Culture and Homestay in Bali Island

海外ボランティア 春休み・夏休みグループ

HOME › プログラム紹介 › グループプログラム › バリ島ボランティア

春夏休み限定・バリ島ボランティア&文化体験(現地8泊)  

*お申込みの前に残席確認を行ってください。
*高校生参加可能のプログラムです。
ご友人同士など3名以上でご参加の場合は通年で参加可能です。詳しくはお問合せ下さい。

2018年春休み 現地受入可能日

2/11(日)、2/21(水)から各現地8泊

★春季にはバリのお正月を体験するスペシャルプログラムも開催しています。(2018年は3月12日から6泊)

※お申込みはご希望の参加日の約1ヶ月前までにお願い致します。

ボランティアだけでなく、文化体験や観光も楽しむならバリ島!!

バリ島には「神々の島」の通称にふさわしく、家族や自分の生まれ育った地域社会を大事にし、人間としての清い心を持ち続けるためのイベント(お祭り)が頻繁に行われています。文化や芸術も人々の生活の一部となっています。そんな深いバリ島を紹介することとボランティアを両立することを目的として企画しました。とにかく、のんびり楽しめるように、一般のパックツアーでは体験できないような、「もっと、もっと文化体験」をコンセプトに企画しています。異文化、異なった宗教観に触れることにより価値観の違いを学ぶ 。文化、習慣などを身近に体験します。

少人数です

最高人数は6、7名程度なので1人1人の力をしっかりと役立てることができます。また、参加者同士の横のつながりもでき、より楽しく、より活動的に滞在することができます。

留意点

・お一人様からご参加可能です。
・参加希望者が受入可能人数を上まった時点で締め切りといたします。ご了承ください。
・参加者がお一人になった場合でも催行は致します。そのため、お一人での参加が不安な方は、事前にお申込み状況をCECまでお問合せください。

バリ
神々の島、バリ島ではいつもどこかで神を祀る祭事がおこなわれています。お供え物の花を摘む少年。1日2回家の前にお供え物を置くのがシキタリです。

このプログラムでできること

複数施設でボランティア活動をします。各ボランティア活動の回数は1~3回程度です。その時の現地事情により決定しますので、予めご理解の上お申込みください。

幼稚園の訪問と異文化交流

幼稚園は午前中の8:00-10:00頃までの活動です。授業中はアシスタントをしたり、教育の原点を学んでください。休憩時間や放課後には、子供たちと異文化交流をしてください。例えば、折り紙やシャボン玉など、その他、日本ならではのものをご準備くださると良いでしょう。
授業では軽食の時間をはさみながら、スポーツ、塗り絵、歌、数字の勉強などをしています。バリ舞踊がカリキュラムに組み込まれている点はバリ島ならではです。日によって授業内容は違います。けっこう自由な雰囲気で遊んでいる印象です。

バリボランティア

孤児院で子供たちのサポートとおやつ作り

いつも笑顔の子どもたちと交流をしながら、孤児院の事情について学びましょう。タイミングによっては配膳のお手伝い、掃除、畑仕事、DIYなど孤児院側のリクエストに応じて活動頂くこともあります。
ボランティアの一環でおやつ作りも予定しています。是非日本ならではのものを振舞いましょう。前例は、ホットケーキ(トッピング用に持参したあんこが大人気だったそうです)、白玉、ラスク、そば(意外と人気)、カレー(不評だったそうです)などなど。

バリ
どこの施設の子どもたちも日本からのみなさんとの交流を楽しみにしています。中には一生懸命日本語を勉強している子どももいます。言葉を教えあうことで、一気に距離が縮まります。

日本語ボランティア

孤児院で不定期開催する日本語教室や街の日本語学校での活動です。現地事情に合わせて実施します。授業のアシスタントだけでなく、皆さんが先生になって日本語や身近な日本文化を紹介したりして頂いたり、生徒さんとのコミュニケーションを楽しんで下さい。生徒さんは驚くほど熱心に学んでくれます。生の日本語が聞けるだけでも有難いようですが、是非皆さんの身近な日本を紹介して下さい。

日本語

バリヒンドゥー教寺院でお祈り体験&ゴミ拾い活動

バリ島に住む多くの方が信仰しているバリヒンドゥー教。彼らの生活の基盤となっており、毎日どこかでお祭り、そしてお祈りをしています。
皆さんでバリヒンドゥー教寺院を訪れ、バリ島独自の文化を学びながら、お祈り体験をさせてもらいます。お祈りの際には必ず必要になるのがお供え物ですが、お祈りが終わると殆どの方がそのまま帰るため、寺院内に散乱しています。僧侶が掃除をすることになっていますが、皆さんで掃除のお手伝いをします。寺院は神聖な場所であり、通常バリ人と一緒でないとできることではないので、貴重な体験となるでしょう。お祈りに必要な衣装は貸し出してくださいます。

ゴミ

身体障がい者施設の支援と異文化交流

身体障がい害をもつ数十名が暮らす施設を訪問します。この他に通ってくる人達もいるそうです。 障がいの程度は様々ですが、車いすで生活している人もいます。 施設内には、パソコン、音楽、英語を学習するための教室、ジム、食堂などがあります。 彼ら自身で施設の運営をし、生活をしており、職業訓練も行われているそうです。
小物、絵画、織物なども作っており、売り物としてショーケースに並んでいますので、是非ご覧ください。利益は施設の運営費にあてられます。 皆さんの興味、関心に合わせて異文化交流をしてください。

