本語、日本文化をご紹介ください。 日本からお菓子をお持ち頂き、ジャンケンやゲームに勝った子にあげると非常に盛り上がります。

手配費用:約¥6,000/活動1回につき
(宿泊先-村までの往復ツクツク費用、カンボジア人(日本語可)ガイド同行費、教室への寄付金含む。)
*村までの交通手段が一切ありませんので、ツクツクドライバーを4時間ほどチャーターします。
*また、子供たちとの意思疎通はガイドさんがヘルプしてくれます。
動画はこちら>>>

村の子供たち
マザーハウス孤児院

滞在先宿よりツクツクで10分ほど。
0歳から3歳までの20名ほどの子供たちがシスターの愛をいっぱいに受けながらのびのびと生活しています。 実際には孤児はいないようで、しかし、皆家庭の事情で親と一緒に暮らせない子供たちです。 原則3歳になれば、親元や親戚に帰されるそうですが、やむを得ず、3歳を過ぎてもここで生活している子供も数名います。ここでの活動は主に子供たちの相手。 遊んだり、食事介助、そしてシャワーのお手伝いや着替え等です。
施設の裏口を出たところで、現地スタッフが洗濯物を干したり取り込んだりしていますので、Can I help you?と積極的にそのお手伝いも是非お願いします。
他の国からのボランティアも良く訪れているようです。 

マザーハウス孤児院
資料請求 お問い合せ WEBお申し込みフォーム
PAGE TOP