Cebu Island, Philippines

海外ボランティア セブ島・フィリピン

HOME › プログラム紹介 › セブ島ボランティア活動

セブ・ボランティア活動 個人でも、グループでも!

セブ島でのボランティア活動
スラムから強制的に移住した先のコミュニティで遊ぶ子供たち。みんな明るいです。フィリピンのセブは南国のリゾートという印象が強いですが、アジア最大のショッピングモールがあるなど、経済発展が著しい都市です。しかし、一方で格差社会が広がるアジアの地域の一つでもあります。人口の1/4が貧困ライン以下との統計がでています。セブでのボランティア活動を通じてこの地域の現実を見ていただきたいです。

セブ地域開発活動ボランティア

2017年夏休み セブ地域開発活動セブ市内にある複数のNGOでの活動です。ストリートチルドレンへの給食、ゴミ山に住む子供たち、遺棄された墓地に暮らす家族サポートなど、盛りだくさんの内容です。
ボランティア活動以外の日にはビーチでのリゾートや島々への観光などのホリデーも楽しめます。2017年夏休みは7/27(木)~9/28(木)に受入します。春・夏休みセブ・地域開発ボランティアの詳細

セブ島週末ボランティア活動

セブで語学研修中にボランティアフィリピンのセブ島で、英語を勉強する語学学生のみなさんが週末に参加できるボランティア活動の機会を提供しています。土曜日の午後に集合し、山村地区の集落や、墓地に住む子どもたちとの交流活動、そして食事の提供です。もしまだ語学学校をお決めになっていない場合には、語学学校への留学手配を無料でサポートいたします。
セブの英語教育 英語を公用語とする国ですが、特にセブでは2000年前後から多くの日系語学学校が設立されました。先生と生徒がマンツーマンで授業を行なうので、効率よい留学が可能です。しかし、語学学校だけではその国の生活や文化を知ることはむずかしいのです。このプログラムは語学研修とボランティア活動を通じ、フィリピンの現状や文化を知るための貴重な経験になります。

セブ島幼稚園ボランティア

幼稚園ボランティアフィリピンにあるリゾートの島セブシティの幼稚園でのボランティア活動です。セブ市は人口70万人のフィリピン最古の都市です。市内の幼稚園では子供たちが元気に育っています。
市内の幼稚園、そして山村の幼稚園などもあり、希望から選べます。特に私達が力を入れているのは、貧困の子どもたちをサポートするNGOが運営する保育園、またスラム街から強制的に移住させられた山村地域の集落の子どもたちのための保育園での活動です。

セブ島孤児サポートボランティア

孤児院セブ市ではマザーテレサの修道院が小さな子供たちを保護しています。この施設は地域のメディカルセンターとしての各割も担っています。特に体の弱い(栄養不足や病気がち)子どもたちが保護されています。ボランティアは子どもたちのお母さん代わりになります。

セブ島高齢者施設活動ボランティア

高齢者施設セブ市ではマザーテレサの修道院が運営する高齢者の人たちの終の棲家があります。活動内容は入所者の方々の居住区の掃除、洗濯、食事の用意などです。

セブ島語学研修と日本語教師ボランティア

休み期間英語研修&日本語ボランティア英語の向上と、日本語ボランティアを同時体験。1日6時間の英語研修で、しっかり勉強しながら、セブの学生に日本語を教えます。ボランティア活動を通じて現地に友人を作る絶好の機会。春休み、夏休みの特別企画です。

セブ島語学研修と日本語教師ボランティア

日本語ボランティアセブにも沢山日本語を学びたい若者がいます。コスプレに興味を持つ大学生、日本に就職を考える社会人の人たち、また恋人や結婚相手が日本人なのでしっかり勉強したいという人もいます。セブにある日本語教室でCECからのボランティアを受入しています。このボランティアは通年参加可能。

フィリピン・南の島々ビサヤ諸島の玄関口、セブ島

セブ島でのボランティア活動

青い空、コバルトブルーの海、珊瑚礁…セブ島は、南国のリゾートとして日本でも人気の高いスポットです。セブは、フィリピン中部、ルソン島とミンダナオ島にはさまれた海域にあるビサヤ諸島にあります。ルソン・ミンダナオに並ぶ国の重要な三つのブロックの一つとして、フィリピンの国旗の3個の星に象徴されている場所です。

古くから中国・東南アジア・アラブに至る「海のシルクロード」交易の拠点であり、スペイン人による征服も

ここから始まりました。今でもスペイン植民地時代の宗教的・文化的遺産を多く残す地域。また珊瑚礁や砂浜に囲まれた島が無数に点在し、リゾートとしても有望です。

多くの子どもに助けが必要だと感じます

しかし、この島の大都会、セブシティには色々不幸な事情で、両親と離れて暮らしている子どもたちがたくさんいます。そんなセブの孤児院で、子どもたちと一緒に過ごしてみませんか? セブの子どもたちの明るく人なつこい笑顔に、多くのことを学べるボランティア活動のプログラムです。孤児ホームでのボランティア活動

セブの貧困層の子供たち、ストリートチルドレンを対象に、教育、食育サポートをする地域開発活動プログラムは個人でも参加できるようになりました。WEBではグループの日にちを書いていますが、春休み夏休み以外の個人の参加の時期に合わせて手配することが可能です。CECが現地でちからを入れてサポートしている「墓地に住む子供達の動画

