海外ボランティア活動・CECジャパンネットワーク

参加者レポート

セブ 地域開発SDGs活動

■参加期間中に印象に残ったこと
最初に驚いたことはセブにはあまり信号がなく、車通りの多い道路を無理矢理横切って目的地にいかなくてはならないことです。最初は怖かったけど、意外とすぐなれました笑

ボランティア先で会った子供たちはとにかく元気です。すぐおもちゃを取って行ったり、鬼ごっこを仕掛けてきたり、一緒に踊ったりとパワフルです。
また、スラム街に住む人々は明るくポジティブな人が多かったです。もともとそういった国民性なのもあるのでしょうが、楽しくお話しできました。

またフィリピン料理は甘い味付けのものが多かった印象です。個人的にはとても美味しかったです。特にレチョンが美味しかったので是非一度お試しください。

■今後参加される方へのアドバイス
子供たちに醤油煎餅をあげたら喜んでくれました。ただ子供たちはあまり歯を磨かないそうなので、それを踏まえてお菓子を選んだ方がいいと思います。
ペンと紙を欲しがる子が多かったので大目に持っていくと良いと思います。

■今回海外に行き、生活体験をして貴方自身に影響を与えましたか?
どこでも生きていける自信がつきました。日本より不便な発展途上国で生活に適応できたので、意外とどうにかなることに気づけました笑
ボランティアを通じて観光するだけでは見えてこない部分を見ることができて、とても勉強になったと思います。