海外ボランティア活動・CECジャパンネットワーク

参加者レポート

ジョグジャ・日本語ボランティア(第1回モニター) その1

ジョグジャ

2017年10月27日

ジョグジャ日本語ボランティアプログラムの参加者レポート・その1。第1回モニター。

参加期間:2017.9.39.10(実質9/49/9)

参加の動機:ジョグジャカルタは世界遺産ボロブドゥール遺跡、プランナバン寺院などがあり行ってみたかった事と、ジョグジャカルタはよくジャカルタと間違われますが、都会ではなく、王宮などものんびりした印象だったので。

ボランティア活動について:ボランティアですが孤児院と文化研究会です。車移動。15:30~孤児院。学校があるので早く行っても子供達はいません。文化研究会も塾なので18:30より前に行ってもあんまり人はいません。なので、それまではたくさん観光ができます。ボランティアも観光も両方充実していてすごく楽しめるプログラムです。

孤児院
・孤児院は男の子と女の子が別々の家で暮らしています。私達が行くので特別に男の子の家の方(広い)に集合してみんなで折り紙したり、お料理したりしました。
・年齢が最年少でも中学校3年生、一番上は大学生です。学校があるので15:30位にバラバラに家に帰ってきます。男の子も女の子も10名位です。
100均のシールにマジックで名前を書いて子供達の名札にしました。
・イスラム教の孤児院です。料理は豚肉がダメです。食材、お菓子、スナックなど表示をよく確認しましょう。例えば、お好み焼きを作りたいとお好み焼き粉を持ってく時、だしの素、カレールーなど豚エキスが入ってないか確認する事が大切です。服装もスカートなら膝下より長いスカートの方がいいし、暑いですがショートパンツはダメです

文化研究会
教室が5部屋あり、先生ひとりに生徒36名位で授業をしています。1日に1520名位の生徒、先生は45+オーナーがいます。学校というより塾なので毎日全員来る訳ではありません。初級クラスが多かったです。当たり前ですが、先生はものすごく流暢な日本語です。例えば、茶道や着物など何かやりたいことがある場合は行く前に事前にこういうことをやりたいと伝えておくことが必要です。学校じゃなくて塾なので、割りと高い月謝を払って生徒さんは通っています。

1日目
孤児院・文化あいさつのみ

2日目
15:30~孤児院
みんなで折り紙。女の子にはワンピースとリボンが人気でした。男の子も鶴とか折りましたが、私達のボランティアメンバーに大学生の男の子がいて、その子と年が近いこともあり、フリートーク(英語)の方が盛り上がってました。お菓子の差し入れ(現地のバピアというお菓子)自分達も一緒にいただきました
18:30~文化
日本語の授業に入って先生のサポートしました。授業が終わった人たちとプチ茶道体験をしました。抹茶茶碗×3と和菓子、抹茶、茶筅などを持って行きお湯を用意してもらい行いました。お茶を点てて相手に出す方と、それを頂く側をかわりばんこに行いました。 

3日目
13:30~孤児院
みんなでカレーとのり巻き作り
のり巻きは辛い味付けがいいみたい。
16:30~文化
授業のサポート
着物を持っていったので女の子に着せてあげました。フィトリさんが浴衣を持ってきてくれたのでそれもみんなで女の子に着せました。

水曜日はスポーツの日
体育館に移動してバドミントンをしました。みんな上手いです。毎週やってますからねー、私は中高バドミントン部でしたが久々すぎてなかなか感が戻らなかったけど楽しかったです。 

4日目
15:30~孤児院
鶏肉の鍋作り(日本風味)
抹茶体験
日本から持ってきたお菓子をみんなで食べました。この日が孤児院最後の日、ほんの何日かでしたがすごく濃い時間を過ごせて、別れが辛かった。たくさんみんなで写真を撮りました。 

16:30~文化
授業のサポート
授業終わってからシチューをご馳走になりみんなで頂きました。
料理をする場合の食材、野菜は白菜、ネギ、えのき、玉ねぎ、ジャガイモ、ゴーヤなどなんでもあります。卵安いです。