ボランティア活動先障害者施設
ボランティア活動先障害者施設
バリ島ならではの4つの文化体験

<1.アタのつるで工芸体験>工房にて1-2時間ほどの工芸体験をします。自分の作品を持って帰れるお勧め文化体験です!
<2.バリ伝統舞踊鑑賞>バリ島の伝統舞踊には様々な種類があります。どれになるかはお楽しみに!
<3.バリ料理教室>滞在先のお母さんが教えてくれます。必要があれば、一緒に買い出しへも行きます。何を作りたいか考えておいてくださいね。
<4.バリ伝統衣装試着>滞在先のお母さんに伝統衣装を試着させてもらいます。色々な柄や色があるので、選ぶのが楽しいですよ。

文化体験
(左)アタのつるで編みこんだバッグや家具など。使い込むほどに味がでる一生ものです。初心者の方はコースターなどを作る体験があります。もちろん工房でプロの製品を購入できます。日本での価格の4分の1ぐらいの料金です。
(右)バリ島伝統の踊りにはバロン・ダンスやケチャ・ダンスなどがあります。どれも迫力あって必見です。

文化体験
料理教室も伝統衣装試着もバリ式ホームステイ先で行います。

オリエンテーションと現地観光

滞在中、1日かけて現地観光をしながらバリ島の文化を学ぶオリエンテーションを行います。観光する場所は、時期によって現地コーディネーターがアドバイスしながら、主要観光スポットをまわります。参加者の希望を聞くこともできますよ。

バリ
昔から銀細工が有名なウブド。これはいま人気のガムランボール、鈴になっていて、綺麗な音色がする銀製品、伝統的楽器「ガムラン」と同じ材料を使い、その音色を真鍮のボールに封じ込め再現させたのがガムランボールです。一つ安いので1000円から、おしゃれなものは3000円など、大事な人へのおみやげになる「神秘なパワーを呼び起こす」お守りです。工房でボールづくりを見ることができます。

自由行動の日もあります。

この時間を利用して、海に行ったり観光したりすることができます。バリ島には訪れたい場所が沢山あります! どのようなことができるのかは、こちらのページで紹介しております。

サンプルスケジュール

現地8泊のプログラムです。詳しくは現地都合や皆さんのフライトスケジュールによって変わりますので、およそのスケジュールです。延泊希望の方やプログラム終了後にご自身でご旅行へ出られる方などは事前にご連絡、ご相談下さい。

2018年春休み:
グループ1:1日目が2/11(日)、9日目が2/19(月)
グループ2:1日目が2/21(水)、9日目が3/1(木)

  午前 午後
1日目 バリ島到着。滞在先へ移動
2日目 オリエンテーションと現地観光
3日目 幼稚園 孤児院、日本語
4日目 幼稚園 孤児院(おやつ作り)、日本語
5日目 文化体験の日:
アタのつるで工芸体験とバリ伝統舞踊鑑賞
6日目 幼稚園 身体障がい者施設、
バリヒンドゥー教寺院でお祈り体験&ゴミ拾い活動
7日目 文化体験の日:バリ料理教室と伝統衣装試着
8日目 自由行動
9日目 孤児院 バリ島を出発
10日目 日本へ帰着

★もっと詳しく見たい方はこちら

滞在先は、人気のウブドでバリ式ホームステイ(ゲストハウス)

滞在する場所は芸術の村として知られているウブドです。観光の中心であるウブド王宮から徒歩約5分という立地の良さがポイントです。バリ式ホームステイはゲストハウスのような感じなので、のんびり、気楽に過ごすことができるでしょう。
ウブドは山、川、森に囲まれた内陸にあります。北には棚田で有名なテガラランもあり、観光の中心地となっています。歴史的な寺院や、遺跡なども数多く残されています。南国のリゾートというよりは、深い森に包まれた静寂の街と言えるでしょう。
ホームステイ先のお母さんは、笑顔は素敵で、沢山の日本人の友人(過去に滞在した方々)がいます。ご主人のワヤンさんは日本語が堪能です。
お部屋には、Wifi、ファン、トイレ、お湯シャワー、洗面所、クローゼットなどが完備されています。 2-3名で部屋をシェアします。
バリ式ホームステイとは、欧米諸国のホームステイとは雰囲気が違い、家族が経営しているゲストハウスのようなものです。ご家庭の敷地内にある離れの部屋をゲストルーム専用として貸し出ししています。
*朝食付。
*到着日は、翌日の体力を考慮し、空港近くのホームステイ先やホテルにて滞在頂いております。

バリ島ホームステイ

現地コーディネーター

空港送迎、活動先までの送迎、オリエンテーションなどのガイド役などのお世話をしてくれる現地スタッフが数人います。日本語か英語ができるスタッフがご案内致します。現地で困ったこと、観光など、何でもご相談下さい。

現地8泊 79,000円 (2名以上 74,000円)

*括弧の値段は、ご友人同士2名以上で申込み頂いた場合のお1人あたりの参加費用です。
早割り、リピーター割引あります。
*高校生可

*滞在費用、現地ボランティア手配、空港送迎、終日観光、文化体験費用、現地サポート、CEC手配費用等を含みます。 *朝食付 *wifiあり 

*いつでも参加頂けるプログラム「バリ島ボランティア&ホームステイ」、「バリ島障がい者サポート」、「バリ島孤児サポート」もあります。

instagram

PAGE TOP