U.K. volunteer holiday

イギリス・ボランティアホリデー

HOME › プログラム紹介 › イギリス・ボランティアホリデー › 施設派遣ボランティア

イギリス施設派遣ボランティア

施設で活動したい人たち向けのプログラムです。

CECは日本人のボランティアの受入を希望する他のチャリティ団体からの依頼を受けそれら団体が持つ福祉施設への派遣を行っています。このプログラムの専門サイトへ

具体的には高齢者か障害者の施設で、施設の寮に滞在しながらイギリス人スタッフと一緒に入所者のみなさんの介護、生活支援を行うものです。宿泊、食事、生活補助金が提供されます。

施設での活動

施設活動イメージ

施設の種類は、英国内の身体障害者施設、障害者ホリデーセンターなど。施設の規模はそれぞれ異なりますが、大きな団体の中でボランティアがいかに適応していくかが重要なポイントとなります。

入所者の人達は訓練や仕事のためここから外出することもあり、ここでのボランティア活動は“トータル・ケア”が主となります。通常、このような団体施設では食事や自由時間などの日課が組まれており、それをこなすことが大切となりますが、それ以外でもボランティアの創造性をもって入所者の人達とふれあう事は、お互いの交流をより一層深めるのに役立つでしょう。日常的な活動としては、入所者の方々の介護、身の回りの世話です。また外出の手伝いをしたり、図書館や病院に付き添ったり、乗馬や水泳などのサポート(アクティビティ)などの活動内容は様々です。

ここではボランティアの特技や興味などを生かし、幅広い活動が展開できる事もあります。例えばボランティアが音楽に興味があればコーラスグループに参加する事などがその例です。

ただそばにいてあげるだけ、つまり親しくしてあげるという事がとても大切な事なのです。入所者の人達は、いったん施設に入るとなかなか若者との接触の機会がありません。そこでボランティアが彼らの生活に刺激を与えるという役割もあるのです。

施設ボランティアの派遣先の例 Cheshire Homes 

派遣先イメージ

特に力を入れて送り出しているのが、イギリスで最大の障害者サポートを行なうチャリティ団体が運営する施設です。イギリス全土におよそ100の施設を保有しています。

施設ボランティアの派遣先の例 Revitalise 

障がい者のホリデーセンター(日本でいう、レスパイトケアセンター、ショートスティ)です。 

施設ボランティアの活動内容

イギリス人のスタッフと一緒に活動します。1日の活動はおよそ8時間。1週間の活動時間は40時間程度とお考えください。

活動の内容は、ケアワーカーとして、入所者の方への身体的、または生活介護などを行ないます。近年の福祉の流れで、介護よりもアクティビティの担当をすることがメインの仕事になっている施設もあります。アクティビティとは、入所者の人たちを外出に連れていったり、アクティビティルームでゲームなどをしたりするものです。

初心者でも大丈夫

施設活動イメージ

参加者の中には介護経験がある方もいますが、多くの参加者にとって、イギリスでの活動が初めての介護になります。でも、施設でのトレーニングを経て、技術がついてからサービスの提供を行ないますから安心して参加してください。

360,000円
6ヶ月以上12ヶ月の期間に関わり無く同一料金です。
詳細へ
PAGE TOP