醤油は売ってましたが、味噌はなかったです。カレールーは日本よりかなり高いです。和風だしはありませんでした。鰹節、煮干しもないです。使うなら持っていったほうがいいです。トンカツソースないです。チキンコンソメはあります。豆腐、のり、魚のつみれのパック、はんぺん、油揚げなどあります。ツナ缶はあります。こっちの人は辛いのが好きです。

滞在先について:ホテルはきれいです。部屋も広くエアコンもバッチリ。バスタブとドライヤーはありません。シャワーはトイレと同じ所です。

ひとつ注意!!お湯のレバーのすぐ下に蛇口がありますが、蛇口は水しかでません。お湯は上のシャワーからしか出ません。そしてお湯はお湯側に少し傾けただけでもかなり熱いので温度調節はお気をつけ下さい。

部屋にあるもの、湯沸かしポット、マグカップ、お茶、スプーン、11本の水、歯ブラシ、バスタオル(タオルはバスタオルのみです。洗ってあるのですが真っ白ではないので気になる方は持っていった方がいいと思います。)

大きいクローゼットにハンガーが2本、針金ハンガーを持ってくと掛けておけるから便利でした。)

Wifiは弱いです。

朝食について
朝食は6:00~です。そんな大きいホテルではないのでいつ行っても混んでません。メニューはご飯、鶏肉(味は色々変わります。)はいつもあります。他にミーゴレンかナシゴレン、はるさめ、テンペの天ぷらなど日替わりでどれかがあります。あとフルーツも日替わりでスイカ、パパイヤなど何か1種類があります。飲み物はコーヒー、紅茶、ジュース、水がいつもあります。朝食美味しいですよ!スタッフもフレンドリーで優しいです

その他の感想:
食事について
朝はホテルですが、昼夜はレストランや食堂に連れていってくれます。観光客向けだと(ビュッフェなども)1000円弱でお腹いっぱい食べれます。私達はお昼にいっぱい食べたから、夜はスーパーやコンビニで買ってホテルで食べたりでした。軽めの所だと300円位で飲み物付きで食べれます。ジェラート屋さんも安くて美味しいです。(200円位)お昼は観光のルート上でちょうどいいお店をフィトリさんが予約して連れていってくれます。当日じゃなければ、こういうのが食べたいとかリクエストできると思います。

夜も軽いものとか安い所とかリクエストできそうです

観光について

1日目 着いた日

両替所(途中でよってくれます)

昼食レストラン・各自メニューから頼む

(私はミーゴレンとフレッシュジュースで1200)ここで今後のスケジュールの説明を受けました。

シルバーの店

孤児院にあいさつ

日本語塾文化研究会にあいさつ

夕食 軽めのご飯

(ナシゴレン160円、グアバジュース70) 

2日目観光 9:00ロビー集合

ソノブドヨ博物館・50+写真撮る場合追加20

王宮・150+写真撮る場合追加20

タマンサリ(水の王宮)150+写真撮る場合追加20

ランチビュッフェ(950)飲み物別

明日の孤児院でのお料理の買い出し

スーパー

~孤児院・文化~ 

夕食スーパーで買ったフルーツな

3日目観光 9:00ロビー集合

ムラピ山へのジープツアー(1000)
山のガタガタ道をジープで駆け抜けるツアー、ジープ楽しいです!!途中に山のよく見えるスポットや噴火で飛んできた大きな石などの所によりながらのツアー。

注意!!:ホテルから1時間ほどで着きますので車酔の方早めの朝食がよいと思います。

ジープがすごい上下に揺れるしスピードも早いので帽子は飛んでいきました。でもお尻は痛くなりません。
ポケットの携帯なども衝撃で跳んでいきそうになるので持ち物注意が必要です。
砂ぼこりがひどいのでマスクが配られるほどです。コンタクトの方は対策必要です。 

ジープのあとは

ウレンセンタル博物館(600)

館内写真撮れません。お昼はここの中の素敵なレストラン、パスタなどです。(1000円弱) 

