Canada Homestay

カナダホームステイ&ボランティア

HOME › プログラム紹介 › カナダホームステイ&ボランティア › 日本語ボランティア

カナダ日本語ボランティア活動

日本語ボランティアに関して  2017年11月現在

2018年2月からの受け入れ枠が埋まりつつあります。ご興味のある方は早めにお問合せください。このプログラムは最低3ヶ月(1学期)以上参加できることが参加の条件となります。また、ワーキングホリデービザを取得する必要があるため、年齢制限を30歳までとさせていただきます。ご参加にあたって、中級程度の英語力とボランティア活動に対する意欲が求められます。そのため、事前に現地スタッフのスカイプインタビュー(英語)を受けていただきます。インタビューの結果次第では、ご希望に添えない事もございます。詳しくはお問い合わせください。 http://www.cecj.net/contact_us/index.html
3ヶ月未満の短期を希望される方はオーストラリア日本語ボランティアをオススメいたします。

日本語教育ボランティアプログラムの活動内容

カナダでは、近年、特に若年層を中心に、ポップカルチャーを中心とする日本文化への関心がたかまり、日本語学習する人が増える傾向にあります。このプログラムはバンクーバーの小中高校で日本語アシスタントするものです。

カナダイメージ
中学・高校

資格を持った幼児教育従事者が家の一部を改装して生後6ヶ月から5歳までの子どもを預かる施設です。一度に利用する子どもの数は7名までとなっているので、いきなり多くの子どものお世話したり英語力に不安を感じる方に最適の活動場所です。参加者の感想文紹介ページへ

カナダ・日本語ボランティア参加費用

日本語ボランティア プログラム参加費用 ※1学期間は約3ヶ月です

  • 1学期 2,100ドル (約210,000円)
  • 2学期 3,500ドル (約350,000円)
  • 3学期 5,850ドル (約585,000円)

現在は短期受入はできません。1学期以上の参加ができる方へのプログラムとなります。
現地からの要請により、参加者は30歳までの方に限らせていただきます。
上記の料金はカナダ・ドルに参加時期の為替レートで日本円にしています。
カナダレートの変動により、日本円でご請求させていただく際に、若干のズレがでること、ご了承ください。

※各種割引のご案内※各種割引のご案内

リピーター割引 以前CECのプログラムに参加された方は、その旨ご連絡ください。特別料金をご案内いたします。

日本語ボランティア 長期

毎年8月末に学年がスタートし、翌年の6月に学年が終了します。2学期制が大半を占めていますが、同じ州内の高校でも3学期制の学校もあります。 2学期制をとっている学校は、9月から1月までが1学期、2月から6月までが2学期になります。夏休みのほかに、年2回、休み(クリスマス休暇=7~10日間と春休み=5日間くらい)があります。

参加費用に含まれる項目

CECプログラム手配

派遣先の情報提供、見積作成、派遣先選定のアドバイス、空き状況確認、現地協力団体への情報提供、航空券手配旅行会社の紹介、海外保険の加入手続き、ビザ申請サポート、現地到着時の空港で迎え手配、滞在先の手配、出発前の準備についての案内、出発当日及び到着時の注意事項、現地生活についてのアドバイス、滞在先の注意事項伝達など

空港送迎(片道)

日本人スタッフが専用 車で 空港までお迎えに上がり、ホームステイ先までお送りします。
帰国時の送迎は含まれておりません。

バンクーバー生活オリエンテーション

現地スタッフがバンクーバーの街の様子やバスの乗り方などを説明し、渡航後に必要となる手続きのお手伝いをします。

滞在期間中の現地でのケア・サポート

現地で困ったことがあった場合はバンクーバーにあるサポートデスクスタッフが解決のお手伝いをさせて頂きます。スタッフは全員バンクーバー暦が長く留学暦もありますので、ホームステイのトラブルから日常生活に関する疑問や不安まで何でも相談に乗ります。また、海外に不安のある方でも24時間緊急連絡サポートがありますので安心して滞在して頂くことが可能です。

参加費用に含まれないもの

現地交通費

ホームステイ滞在先からボランティア施設まではバス、またはスカイトレインを利用して頂きます。定期券は1ヶ月で$73(約6.000円 2011年の例)となりこの定期券でバンクーバー市内の公共交通機関は全て利用が可能です。

滞在費用(ホームステイの場合:3食付 で$700~800/月)

現地でフ ラットシェアなどに切り替えることも可能。

バンクーバーまでの往復航空券、また渡航に関わる費用
海外旅行傷害保険加入費用
外出時の食費/現地でのお小遣い
パスポート申請費用

参加者からのお便り(日本語ボランティア)

