What's New & News

新着情報&お知らせ

HOME › お知らせ › ホームステイ滞在に関する留意点

ホームステイ滞在に関する留意点

「ホームステイ」 名前の通り、滞在期間中にホテルの代わりに個人宅で滞在することをホームステイといいます。
家族に滞在費を支払い、部屋を貸していただき、食事を提供していただくということがホームステイの定義です。ここでは、英語圏のホームステイに関する留意点をご案内します。

・皆さんがこれから渡航される国はいずれも移民が多い多国籍国家です。例えば外見はアジア系でも、移民してきたのはおじいさんやおばあさんの時で、その方自身はその国で生まれ育った方なども多いのです。また、移民してきた人々は決して白人ばかりではありません。アジア、南米、アフリカ、ヨーロッパなど、さまざまです。
人々はいろいろな文化を持ち、今ではそれぞれが尊重しあって暮らしています。まずは皆さんのホストファミリーの方のバックグラウンドも様々だということを認識してください。皆さんとお話するときにはもちろん英語でお話しますが、家族同士で話しするときにはその方たちの生まれ育った言葉を使うこともあるでしょう。

・ホームステイ先はごく一般的な家庭であり、特別に裕福な家庭だから受け入れをしているのではありません。また、皆さんのほかにも何人かのゲストを滞在させている家庭が多くあります。週末に一緒に観光に出かけたりしてくれるファミリーもあれば、自分達の休養に充てるため自宅でゆっくり過ごしたいというファミリーもいます。休日の過ごし方はファミリーにより異なることをご理解ください。

・皆さんが渡航される国は日本以上に離婚率が高く、母子家庭(父子家庭)も珍しくありません。これらの家庭では母親(父親)が仕事に出かけることが一般的です。また、両親が揃っていても共働きをしている家庭も多く、家事などを家族で分担している家庭も多いようです。ホームステイ先では、そのような事情で、家族とご飯を一緒に食べることができない場合もあります。また、女性ひとりの家庭もあります。
上記のような各家族の状況を尊重して滞在いただくようにおねがいします。

・これらのことを考慮しても、ファミリーの対応に納得がいかない、または何か不安に思うこと、わからないことがあれば 現地サポートに早めにご相談ください。自分がクレームを伝えるとその後のファミリーとの関係が悪くなってしまうのではと遠慮するのはけして良いことではありません。多くの問題は些細な誤解を解くことで解決できます。

・ホームステイファミリーの「人種、宗教、民族背景」に関しての希望はお受けできません。家族構成などについてのリクエスト(子供のいる家庭が良い、派遣先の近くが良い、など)は受付ますが、必ず答えられる保証はありません。(アレルギーなどをお持ちで、ペットや食事に関するリクエストがある場合はお知らせください)

・原則として、明らかなファミリーの怠慢などが無い限りホームステイの変更はお受けしていません。また、現地でホームステイ変更希望の場合には、別途所定の手配費用がかかる場合があります。
家族と親しくなるためには、みなさんの努力と、理解、そして「違い」を尊重する気持ちが必要になります。海外に行くという事自体が、さまざまな困難に直面しながら自分を高めていくという機会です。柔軟、かつ前向きな姿勢でご参加いただきますようにおねがいします。

PAGE TOP