海外ボランティア活動支援のCEC

海外ボランティア カナダ

カナダ・幼稚園

国際色豊かな環境で活動

カナダには世界中から様々な人が移民として集まります。 「カナダ人」と言っても、その背景は様々な文化がありそれがこの国の特徴になります。 保育園でも肌の色が違う幼児が普通にいます。中には移住してきたばかりで、英語を話せない子もいますが、子供たちは全然気にせずに一緒に遊んでいます。 国際色豊かな環境の中で育つわけですから多様性に柔軟なカナダ独自の文化ができています。

カナダ海外ボランティア

カナダの保育施設の種類

保育園 生後約6ヶ月から5歳までの子どもを預かる施設で営業時間は午前8時から午後7時が一般的です。おやつやお昼寝の時間もあります。

託児所 資格を持った幼児教育従事者が家の一部を改装して生後6ヶ月から5歳までの子どもを預かる施設です。一度に利用する子どもの数は7名までとなっているので、いきなり多くの子どものお世話したり英語力に不安を感じる方に最適の活動場所です。

幼稚園 小学校に入る前に社会で共同生活を送るためのルールを学び、同年代の友達と協力して遊ぶことを学ぶための施設で日本の幼稚園とあまり変わりありません。 モンテッソーリ幼稚園派遣に関して

ファミリープレース こちらはだいたい1歳から4・5歳までの子どもが親と一緒に利用するプレイ施設になります。子どもたちのお世話だけではなく子ども達のお父さん、お母さんと交流を深めることが可能です。

サマー/ウィンターキャンプ カナダの小学校は夏休みが3ヶ月と長く、多くの子ども達が地元の公民館が主催で行われるデイキャンプに参加します。参加する子ども達の年齢層は8歳から13歳となり、バンクーバー市内を探検したり施設内でゲームをして9時から3時まで時間を過ごします。

参加者のみなさんのスケジュールが合う派遣先を手配します。活動内容には子ども達をお世話したり自由時間に遊んだり、食事やおやつの手伝い、外へのお散歩などが含まれ幼児教育のアシスタント活動をします。

スケジュール

時間 活動
10:00 ランチタイムまで遊び時間 (お絵かき・歌・ボール遊び・折り紙・工作など)
11:30 ランチ準備の手伝い
12:00 ランチ 配膳、後片付け、掃除
13:00 外へお散歩
14:30 子ども達お昼のの時間手伝い
14:45 後片付け、掃除 
※派遣先の幼稚園や保育園により多少、内容・スケジュールは異なります。

語学研修付きも可能です

せっかくカナダに行くのだから英語も勉強したい。バンクーバーには優良な語学学校が多くあります。現地コーディネーターが厳選した語学学校で勉強することができます。例えば最初に2週間英語を集中して学び、次の2週間をボランティア活動します。語学学校により料金は異なりますので、ご相談ください。

幼稚園活動感想

先生は絶対に大声で叱ったりすることがなく、常に落ち着いて保育をされていました。子どもに注意す るときもゆっくり丁寧に、なぜそれをしてはいけないのか理由を毎回説明していました。何度同じ事を子 どもがしても怒ることがない姿に、素晴らしい保育方法だと感じました。それも子ども10人に対して1人 の保育士が必要というカナダの保育方針がそれを可能にしているのではないかと思います。

ボランティア活動 感想文(PDF) その1 その2  その3

カナダ海外ボランティア
カナダ海外ボランティア

幼稚園は午前8~12時まで、2~4歳児20人ほどのクラスを担当しました。 私の幼稚園はおもちゃの遊び方やどの子にどの遊びをさせたらよいか、今日読ませてあげる絵 本はどれかなど、決まりや方針がたくさんあったので慣れるまで少し大変でした。 しかし、分からないことは何でも聞いてと先生方に言われていたので、不明点があればジェス チャー付きの片言の英語でも積極的に質問するよう心がけていました。 私が担当した時期は調度新しく入園してきた子が何人かいて、最初の1週間はお母さん恋しさに 泣きやまない子もたくさんいました。でもそんな子たちも3週間経つ頃にはだんだん慣れてきて、 登園してくると私の名前を呼んで一緒に遊びたがったり、絵本を読んでと言ってくる子も出てきて とても嬉しかったです。

