海外ボランティア活動・CECジャパンネットワーク

新着情報&お知らせ

10代の犯罪、学校でのいじめ

2004年11月18日

イギリスも日本と同じように悩んでいます。

ロンドンから遠く離れた田舎の学校で、生徒同士が喧嘩しひとりが、ナイフでさされて殺されました。刺したのは16歳の少年、さされた子供は14歳でした。

裁判の結果、少年には無期懲役が言い渡されました、ただし、12年出てくるだろうと言われています。殺された子供のお母さんの悲しみは悲痛でした。

イギリスでは凶悪犯罪者は16歳でも新聞で写真がのります。ただし、名前は裁判所によって偽名がつけられるのです。

現在イングランドでは学校の防犯の為に警察官が370人体制で仕事をしているとのこと。

ちょっといやな話題ですが、今のイギリスの事実でもあります。