アジアの国で日本語教師体験

日本語を勉強する人たちが急増しています

この数年、アジア圏ででは日本語を勉強する人たちが急増しています。しかし、どこの国でもネイティブの日本人教師の数が不足しているのが現実です。せっかく日本の文化に興味を持ち、来日してみたい、日本で働きたいと真剣に考えるアジアの若い人たちのためになにかしてあげたい、そんな気持ちで日本語ボランティアプログラムを運営しています。

日本への理解を深め、友好関係を深める絆になっていただきたいと思います。

アジア各国で日本を紹介することは、同時に「アジアの現状」を知ることでもあります。今アジアの国には自分の将来、家族のために真剣に日本語習得に取り組んでいる若者がいます。そんな彼らの姿を通して、なにか大事なことを学べるはずです。

日本語教師養成講座を受講しているみなさん、またはこれから日本語教師を目指したいと考えているみなさん、アジアの国の日本語学校でボランティアしてみませんか? 日本語教師養成講座の受講生のかたにはいままで学習した内容を実践の場で使うことができる実習のかわりになります。

■海外日本語ボランティア 

・日本語教師養成講座の受講生、またはこれから日本語教師になることを目指す18歳以上のかた
・お一人さまから参加することができます。

CECはアジア圏で真剣に日本語を学ぶ人達がいる国に短期(1週間から)派遣いたします。それぞれの国の学校の様子や受け入れ体制がちがいますので、お電話などでお気軽にお問い合わせください。参加希望時期や学校の規模、現地の取り組み方の違いなどをお話いたします。 CECへの問い合わせ

現在派遣先としてはモンゴルセブ台湾ベトナムカンボジアインドネシアバリジャワ)、 ネパールタイ などでの受け入れを行っています。