日本語ボランティア こちらにきて、ちょうど1ヶ月ほど経ちましたので報告も兼ねて連絡させていただきます。 少し早めにこちらにきたので、時差ぼけは学校が始まる前にどうにか直りました。

ホームステイ先では子供が3人でかなり賑やかです。 私は家事をする事も好きですし世話好きなので、そこまで苦にはなりませんが、子供たちはどんどんくっついてきますし、おしゃべりしたがります。すぐに慣れましたが、子供たちが遊んだ後は部屋もかなりちらかるので、初めはびっくりしました。

カナダ日本語カナダ日本語

ご飯にはお米も出るお家ですし、お茶もあります。 場所に関してですが、トロントまではかなり遠いです。最寄り駅も車で45分くらいかかります。 そこから1時間くらい電車に乗らないとトロントへは行けません。 ほぼ車での移動ですが歩ける範囲にダウンタウンが2つあるので、買い物には困らないですし、 食事に使いたいものも聞いてくれましたので、常に食べ物はあります。

毎週末お出かけにも連れて行ってもらってますし、たった一ヶ月で色々経験できました!ナイアガラや、野球観戦にも行きました。 運動が好きな私はホストマザーと一緒に週2、3回ジムにも通ってます。 ちなみに今までに5人ほど日本人の女の子がホームステイしていたそうで、そのうちの4人が日本語アシスタントだったそうです。

さて、学校についてですが、●●はとても良い学校です!先生たちも話しやすいですし、生徒たちの活気もあります。 日本語の授業は今年は初心者クラスで、ひらがなや挨拶のレベルからです。人数は例年よりもやや多いらしいです。(30人) 日本語の授業は1時間目のみで、ペド先生は2時間目キャリアクラス、3時間目パソコンクラスと忙しい方です。 2時間目に好きな授業をとっていいと言われていましたが、ただで授業を受けられるのを良いことに、2時間目と4時間目にメディアアートとスペイン語を取っています。笑 その分、自分に与えられた仕事をこなす時間や、次の日の準備を先生とする時間は削られますが…逆に効率よく仕事できてます!

カナダ日本語カナダ日本語

日本語クラスの生徒は元々マンガやアニメで日本に興味を持っていたり、今まで日本語の授業を取っていた生徒から楽しかったと聞いて選択した子もいました。 私がアシスタントとしてやっているのは、フラッシュカードの読み上げ、毎日の単語リスニングクイズ作りやテストの採点、毎週金曜日のCultural day(授業ばかりだとつまらないので、文化紹介の日を金曜日と決めているそうです。)に教える日本文化の内容を考えたり、パソコンを使って引用動画や画像探しをしたりします。

学校は4時間目までしかないのですが、先生の空いてる時間に次の日の授業のことを相談したり、資料作成したりします。授業内容自体は、今まで先生がやってきた授業のガイドラインがあるので、大きくは変更せずに付け足したいことを言うようなかんじです。 ちなみに授業は、1時間目 8:10~9:25 2時間目 9:35~10:50 ランチ 3時間目 11:45~13:00 4時間目 13:10~14:25です。 私は極力、わからないことはすぐに聞くようにし、やりたいことをこちらから発するように意識してます。

ペド先生はとても面白くて優しいので、否定はせず、授業に取り入れようとしてくれますし、こちらから聞かなくても疑問がないか確認してくれます。 私が来る前からやりたいと言っていた習字は10月か11月のcultural dayにやるそうです。 12月にはトロントの日本街でフィールドトリップもする予定です。 そして今週から、日本語クラブを始めました!毎週火曜日のランチタイムのみですが、先生なしで私と生徒のみで活動します。内容は、授業でやった日本の遊びをさらに深く理解して取り組んでみたり、難しい折り紙に挑戦してみたり、とにかく生徒がやりたいと言ってきたことをやるつもりです。

日本語クラブは、今までのアシスタントの方たちにも先生から提案していたようで、やった人もやってない人もいるそうです。ただ人数はいつも5人弱と少なかったと聞いていました。 しかし、今回授業の時間に日本語クラブに参加したい生徒はいるか聞いてみると、8割くらいの生徒が手を挙げてくれました。本当に生徒のやる気があって、私にとっても良い刺激になります。 ちょうど今、大阪から交換留学生2人が来ていて、クラスの生徒たちと打ち解けてきたところです。

カナダに来てから今月で3ヶ月になります

ホームステイ先でも学校でも特に問題なく過ごしています。
むしろ、かなりやりたい事をさせていただいてます。
例えば、日本語クラスではない授業のフィールドトリップにも参加させてもらったり、モントリオールに旅行に行く計画を相談したら、ホストファミリーが車で一緒に行ってくれることになったり、もちろん日本語クラスでも、Unitが終わるごとのテストを私の案も入れて一緒に作らせてもらったり、Cultural Dayの内容を作らせてもらったり(文章からパワーポイントまで)と充実しています。

カナダに来る前から、私が先生と連絡を取り合ってやりたいと伝えていた習字の授業をついにしました!

