U.K. volunteer holiday

イギリス・ボランティアホリデー

HOME › プログラム紹介 ›イギリス・ボランティアホリデー

イギリス・ボランティアホリデープログラム

イギリス福祉ボランティア(施設)

短期高齢者施設訪問(ホームステイ)このプログラムは短期、イギリスでホームステイをしながら、高齢者施設を訪問するプログラムです。現地のお年寄りがどのように生活されているか参考になります。

イギリス福祉ボランティア(施設)

イギリス福祉ボランティア(施設)障害者をサポートする団体が運営する施設でのフルタイム活動です。どこの施設もおよそ入所者が30名程度の規模です。活動期間中の宿泊、食事、小遣いが支給されます。

イギリス福祉ボランティアCSV

イギリス福祉ボランティアVolunteer Matters1962年から続くヨーロッパ最大のボランティア推進団体での活動。活動先は個人宅やグループホーム、デイセンターなどの居宅介護がメインの活動先となります。

1962年からイギリスで始まりました

簡単にいうと、イギリスで福祉の現場で(ボランティアで)働きながら生活しようというものです。活動期間中の滞在と食事が無料で提供されます。お小遣いもいただけます。

障害を持った人たちや、高齢者の方々の為に活動しながら英語と技術を学び、海外生活を楽しむことを目的にしたプログラムです。1962年にVolunteer Mattersという団体が始めたこのイギリスボランティア活動を、CECが1988年から日本窓口となり運営されています。

イギリスイメージ

海外体験を通じて自分の可能性を高めたい。そんなあなたに紹介したいとっておきのイギリス滞在方法・・・それがイギリスボランティアホリデーです。

誰でも参加できます。自分にあった活動を行います。

CECが最初に始めたのはVolunteer Mattersという団体の「イギリス・海外ボランティア」活動プログラムです。Volunteer Mattersはヨーロッパ最大のボランティア推進団体で、さまざまな福祉の派遣先、とくにコミュニティサービスケアという地域に根ざしたフルタイムのイギリスボランティア活動を提供しています。

また、現在ではこのVolunteer Mattersプログラムとは別に、障害者(身体障害、重複障害)の方々が生活するホームでの活動や、高齢者のホームでイギリス人スタッフと一緒に活動する施設活動プログラムなども取扱をしています。

ボランティア活動は医療や福祉の経験がなくても大丈夫です。少しずつトレーニングを受けて慣れながらやっていきましょう。施設によってはボランティアの活動内容は介護以外の活動が中心になっているところもあります。

CECは、この分野のプログラムの専門家をめざしています。

CECの担当スタッフは、全員がイギリスでの海外ボランティア経験者です。

イギリスでサポートしている日本人スタッフは30年以上イギリスで生活しています。

CECの設立メンバーが、1984年に実際にイギリスでの福祉ボランティア活動に携わってきたのがCECの設立のキッカケでした。

イギリスボランティア留学活動を通じて得た経験や友情を、もっと多くの人達と分かち合いたいと思いはじめた事業も、もう今年で22年が経ちました。いまも、設立時から同じメンバー(と、新しいスタッフ)で活動しています。

イメージ
PAGE TOP