感想

HOME › 参加者レポート › 英国ボランティアホリデー 施設派遣

英国ボランティアホリデー 施設派遣

・参加期間:2018.9〜2019.8 3ヶ月目頃です。

・プログラム参加の動機
日本で介護士をしていて、海外の福祉に興味 があったから。どのようなサポートをしているのか、暮らしを見てみたかった。

・施設名:D CXXXXX Home 種類:障害者施設

・活動先の紹介
レジデンツ:26名 ケアラー:30人以上(NS含めて)
ボランティア:固定の方は3人ほど。週に一度、来たり来なかったり。小さな村なのでお友達が来て一緒にゲームをしたりしているようです。その他では、アーティストが来て歌を歌ったり、Choir が来たり、手品をしたり。

・活動内容
アートクラフト(バースデーカードを作ったり、編み物をしたり)外部ボランティアと一緒にゲーム。カラオケ。午前中、近くの公民館のような所に何名かと行くMorning coffee 。買い物の付き添い。パソコン操作の手伝い。など。
時間帯は8:30〜16:30
障害によってどの程度腕などが動かせるのか、またハサミやペンなどの扱いに気をつけています。言語障害などでうまく聞き取れない事も多々ありますが、スペルを言ってもらったりしてゆっくり理解するようにしています。

感想: 基本的にこちらのレジデンツはみんなでワイワイゲームをするというよりは、個人的にお部屋でテレビや映画を見たり、音楽を聴いたりネットをしたりと静かに過ごされる方が多いように感じます。なので、はじめはなかなか皆さんとお会いすることができず、名前と顔を覚えるのに苦労しました。DBSチェックをパスするまでは、車椅子に触る事も部屋に入る事も出来ず他のボランティアスタッフにレジデンツの移動を頼まなくてはいけなかったので、私達だけの時はなるべくラウンジにいつもいるレジデンツの前でアートクラフトをしたり、一緒にテレビを見たり、本を読んだりしていました。今もですが、なかなか皆さんの興味のある事を提供できないので難しさを感じています。でも、「障害のレベルも重度の方が多いし、あなた達がしているのを見ているだけでもいいのよ。」とボランティアコーディネーターは言ってくれるので毎日、無理せず、静かな時間を過ごしています。
今では、皆さんもだいぶ私達に慣れてくれて、しっかりしている方もいらっしゃるので逆に皆さんが普段何をしているのか見せてもらったり、話を聞いたりしています。

・滞在先に関して: 住み込み、ルームメイトなし

・設備 :部屋以外にレンジや冷蔵庫を置いている部屋があり、テレビはそこにあります。台所には電気家電しかありません。火事にとても注意をしているそうです。なので、自炊は不可能。洗濯はいつでも出来ますが、レジデンツも使ってるので基本的に夜使うようにしています。乾燥機もあります。洗剤、トイレットペーパー、ティッシュ、掃除用品などはすべてフリーでもらえます。いくらでも持って行っていいよ!って感じです。なので、必要なのはシャンプーやボディーソープなどだけです。古い建物ですが(108年前からあるホテルを改装したそうです‼︎)私の部屋は南向きでとても暖かく、外がマイナスの夜でも半袖で過ごしてます。ネットはかなり弱くて不安定です。スタッフにも言っていますが、繋がるだけいいかなーと思うようにしています。

・食事に関して
とても美味しいです‼︎個人的に、日本にいる時からあまりお米やお味噌を食べてなかったので、ポテトやチーズが多いこちらの食事はとても合います。ここでは、昼ごはんをディナーと言うほどお昼が1番豪華で、夜はトーストだったりサラダとスープだったりとヘルシーです。たまにすごく多い時がありますが。。ケーキなどのデザートもあり、たまに食べますが、甘すぎるのでヨーグルトを選んでいます。苦手なものは言うと避けてくれます。キッチンスタッフはみんなとてもフレンドリーで「いっぱい食べなさい‼︎欲しいものはなんでもあげるから言いなさいね‼︎」と頼もしいです。ビスケットやフルーツももらえます。

・町の様子
町というか、村です。ロンドンからはNational Lail でShrewsbury まで3時間くらいで、乗り換えて10分程です。ただ、ロンドンからの電車のトランクスペースがかなり小さく、席を予約してましたが私は荷物が置けなかったので席に座れずデッキにいました。。大きな荷物と一緒なのはかなりしんどいです。あとは、ロンドンからの電車がかなり遅れてShrewsburyでの乗り換えに間に合うかギリギリでしたので余裕をもってChirk行きの電車を予約する事をお勧めします。出だしからハプニング続きでしたが、周りの方に助けて頂き、無事にたどり着きました。電車は結構遅れが出るようです。
村はとてものどかで大好きです。最寄りのChirk駅までバスで10分程です。この辺りはフットパスがたくさんあり、ハイキングが好きな方は楽しめるかと思います。Chirkにあるロンドンまで続く運河と鉄道です。
歩いて30分くらいのところにポストオフィスがあり小さなスーパーもあります。パブも何軒かあるようですが、まだ行ったことがありません。小さなスーパーやパブがある所です。

私は歩くのが好きなので休みの日や、夕飯の前に近所を歩いています。写真を数枚送りますね‼︎
基本的に施設の周りはこのような丘が広がっていて羊さんがたくさんいます。

最後に、DBSの事を知らず、すぐにお部屋に入ったり出来ると思っていたので2ヶ月間、出来ることが限られていたので事前にDBSチェックの情報が欲しかったです。

感想地域別一覧