人数の多いクラスなので、習字道具はグループでシェアするような形でしたが、生徒たちはすごく楽しそうでした!
私は長いこと書道を習っていたので、それを先生に伝えていたのですが、先生が生徒たちにオーバーに伝えたので「書道マスター」と呼ばれながら楽しく授業が出来ました(笑)。授業の後にも先生から「今日は手を挙げている生徒の所に行くと、大戸先生を待ってるの!って沢山言われちゃったよ(笑)」と聞き、さらに嬉しかったです。
私のこちらに来た1つの目標として、生徒から人気の先生になる!というのがあったので、日本語クラブも 含め、頼ってもらえる事が本当に嬉しいです。

今後についてですが、12月7日にトロントにある  J townという日本の文化体験などができる場所にフィールドトリップに行きます。
お昼に日本食を食べたり、日本食スーパーに  行ったり、着物体験や、茶道体験、お祭りの盆踊りを見ることも出来るそうです。
またその様子も活動報告させていただきます!

カナダ日本語ボランティア日本語

 

活動スケジュール

【スケジュール例】

8:30-12:00 日本語授業の準備とアシスタント業務、アクティビティーの手伝い
12:00-12:45 昼食・お昼休み
13:00-15:00 日本語授業のアシスタント業務、先生の補助     
放課後    個別指導(チューター)など

日本語教育ボランティア
日本語教育ボランティア

活動は日本語、文化を中心にひろがります。

日本語教育
日本語教育ボランティア

現地のサポートセンターから日本語ボランティア参加の方のメッセージが届きました。

Vancouverではもう桜が満開で、散り始めてるところすらあります
今年は日本の方が寒そうな予感。

まっちです。おはこんばんちわ。
前回のブログに書いたとおり、僕は今週に5日、
地元の公立高校で日本語教師アシスタントのボランティアをしています。

日本で言う、中学3年生~高校3年生のクラスがあります。
中学3年生は、ビギナー。
高校3年生までいくと、自分で「猛烈に日本語喋りたい!!」とか
思っている子だけが選択し続けてきているようで
彼らは余裕で日本語喋ります

日本語で問いかけると、日本語で返してきます。
でも、内緒話とか、質問は英語が多かったします笑
(ESLと逆ですね、母国語禁止が英語なのはおもしろい・・・byカウンセラー)

しかも、高校3年生の子としりとりをしたんですが
彼らの口から放たれる単語は

「毘沙門天!!」

「明治維新!!」

「山手線!!」

「二条城!!」

そして、俺とSUBの先生(日本人。この日、先生がお休みだったので
SUBの方がいらっしゃいました)から出てくる単語は・・・

「火曜日!!!」

「りんご!!!!」

「レモン絞り器!!!!」

(レモン絞り器とかちょっとずるじゃないの、松本君!!笑 byカウンセラー)

高校生比べてどうしようもない貧弱な単語たち。笑

でも、明治維新とか毘沙門天って、しりとり的には負けなんですが。笑
単語力のレベルは半端ないですね・・・

話しは変わって、ちょっと興味があったので、聞いてみました。
「どうやって、日本人並みといっても過言ではないぐらいの
レベルまで勉強したの??」

みなさんはどう思いますか?
日本の高校生が英語を勉強するように、
参考書とか問題集とかガリガリ解いたんでしょうか。

でも彼らの答えは
「ドラマ!!」
「アニメ!!」
「マンガ!!」

たったそれだけで、日本語喋れるようになったのかあんたらは・・・・・笑
そりゃ文法の勉強も頑張ったと思います。
でも、文法だけ勉強してたんじゃ喋れるようにはなれませんよね!やっぱり。

「わたしは、コードブルー好きー」

とかプロポーズ大作戦だったり、クローズだったり
スラムダンクにドラゴンボール、ナルト、ワンピース

ほんとに日本のアニメにマンガにドラマが大好きなようで
「あのドラマのシーズン2やるじゃん?まっちさんは見ないの?」
と聞かれることも多々。

え・・・シーズン2やるんだ・・・笑」
彼らは俺より情報ツウです笑

 

参加にあたっての確認事項

空き状況を確認してから参加可能かどうかをお知らせしますので、参加希望の時期をご連絡ください。

申込の方法、その流れに関してはプログラム参加への流れのページをご覧ください。

参加の際にはプログラムの参加条件をご覧ください。
個人情報の規定に関してはコチラをご覧ください。

ホームステイの滞在に関する留意点を御覧ください。

資料請求 お問い合せ WEBお申し込みフォーム
PAGE TOP