セブ島ボランティア
どこの活動先にも多くの子供達がいます。私達の活動で、すこしでも教育と、食を提供できれば良いと考えています。

セブボランティア
貧困地区のチャペルでの活動、また、そのような場所での食事提供活動は、時には夜まで続くこともあります。

セブボランティア
参加していただいたボランティアの方の中には、帰国後も子供たちの為に継続してサポートをしていただいており、現地のスタッフ一同感謝しています。

セブ地域開発活動 おひとり様からグループでも参加可能

フィリピンのセブで活動する複数のNGO組織のプログラム参加し、多くのボランティア活動をします。NGO活動を実際に訪問し、その手法や、取り組みなどを見学すること。そして、現在貧困問題が大きな課題になっているアジアの国の現状を見る機会になります。現地のNGOと深く交流あるCECならではの自信あるプログラム。

国際開発、貧困問題、福祉、保育などに興味あるかた、本気で取り組みたい方向けの活動です。 セブに滞在中にすべての活動をできるかどうかはその時期の現地の団体の活動スケジュールによりことなります。天候が不順(フィリピンは台風の発祥地なのです)の時は外での活動はできません、活動によっては、午後から始まる日もあります。また午後から夜まで長い時間活動する日もありますので、柔軟に対応できる心づもりでご参加ください。

セブ地域開発活動ボランティア例
例1 マザーテレサ 孤児院ボランティア
例2 ストリートチルドレンへの給食配給活動
例3 貧困地域の子供たちへの教育活動
例4 墓場で暮らす子供たちのサポート活動
例5 ストリートチルドレンの生活を知る

セブ地域開発
子供たちへの教育も大事な活動です。日本語を教えることも子どもにとっての新しい発見なのです。 

セブ地域開発
左の写真は墓地がスラム化した 場所に住む、まだ10代の母親です。笑顔の裏にはみんな厳しい現実があります。そんなこともこのプログラムのなかで、学んでください。

セブ地域開発ボランティア・グループはこちらのページから

ボランティア活動の現地コーディネーター

2006年からずっと一緒にボランティアのみなさんのサポートをしている兄弟がいます。

セブボランティア
現在は3名のコーディネーター体制でセブのボランティア活動に参加するみなさんをサポートしています。現在までおよそ1000人の参加者の人達をしっかりサポートしてきました。全員英語がネイティブレベルで話しできるので、参加者にとっては良い英語を磨く場にもなります。しかし一番の良さは、現地のことを良く知っているフィリピンの人たちが責任をもってボランティア活動や、滞在中のサポートに当たることです。日本人の人たちの気持ちや考えをよく理解しながら、フィリピンの文化を教えてくれます。

CECスタッフ、セブで活動

春休みや夏休みをはじめ、年間を通じて多くの期間CEC日本人スタッフがセブを訪問し、現地コーディネーターと参加者の方々と一緒に活動しています。セブはCECのスタッフにとってもNGO活動として一番大事にしている地域です。参加者の皆様のと協力しながら現地の貧困の子どもたちを助けていきたい。現地のスタッフと協力しながら絶えず新鮮な気持ちで活動を見続けることが、活動を前進させるのに必要なことだと考えます。

セブボランティア
CEスタッフセブ活動 
スタッフ自身が活動することで子供達になにが必要か、そして私たちになにができるかがわかります。
30年近くCECを運営していますが、昔も今もポリシーは同じです。まず自分たちが活動し、有意義と感じた活動をしっかり育てること。自信をもってお勧めできる活動を参加者のみなさまに提供していくことがプロとしての責任です。

セブボランティア
CEスタッフセブ活動 

セブボランティア
CEスタッフセブ活動 

セブボランティア
CECスタッフセブで勢揃い (子どもたちも連れてきてます)

東京・名古屋・大阪・福岡など 説明会・個人面談のご案内

毎月東京や名古屋、福岡でCECスタッフが説明会や個人面談を行い、プログラムの内容をよく理解していただいて、ご参加していただくように心がけています。こちらのページからご確認ください。CEC海外ボランティア留学説明会

日本でも、現地でも信頼できるサポート環境・・・とても大事なことが基本です。

インターネットの普及に伴い、海外から発信される日本語サイトが安価なボランティア情報を流し、それを頼って個人的に現地に行き予想もしないトラブルに巻き込まれることがあります。

1988年設立のCECは、専門知識をもつスタッフチームが正確で新しい情報を提供し、ご出発までのアドバイスを行います。そしてご本人さまの参加期間中になにか緊急の用事があるときには、家族の方からも24時間連絡いただける体制を日本国内にも、そして現地にも確保しています。これがCECを利用していただくみなさまに対する、基本的な私達の姿勢です。

お電話でのお問い合わせ 06-6397-7030 

セブ島出活動するCECceccec

平日の午前11時から午後6時まで、お気軽にお電話いただけます。CECのセブの担当が対応させていただきます。

〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-16-2 ジャルダン東淀川604
CEC ジャパンネットワーク株式会社 
セブ担当(池頭、西村、石井、大吉)

CECは一般社団法人JAOS留学協議会の正会員です。

ボランティアの皆様への就職支援
帰国後の就職支援をするGlobal ACE CECはLOBAL ACEの連絡協議会メンバーです。
現在来年度のGlobal Ace 参加者募集中(詳細

PAGE TOP