感想

HOME › 参加者レポート › 英国ボランティアホリデー VM

英国ボランティアホリデー VM

・参加期間:  2018年8月~2019年8月 12ヶ月
このレポートをご記入いただいたのは活動を始めてから(帰国後)

・プログラムの参加動機:
他の短期ボランティアに参加した経験から長期ボランティアに挑戦したいと思ったから。
・ボランティア活動先に関して:
施設ではなく、個人宅。在宅介護
活動先紹介:筋ジストロフィーのある20代前後の息子さんが3人いらっしゃるご家庭での住み込みの在宅介護をさせていただきました。私のほかにケアラーが複数人おり、シフトを基に朝夜は2人で、日中は1人で活動を行いました。

活動内容:車いす-ベッド間のリフトを用いた移乗、シャワー、食事の準備・介助を中心として行いました。日中は自室で待機し、必要に応じてゲームやテレビのリモコン操作など頼まれた際に介助を行いました。

感想:息子さん達は「障がい者」として接されることに強い違和感を感じていました。息子さんたちと1年間暮らしていた中で、彼らから「障害」を感じることはとても少なかったです。介護環境が整っていたこともありますが、家族、友人、ケアラーを含め誰もが「障がい者」として接していない姿勢が印象的でした。私も活動に慣れた後は、ボランティア兼1友人として仲良くさせていただきました。帰国後も連絡を取り合っています。

・滞在先に関して:
形態: 住み込み
ルームメイト: なし
設備:住み込みだったので1室を貸していただきました。一通り生活に必要なものは使わせていただきました。

・食事に関して:
形態: 主に自炊
感想: 自分が食べたいものをスーパーで購入し調理していました。

・町の様子をご紹介ください:
ロンドンからの距離と交通手段:電車で約2時間程度。
住んでいる町の様子:ヨークシャーで活動していました。住宅街の外れだったのでスーパーや最寄の駅は徒歩30分程度かかりました。

・その他:
ネット環境: パソコンを持参しなかったので必要な際に貸していただきました。

その他、今後の参加者に何かアドバイスがあればご記入下さい。又、ご自身が撮られた英国でのお写真など(派遣先、英国の風景、何でも結構です!) も添付でいただけますとうれしいです。その際はお写真のコメントもお願いいたします。

スキーホリデーに同行させていただきました。

誕生日の際にはケーキを焼いたりお料理をしたりさせていただきました。

お名前(イニシャル、ニックネーム可):
性別: 女性   年齢: 20代
 

感想地域別一覧