日本語ボランティア|オーストラリアホームステイ&ボランティア|CEC海外ボランティア
Australia Homestay

海外ボランティア オーストラリア

HOME › プログラム紹介 › オーストラリアホームステイ&ボランティア › 日本語ボランティア

日本語ボランティア

オーストラリアで日本語講師アシスタント

日本語短期ボランティアの様子

みんなすごく元気ありました!日本のことも良く知っていました。

1992年から始めたCECのお勧めプログラム

日本語を使ってボランティアができる!そんなことを聞いて、本当にできるのか確かめに行ったのがもう、いまから17年も前のことでした。

ちょうどその頃は日本はバブルという好景気で、たくさんのビジネスが日本とオーストラリアの間で行なわれていたのですね。だからたくさんの学校で日本語を学ばせている頃だったのです。オーストラリアでは「日本語」を使って「人の為に役に立てるんだ」そう確信してこのプログラムを始めてから毎年、現地の学校でボランティアしていただけるかたがいることに感謝しています。

今現在、オーストラリアではその時ほど熱狂的に日本語を勉強しているわけではありませんが、すでに教科として定着しており、日本語を勉強している生徒の中には驚くほどたくさんの日本に対する知識を持っている子供たちもいます。

外国に暮らし、現地の人たちと一緒に過ごせる、とくに教育の現場で活動できるのは、日本に帰ってからのキャリアにも大きな経験として生きていくでしょう。

CECの複数のスタッフがこのプログラムの経験者ですからこの活動の中身をよく理解しカウンセリングすることができます。

オーストラリアを勧める理由

オーストラリアは 英語圏の国としては一番日本語教育に対する情熱を一番強く感じます。せっかくアシスタントで行くのなら、充実した活動ができる場所に行きたいですよね。

だから私達は英語圏としては、オーストラリアでの日本語教師ボランティアをお勧めします。

日本語ボランティアのおすすめ情報

このオーストラリアでの日本語ボランティアプログラムを始めて、もう25年以上経ちます。
いままで積み上げたプログラムのよさを、ここにまとめてご紹介いたします。

参加する地域が決まっている

このプログラムでは参加者はNew South Wales 州のWollongong周辺とCanberraの学校に派遣されることが多いのです。(現地コーディネーターのコネクション)
つまり、前もってこの地域の気候や都市などのことを調べる事ができること。そして、何よりも同じプログラムに参加している人たちが集まれるチャンスがあることです。

参加者同士の交流は大事なことです。お互いを励ましあったり、ホリデーをともにしたり、授業のネタを提供しあったりできます。

日本語プログラム特徴
日本語プログラム特徴

毎年同じ学校が受入をしてくれます。先生とも良い関係をもって派遣作業ができます。

コーディネーターが直接手配

現地の学校を開拓し、先生との派遣交渉をするコーディネーターをCECは専任で持っています。現地の手配会社などに依頼して派遣先を確保している一般のエージェント比べるとダイレクトに現地の様子がわかります。

参加費用に自信をもっています

CECのプログラムの参加費用は6か月で300,000円です。

これは、25年以上同じ現地コーディネーターが直接派遣先の学校と交渉しているダイレクトな手配ならではの料金だと考えます。

コーディネーターのサポート体制

CECの現地コーディネーターはオーストラリアの有名なウロンゴン大学で長年お仕事をされていた夫婦です。その教育的なネットワークを利用して、このプログラムに参加する方々の為に派遣先の学校をさがしています。

日本語プログラム特徴

コーディネーターは派遣先であるウロンゴンに住んでいますから、何か緊急なことがあればすぐに連絡をとれる体制をもてます。困ったときに、相談できる人が近くにいるのは安心できるものです。

日本語短期・長期どちらでも選べるボランティアプログラム

短期の参加であっても学べるものは多くあります。
場所はニューサウスウエールズ州(シドニーがある州)やキャンベラ地域となります。

  • 4週間 218,000円
  • 1学期 250,000円
  • 2学期以上 300,000円
最長を6カ月とさせていただだきます。学年をまたいでの活動はお受けしていません。
詳細へ
PAGE TOP