1週目は少し距離をとっていた子どもたちも2週目に入ると子ども達から積極的に話しかけてくれるよう になりとても楽しかったです。慣れてくると揉めごとがあったときに私に話しにきてくれたり、頼ってきてく れたりしたのも保育士として接してくれていると感じる事ができました。2週間はとても短く、もっと長くボ ランティアできればよかったと感じています。 日本の保育と、カナダのこの保育との違いを学ぶ事ができ、それぞれの良いところを感じる事が出来ま した。保育に対しての考え方も変わり、世界が広がったように思います。今回のボランティアで学んだこ とを私のこれからの保育に生かして行きたいです。

カナダ海外ボランティア
カナダ海外ボランティア

これからも子ども達が伸び伸びと成長していけるような保育を目指して頑張りたいと思います。 幼稚園でお世話になった先生方をはじめ、ホストファミリー、そして現地サポートデスクのみなさん。本 当にありがとうございました。貴重な体験ができました。みなさん明るく良い人ばかりで本当に楽しい毎 日がすごせました。またこのバンクーバーに帰ってきたいです!!! 海外で保育士になりたいと思うくらい良い経験でした!!!

□保育園の子供達はとても素直で可愛らしく、先生や親に厳しく叱られたり誉めれらたりしながら、のびのびと遊んでいました。最終日にはプレゼントと歌を歌ってくれて、とてもうれしかったです。

□担任の先生が入りやすい空気を作ってくれたので、すぐに慣れることが出来ました。クラスはアイランダー系の生徒が多かったですが、異文化には興味があるので日本語を聞いてきたりします。子供達が明るく話しかけてくれるので、英語を使う環境ですごく勉強になります。生徒への指導の仕方なども参考になり、かなり充実した毎日を過ごせました。

□今まで幼稚園で働いたり、幼児教育に携わったことがなかったので、初日はどうなるかと不安もありましたが、日に日に子供達の名前も覚え、一緒に生活していく中で、文化の違いや英語を教えてもらったり、遊びを通してとても楽しい良い経験ができました。また、日本とは違い、様々な人種の子供達、先生方、ボランティアの方たちと知り合うことができ、文化、習慣の違いを知ることができたので、とても楽しかったです。

□私は日本で2年保育園での経験があったのですが、まず環境の違いにびっくりしました。先生も子供達もとてものびのびとしていました。先生達は、とても親切な方ばかりなので心配いらないです。積極的にいろいろ聞けば教えてくれます。 子供達もとてもかわいいです。先生達の子供への関わり方、遊びの導入、などじっくり見させて勉強させてもらいました。 日本でも少し反映できたらなと思います。折り紙遊び、日本の玩具、手遊びなどを紹介したのでが、中でもカブトをとっても気に入ってくれました。(幼稚園)

滞在先・ホームステイ

カナダのホストファミリー

カナダ海外ボランティア
カナダ海外ボランティア

僕は大学2年の夏休みを使いバンクーバーで4週間のホームステイをすることにしました。 ドキドキしながらバンクーバーに着くとそこにはあたりまえですが、周りはみんな外国人でいよいよ異国の地に辿り着いたんだなと感動しました。 ホームステイ先には娘さんを含めた3人家族に、あとネパールからきたお医者さんがいました。 初めは単語ずつでしか話せなくてコミュニケーションにとても不安を感じていたのですが、家族のみんながご飯の時やリビングにいる時に積極的に話しかけてくれて嬉しかったです。

家から英会話学校の初日にダウンタウンにいくのも緊張しましたが最初は家族が一緒についてきてくれ、バスの乗り方やお金の支払い方を教えてくれたので助かりました。 街を歩いていると知らない人が気さくに話しかけてくれて、行きたい場所を教えてくれたえり、さすが外国といった感じでした。 家族とご飯を食べている時にその日あった出来事や学校での事を話し、日本の文化などを話していくうちに帰国の前にはコミュニケーションを怖がらず取れるようになって、初めは少しとまどったカナダ文化にも慣れもっといたいなと思うほどでした。

僕が旅行で行ったウィスラーの写真をみんなでパソコンで見ながら夜更かしをしたこともあります。最後帰る前に撮った家族との写真は一生の思い出になります。また今度戻ってきた時はLouisの家族のところで滞在させてもらえればと思います。バンクーバーは自然が豊かで過ごしやすいので、ぜひ友達や日本のみんなに時間を作って行ってみて欲しいなと思いました。 今は大学も始まり忙しい毎日を送っていますがカナダでの思い出を胸に毎日頑張っています。

カナダ海外ボランティア
カナダ海外ボランティア