Kolkata homestay & Volunteer Support

マザーテレサ・ボランティア活動

インドには、マザーテレサの施設でボランティア活動をするために世界各国から、そして日本からも多くの人たちが出かけていきます。私達のコルカタホームステイ&サポートは、そんなマザーテレサ・ボランティアの人たちを現地で支えることが目的です。2003年から始めたプログラム、一番の人気はホームステイの良さだと言っていただいています。

マザーテレサの活動はインドだけではありません。アジアの国々で貧困の中の貧困を支援するために活動しています。CECはインドでのマザーテレサ施設をはじめ、ネパール、セブ島、カンボジア、スリランカ、オーストラリアなどで、マザーテレサの施設で活動できる機会を提供しています。マザーテレサの意志を受け継いだシスターの活動をサポートする機会はいろんな国々で体験できます。

HOME › プログラム紹介 › インド・マザーテレサ活動ボランティア

マザーテレサ・ボランティア活動を現地で応援する・・・

それが、コルカタホームステイの目的です。
インドイメージPhotographed by Yuki Oyoshi

マザーテレサボランティアの施設活動をサポートを行っている現地コーディネーターのカロルさんをはじめ、現地スタッフは参加された皆様から厚い信頼を寄せられており、リピーターの方も数多くいらっしゃいます。CECのコルカタホームステイプログラムの重要視しているポイントを御覧ください。

2019年夏休みのご出発日
7月23日|7月30日
8月06日|8月13日|8月20日|8月27日
9月03日|9月10日|9月17日|9月24日
夏休みは毎週火曜日のご出発といたします。どうしても都合に合わない場合にはご相談ください。

インドマザーテレサボランティア

私達のサポートを一番感じていただけるのは、実際に現地に行かれてからです。海外で予期せぬこと(病気、トラブル等)が起こったときに、頼れる人がいる事の心強さを肌身に感じます。それが私達のサービスですいちばん重要なことは現地に頼れるコーディネーターがいること。CECでは2003年から同じコーディネーターが参加者のみなさまを現地サポートしています。

はじめてでも、ひとりでも安心して参加ください。

CECから参加されたピースケさんという旅人がマザーテレサ施設でのボランティア活動に参加し、彼の経験をWEBで紹介している「インドへ、そしてマザーテレサへの道」は、表情豊かに現地の体験を紹介。その内容は必見!でも過酷な内容に驚かないでくださいね。

インド・マザーテレサ ボランティア活動に関しての考え方をこのサイト内のCECスタッフの思いの中にも記してありますので、お時間がある方はご覧ください。

マザー・テレサ
マザーテレサの偉業

マザーテレサは1910年スコピア(現マケドニア)のカトリック教徒家庭の子供として生まれました。カトリックの修道女としてインドの修練院に送られた後、カルカッタにあるカトリック系の学校で教師としての生活を送ります。ところが36歳のとき、黙想のためダージリンへ向かう汽車の車中で「神の召命」を受け、修道会を出て貧しい人々の中に入ることを決意したと言います。以後、貧民街に学校を建てたのを最初に、路上で死にそうになっている人を連れてきて、最期をみとるための施設「死を待つ人々の家」の開設や、孤児のための施設「聖なる子供の家」を開設するなど、貧しい人々のために愛をささげました。

マザー・テレサ 愛のこころ最後の祈り ベッキー・べネネイト

1979年にはその活動が認められ、ノーベル平和賞を受賞。そのときの言葉「わたしは受賞に値しないが、世界の最も貧しい人々に代わって賞を受けました」というコメントはあまりにも有名です。

1997年に永眠されたときには、インド人ではないにもかかわらず、インドで国葬が行われたそうです。それほど、インドそして全世界の人々に愛されてきたということでしょう。

Home Stay が一番良かったという参加者のみなさんからの声

旅行とは違う、滞在型の交流をめざしたプログラム作りです。マザーテレサの施設でボランティア活動を目的としてコルカタに行かれたみなさんが、一番良かったと言ってくれるのが厳選されたホストファミリーとの交流です。ホームステイの特徴

マザーテレサボランティア活動、コルカタの街Photographed by Jin Kourakata

現地コーディネーターは日本語ガイドのプロです

カロルさんの運営するThe_Indians は世界各国からインドに訪れる人達のために現地の手配を行う旅行のプロの集まりです。コルカタだけではなくデリー、バラナシ、アグラなど、インド各地にネットワークを持って旅行者のお客様のお手伝いをしています。もう10年以上、カロルさんのサポートを多くの参加者のみなさんが受けています。ホームステイも彼の家庭やその家族、友人たちなど、本当に信頼できるところだけを紹介してくれます。
コーディネーター詳細

