海外ボランティア活動・CECジャパンネットワーク

参加者の声

ニュージーランドでは小学校ボランティアのほか多くの体験ができました

ニュージーランド

2011年6月19日

先月の下旬に無事日本に帰国しました。
連絡が遅くなってしまいすみません。

ニュージーランドでは小学校ボランティアのほか、日本食レストラン、りんご取り、キウイフルーツ工場などと多くの体験が出来ました。
小学校ボランティアでは、若いおかげもあって子供たちからとても人気があって会うたびに話をかけてくれたり、お別れの際には泣いている子供もいました。
日本のことに興味をもってくれた子供が多かったそうです。

また、現地スタッフさんのおかげでビザを取ることが出来ました。転々と仕事を変えましたが、最後のキウイ工場はとても面白く世界中の人々がいました。サモア、フィジ、トンガ、バヌアツ、ソロモン、パプアニューギニア、オーストラリア、フランス、イギリス、マレーシア、インド、中国、タイなどです。
そこでは、日本人が自分一人で、今まで日本人が働いたことがなかったそうです。理由はよく分かりませんが、日本人というだけで人気がありました。
最後の週は、500ドルほどお金が余ってしまったので近くの旅行代理店に行き、南の島のクイーンズタウンに2日間オークランドから飛行機に乗って旅行に行きました。そこで、2日目はミルフォードサウンドという海と接っしていてそこから海水が流れ込んでくる場所へツアーとして参加しました。

ニュージーランドでは、とてもいい体験ができました。しかし、お金の面ではとても苦労しました。実際に、10ドルしか持っていないときがあり、リンゴ取りで首になった時は本当に呆然としました。
キウイ工場で働いていたときは、近くのキャンピングに位置するモーテルに泊まっていました。そのときは、ちょうど40人くらいバヌアツの人々がいて毎日、大きなチキンを恵んでいただきました。

本当に、現地のスタッフさんやCECの皆さんに感謝しています。