Voice

参加者の声

HOME › 参加者からの声 › セブの語学留学で感じたこと

セブの語学留学で感じたこと

セブでの6週間の生活はとても刺激的な生活になりました。
国を超えて様々な年代層の方と交流できてとても楽しかったです。
また、フィリピン人は性格がとても明るく、楽観的で人見知りしないため国民性が日本と全く異なります。
(現地の人によると私は現地の人の性格に近いようですので例外らしいです(笑))
性格は現地に近いようですが私も価値観や働き方などについてはいろいろ考えなおしましたし、大きな影響を受けました。

1か月半という留学期間についてはおそらく短すぎるということで留学先の先生や多くの利用者の間で賛否があるとおもいますが、私は自分の努力次第だと感じました。個人的な感想として日本人の多くは3~5か月の間で留学に来ていますが、人見知りをして完璧な英語を話そうとしたり、自分から話しかけることを嫌ったり、日本人の留学生とずっといることが多く、受け身な勉強をしている人が非常に多くてもったいないなと感じました。
これを現地の人に話すと君は日本人ではないといわれました(笑)
でも、流暢にとまではいかずとも日常的な会話をこなす程度なら必死に練習すれば、一か月半でも十分成長可能だと思います。

今後の参加者に伝えたいこととして、
社会人を経験してからフィリピンに行くと学生のときに行く以上に様々なことに刺激を受けると思います。
私はフィリピンの人の温かさや働き方にふれて日本はとても人とのつながりが貧しい国だなと感じたし、日本の働き方についてもたくさん疑問を持ちました。客観的に自分や自分の国のことを見つめなおすことができるので、是非お勧めです。
——————————–
CECはセブのボランティアだけではなく、多くの語学留学の入学を無料で手配します。語学学校とボランティア活動を組み合わせることも可能です。
お気軽にお問い合わせください。https://www.cecj.net/mobile/inquiry.html

PAGE TOP