マザーテレサボランティア活動、コルカタの街Photographed by Jin Kourakata

旅行ではない、滞在型の海外体験です

ばたばたとした旅行の一環として参加するのではなく、長く同じ場所に滞在し、現地の人たちと深い交流を可能にすることができるのが大きなメリットです。CECのこだわり

マザーテレサボランティア活動、ホストファミリー
マザーテレサボランティア活動、コルカタのホストファミリー

マザーテレサ・ボランティア活動に関しての留意点

マザーテレサの教会の写真の取扱い

マザーテレサ・ボランティア活動に参加された方たちの多くの写真をいただいているのですが、マザーテレサの施設では写真撮影は厳しく制限されています。その意向を尊重して、マザーハウス施設内の子供たちの写真、またマザーテレサボランティア活動の様子に関しては、このWEBでは載せる事は控えています。(サイトに載っている子供たちはマザーテレサ施設の子供達ではありません)

私達のプログラムはマザーテレサ教会(Missionaries of Charity)からボランティア確保の為の要請を受けて行っているものではありません。 マザーテレサ施設でのボランティア活動に参加したい気持ちを持つ人たちを現地でサポートするために、私たちの独自の運営でホームステイやアクティビティ、そして現地サポートを提供しています。

マザーテレサ施設ボランティア&コルカタホームステイ
参加費用

マザーテレサ施設ボランティア&コルカタホームステイ

毎週火、又は水曜日現地着
それ以外のご出発をご希望の方はご相談ください。

  • 1週間72,000円(ホームステイ 7泊 )
  • 2週間97,000円(ホームステイ 14泊 )
  • 1週間追加ごとに¥25,000 例:3週間の場合122,000円

※各種割引のご案内

早割り ご出発から3ヶ月以上前のお申し込みで4,500円、2か月以上で3,000円の割引ををいたします。(但し、書類提出の期限等条件あります。) 
ご一緒参加割引 ご友人同士などで、同一のスケジュールで2名様以上が一緒に申込みいただく際にお一人様に付き、提示されているプログラム費用から5,000円の割引をいたします。 
リピーター割引 以前CECのプログラムに参加された方は、その旨ご連絡ください。特別料金をご案内いたします。

※ 上記の各種割引が2つ以上当てはまる場合、一番割引率の大きいものを一つ適用させていただきます。ご了承ください。

申込の方法、その流れに関してはプログラム参加への流れのページをご覧ください。

参加の際にはプログラムの参加条件をご覧ください。
個人情報の規定に関してはコチラをご覧ください。

参加費用に含まれる項目

現地携帯電話のレンタル費用(4週間まで詳細

通話料金はお本人さま負担となります。受話料金(相手から電話を受けた時にかかる費用)は無料です。

コルカタ空港―ホストファミリーまでの往復送迎
ホームステイ滞在費用(朝・夕食つき)

ホームステイのこだわり
現地では1家庭に4-6名のゲストを受け入れるファミリーがありますが、CECは現地の人々との文化交流を大事にする観点から、一人一家庭を大事にしています。繁忙期などに予定していた家族が受け入れができなくなる場合などの特殊な状況の際に、2名一家庭になる場合がありますが、その場合でも一人一部屋を確保します。

半日コルカタ市内観光(昼食付)とオリエンテーション

治安の悪い場所の確認など、街を良く知るために大事な機会。コーディネーターは日本語堪能で、プロのガイドの免許を持っています。そしてマザーテレサボランティア施設の登録をお手伝いします。

オプショナルアクティビティ手配費用

もっともっとインドならではの‛異文化体験’をしていただくため、地元のベンガル語会話レッスン、ヨガ、ボリウッドムービー鑑賞、インディアンクッキング・・・・インド文化を満喫できるアクティビティです。実費分は現地でお支払ください。(約¥300~800程度)

滞在期間中の現地でのケア

現地コーディネーターは日本語も堪能です。現地でのアドバイス、困ったことがあったときの解決の手伝いはおまかせくだい。

プログラムの費用は上記に記した宿泊費、観光費用、食事代金、アクティビティ手配、送迎やプロによる現地での24時間サポート、そして、日本での業務を行うなど、参加者の滞在とサポートに関するものです。(マザーテレサの活動に参加するためのアレンジ費用はいただいておりません。)

CECプログラム手配

派遣先の情報提供、見積作成、派遣先選定のアドバイス、空き状況確認、現地協力団体への情報提供、航空券手配旅行会社の紹介、海外保険の加入手続き、ビザ申請サポート、現地到着時の空港で迎え手配、滞在先の手配、出発前の準備についての案内、出発当日及び到着時の注意事項、現地生活についてのアドバイス、滞在先の注意事項伝達など

参加費用に含まれないもの

往復航空運賃 約¥80,000~
インドビザ申請費用
昼食代、現地交通費アクティビティの際の実費

昼食代はおよそ¥500程度。 交通費もバス代数十円程度です。よって、1週間当たりのお小遣いとして¥5,000~¥10,000を目安にご予算ください。

海外旅行傷害保険(任意)

 

資料請求 お問い合せ WEBお申し込みフォーム
PAGE TOP