Cambodia Volunteer Programme

カンボジア・日本語ボランティア&文化交流

HOME › プログラム紹介 ›カンボジア・日本語ボランティア&文化交流

カンボジア 日本語ボランティア&文化交流

カンボジア

カンボジアの内戦が終了した後、日本語教育が再び始まりました。プノンペン大学では1993年から日本語教育が続いており、またメコン大学でも日本語学科があり日本人の先生が常駐しています。また、青空教室のような小規模でフリースクール的なものから、日本人スタッフが常駐している、大規模な学校まで、プノンペンやシェムリアップには様々な学校があり、カンボジアの若い人たちが多く学習しています。

春休み・夏休企画:2018年も学生の皆さんのお休み時期に合わせ、お得でユニークな活動を企画しています。アンコールワットで有名なシェムリアップにて、ボランティア活動と観光を組み合わせ、延泊する等ご自身の希望に応じてスケジュールを組み、ご計画ください。詳しくはこちらのページを御覧ください

カンボジア内戦からの復興と成長

カンボジア王国が倒れたのち、1993年の総選挙で民主政権が誕生するまでの間、20世紀後半に続いた内戦状態が終わり、やっと平和が訪れました。そのスピードはとても早く、私が2014年の2月に訪問したときには、20年前の戦争はもう遠い過去のものとなっているようでした。

人々は英語を話し(日本よりよく通じると思います)、アメリカの通貨(ドル)がどこでも使える国になっていました。プノンペンは大きなビルが立ち、スマホをもって歩く若者の姿など、日本と変わらないのです。すごい勢いで自由化が進んだのです。

しかしながら、まだまだ路上生活者、ストリートチルドレン、物乞いをする人がいるのも事実です。 日本語学校の担当者Oさんがカンボジアの現状を「ストリートチルドレンの実態とその解決法」という内容でレポートしてくださっています。  是非御覧ください。

カンボジアのストリートチルドレン
カンボジア担当のスタッフです。 プノンペンで路上生活をしていた親子に日本から持ってきた(息子さんの)お古をあげました。 嫌がられるかも・・と、少し躊躇しましたが、子供のお母さんが非常に喜んでくれたので、嬉しかったです。

日本が積極的に復興を支援してきました
私が訪れたのは首都プノンペンですから、田舎の方はきっとまだまだ違う様子をしているのでしょう。JICAの最近のレポートを読んでも、カンボジアの保健衛生事情は,まだまだ低い水準であり,子どもたちが健康に育つため,学校や地域の公衆衛生の改善が必要とされています。JICAなどの公的な機関をはじめ、NPOなどの団体が多くカンボジア現地で人々の生活の向上を目的としていまでも活動しているのです。だから、この国の国民の人たちは日本に対して友好的でいてくれます。

ヨーロッパ(フランスの影響)と、アジア(仏教)が調和しているプノンペンの街

王宮の夕日                    お寺の仏像

プノンペンの日本語教室のみなさんたちと日本人ボランティアのみなさん

カンボジア・日本語ボランティア&文化交流(プノンペン)

プログラム参加費用  1週間75,000円 2週間98,000円
1名様から申込可能です。2名様以上はディスカウントあります。詳細を御覧ください。
詳細へ
資料請求 お問い合せ WEBお申し込みフォーム
PAGE TOP