海外ボランティア活動・CECジャパンネットワーク

参加者の声

セブでのボランティア活動はまるでホームステイしているかのような気分です

セブ

2012年5月10日

Maayong hapon! Komusta ka? O oki ko!!!
セブの孤児院での活動もあっという間に3週間目になりました。
のこり3日間。あら、そういえば、お土産とか買わなくちゃ!という時期にきました。
何も考えていなくて、ちょっと焦っていますが・・・。

こちらのコーディネーターのDuaneにも、本当によくしていいただいています。
昨日は、パイナップルライスを食べたり、素敵な景色のところで一杯飲んだり、
英語が通じるので会話も楽しくはずみます♪

IRCのファミリーとも仲良くさせてもらい、まるでホームステイしているかのような気分です。
ビーチも一緒に連れて行ってもらったので、非常に安くですみました♪
セブ語も簡単なのであれば、使えるようになってきて、こどもたちとも練習しています。

日曜の早朝にセブを出発して2週間後に日本に戻りますので、それから報告書を送ります!
ここまで、毎日充実した日々が過ごせていることも、CECの方々や西村さん、Duaneに感謝しながら
最後まで、活動してまいります♪

とりあえず、感謝を♪ Salamat!
現在はコロナの影響でボランティア活動プログラムを中心しています。早くまた以前のように活動できることを願っています。