~孤児院・文化

4日目 9:00ロビー集合

ジャコウネココーヒーのお店

試飲できます。

(値段10杯分1750)

チョコレート店

バティック工房

バティック体験ハンカチ(500)楽しい

お昼ご飯700円位

孤児院で作る料理の買い出しでスーパーへ

自分たちのお土産も買った。

~孤児院・文化~ 

5日目(1日観光)

3:30ロビー集合朝日の為(4500)

世界遺産 ボロブドゥール遺跡で朝日が昇るのを待つ。明るくなったら朝日に照らされるボロブドゥール遺跡観光

朝日からのツアーでなく明るくなってから行けば入場無料だったと思います。でも日が出てからだと暑いし、朝日に照らされた遺跡は素敵です。朝日ツアーだと観光後に敷地内カフェでケーキとコーヒーか紅茶が付いてます。あとちょっとしたお土産も付いてます。お値段も結構するので一緒に活動しているメンバーと相談ですね

帰ってからホテルで朝食 

ホテルの各自部屋で休憩

毎日帰りが10時位で朝は9時出発、この日は朝3時半集合の為ここで長めの休憩。

長く滞在予定の方はもっと朝遅い日を作ってもらったり、観光を詰め込まなければもうちょっとゆったりしたスケジュールになると思います。

午後ホテルロビー集合

世界遺産 プランナバン寺院へ

夕日の時間に合わせて(3250) 

夕食丘の上のレストラン

すごくいいロケーションでフレッシュジュース込み1500円位)

日本でこのクラスのレストランに行ったらいくらするんだろうというリゾート感満載のレストラン、メニュー色々

最後の晩

踊りの観賞(2000円、高い席4000)
安い席で充分だと思います。ステージ後ろにライトアップされったプランナバン寺院が見え幻想的です。お話の説明書日本語バージョンがあります。値段高い席といってもステージが大きいので、そんな近く感じません。(余談:近くでみたいならバリのウブドへ、早く行ってイスより前の席に座ると間近で見れますねー。毎日やっていて1000円位)最後にステージ上で演者さんと写真撮影できます

6日目最終日8:00ロビー集合

マリオブロ通りへ
お買い物(洋服、雑貨、小物など)
私達はリクエストでひとり1台バイクタクシーで移動。楽しい!!(120)日程の途中欲しいと思った雑貨はほとんどここで揃い、しかもここの方が安かったりします。洋服もワンピースなど可愛くて、色々試着しました。カーテン買った方もいました。即席麺や調味料などのお土産はスーパーで買い、他はここで買うとよいと思います。 

バピア25番の工場(ジョグジャカルタで有名なお菓子、25番が一番美味しい)

ノーマル15個入300/チョコ、チーズ、パイナップル、20個入350
とても美味しいし日本に帰ってからのお土産に好評でした。崩れそうなので手荷物でそっと運びました。空港だとノーマルが650円でした。倍以上!賞味期限が4日という事で最終日に買いに来ました。試食できます。私はチーズが一番美味しかったです。結構ずっしりですが、ついつい手が延びてたくさん食べてしまいます


現地の人も水道水は沸騰させてからじゃないと飲みません。 

ガイドのフィトリさんがとにかくよくしてくれます。最高のガイドさんです。毎日一緒にいて楽しかったです。色々教えてくれます

使った現地での金額は洋服も買ったりしましたが2万2000円でした。朝日のボロブドゥール遺跡が4500円舞踊鑑賞が2000円なのでもしそれに行かなければ、お土産買ったとしても1万3000円くらいで1週間足りると思います。 

今後参加する人へのアドバイス、お気づきの点等:
トイレについて
トイレットペーパーがない所が多々あります。孤児院や文化研究会にもありません。ポケットティッシュがたくさん必要になるので2日目の朝に部屋のトイレットペーパーを持って出るとそれを外出用に使えますよ!孤児院や文化のトイレは裸足で濡れた床を歩くので気になる方はトイレ用にビーチサンダルを持って行くといいかもしれません。

エアアジアで行く方
機内はものすごく寒かったです。LCCなので申し込まないと毛布はありません。食事はその場で買うことはできます