Report

参加者レポート

HOME › 参加者レポート › 自分も頑張らなきゃ!と背中を押された

自分も頑張らなきゃ!と背中を押された

カンボジアシェムリアップ日本語・孤児院ボランティアグループプログラム

◆参加期間◆
2016年8月22日  ~  8月 29日まで1週間

◆参加の動機◆
カンボジアの子どもたちと触れ合い、身をもってカンボジアの現状を知ることで、自分の夢である小学校教師になるときの自信に繋げたいと思った。貧しい国への力に少しでもなりたいと思ったから。

◆ご参加頂いた時期に関して◆
気候、お天気はどうでしたか?
基本的に35度くらいの暑さだが、8月は雨季のため、時々30分くらいのスコールが降る。
夜は少し肌寒い。

服装は?
昼間は半袖半ズボンで十分。日焼けや虫刺されが気になる人は長袖長ズボンがいいかもしれない。

◆シェムリアップ滞在に関して◆
街の雰囲気、印象はいかがでしたか。
街を歩いてると、トゥクトゥクドライバーの人達が声をかけてくる。とても賑やかな街であると思った!夜の路地裏は明かりがなくあまりいかない方がいい。カンボジアの人達はみんな優しくて、親切であると感じた。

おすすめのお店、レストラン、観光スポットがあればお知らせください。
ラッキーモール付近にある、リーリーレストランと言うお店がオススメです。お土産を買うには、オールドマーケットやナイトマーケットがおすすめ!交渉次第で値下げしてくれるところが多いです!アンコール・トムにある、バイヨンは圧巻でした!!

ヤマトゲストハウスでの滞在はいかがでしたか。
なに不自由なく過ごせました!!洗濯機が使えないので、手洗いする準備が必要です!

◆遺跡観光に関して◆
アンコールワットでの朝日鑑賞はいかがでしたか。
私は、初めての世界遺産がアンコールワットでした。ずっと行きたかった場所でもあり、しかもその場所で朝日鑑賞ができるのは、とても幸せでした!朝日鑑賞は他の観光客の人もたくさんいるので、場所取りが大変でした。池に反射するアンコールワットは絶景です。

その他ご自身で何かツアー等に参加されましたか?  はい

ハイの場合、そのツアー内容とツアー料金をお知らせください;
アンコールトム、バイヨン、タプローム、アンコールワット、夕日鑑賞を含む1日ツアー。お1人30です。
アジア最大の湖でおるトレンサップ湖、オールドマーケットを含む半日ツアー。お1人25です。トレンサップ湖で、ボートを借りるため、少し高め。だけど、個人で行くともっと値段が高くなってしまうので、ツアーで行くのがおすすめです。

◆ボランティア活動に関して◆
日本語トレーニングセンターでの活動内容と感想をお聞かせください。
今回は、女性生徒がいる学校に二日間行かせていただきました。活動内容としては、60分3コマを授業するというものです。1人でひとクラス任させることもあれば、2人で任させることもあります。いずれにしろ、トレーニングセンターで働く、日本人の先生がついてくれます。生徒のみなさんは、とっても元気いっぱいで。挨拶してくれのがとても心地よかったです!積極的に質問や授業を聞いてくれるので、最初は心配していましたが、段々と慣れ、60分3コマはあっという間です!事前にどんな授業をするのか準備しておくとスムーズに授業ができると思います。お昼はみんなで食べました!日本への送り出し機関と言うこで、今度は日本で会えるのを楽しみにしています!

村の青空教室での活動内容と感想をお聞かせください。
活動内容としては、自分たちで準備していったものを、子どもたちと一緒に遊んだり、作品を作りあげるといったものです。私たちは、ラッキーモールというところで、絵の具を買って、画用紙に子どもたち1人ひとりの手形を押し付けて、メッセージ入りの作品を作りました!言葉がなかなか通じないところが、苦戦したところですが、とってもいい経験ができました!サッカーボールなどを持って行って、一緒に遊ぶと直ぐに仲良くなれます!最後はプレゼントしました!!とても喜んでくれたと思います。草木が生い茂る所でもあるので、長ズボンを履いてやるのをおすすめします。帰ってきたあと、たくさん虫に刺されていました、、、

マザーハウス孤児院での活動内容と感想をお聞かせください。
活動内容としては、4〜5歳くらいのまだ小さな子どもたちのお世話をすることです。一緒に遊んであげたり、ご飯をあげたり、掃除をするなどといった活動をしました。オムツや粉ミルクが不足しているということなので、日本からオムツなどといった寄付できる物を持って行き、シスターさんに寄付させていただきました。初めは、子どもたちも少し戸惑っていて、恐怖心を持っていたかもしれませんが、子どもたちの目線に立ち、たくさん戯れあっていると段々と子どもたちから寄ってくれるようになりました!!

他にも海外からのボランティアとして来ている人がいたので、うまくコミュニケーションをとりながら、お手伝いなどをさせていただきました!

なにより子どもたちが可愛かった!!

◆持ち物に関して◆
日本より用意し、役に立ったものは?
スリッパ
ハンガー
洗剤、桶
サンダル
虫除けスプレー

その他、便利だと思うものは?今回、個人的に虫刺されに苦しめられたので、痒み止めや、痒みを抑える塗り薬などがあると便利だと思います。

◆カンボジアの物価に関して◆
ご参加時のレートは?  1ドル=約103円

◆今回のご参加を通じて、最も印象に残っていることや今後の参加者へのアドバイスなど◆

image001
これは、日本語教育センターの生徒のみなさんと、先生と最後に撮った写真です。

自分はシェムリアップの到着が1日遅れてしまったので、二日間しか参加出来ませんでしたが、とっても濃い時間を過ごさせていただきました。日本語を一生懸命勉強している生徒のみなさんを見ると、自分も頑張らなきゃ!と背中を押された気になりました。

二日間しか活動出来なかったのですが、最後は涙が出てしましました。それほど、楽しくて別れが惜しかったです。一期一会を大切に、住んでいる国も場所も違うけど、またみんなに会えるのを心から楽しみしてます!!!

image002

これは、青空教室で子どもたちと一緒に作った手形入りメッセージと一緒に撮った写真です!

子どもたと、自分たちが一体となって作ったこの作品を、一生忘れないです!!子どもたちも、手が絵の具でカラフルになるのを楽しんでくれていました!!国境を越え、一つのことにみんなが一生懸命になれることを体験して、感慨深くなりました。またこの村に訪れた時に、この作品が残っていてくれたらとても嬉しいです!!他にもサッカーで遊んだり、フリスビーで遊んだりと、言葉はなかなか通じませんが、笑顔を絶やさず活動できました!!ほんとに楽しかったです!時間なんてあっという間に過ぎてしまいます!!

性別: 男性    ご年齢: 10代

 

PAGE TOP