What's CEC

代表者のご挨拶

CECの海外ボランティアのサイトへようこそ。
私達は1988年から海外でボランティアしながら、世界を知り、自分を磨くための機会を提供しています。

このページでは海外でボランティア活動するための、理由そして、その意義などをお伝えしています。

HOME › CEC代表からのご挨拶

なぜ海外でボランティアするの?

多くの人がきっとその疑問をお持ちだとおもいます。
もちろん、日本国内でも数多くのボランティア活動が身近にあります。ボランティアは人とつながりを広げ、自分を磨くための機会です。日本でも海外でも、始めるキッカケはどこでも良い。そう考えています。

私は30年前に海外でボランティア活動を経験し、現地で会った人たちとの交流が人生の前向きな分岐点になりました。そしてCECという組織を作り、現在も多くの人達と出会いを続けることができています。 学生の皆さんへのメッセージ

最初はみんな不安です

最初に経験した海外ボランティアはイギリスの「身体障がい者施設」での福祉介護ボランティアでした。当時私は24歳、福祉とは無縁の仕事をしていたので自分に介護職が務まるか不安でした。でも、海外で暮らし、新しい自分を見つけたい想いが強く、ハードなことでも我慢しようという気構えで参加しました。結局、2年間も福祉ボランティアをしながら、イギリスに滞在していました。

活動は楽しいことだけじゃなく、つらいこと、怒り、そして哀しみもありました。でも、それがすべて自分の成長につながったと実感しました。全然無駄じゃなかった2年間でした。ボランティアのあと、ヨーロッパをバックパックで周り、日本を出てからおよそ3年経って帰国しました。

帰国後、自分の経験をほかの人達とシェアしたいと考えCECを設立しました。1988年のことです。

 

together
おひとりの参加でも、現地でその時期に来た他の参加者のみなさん達と一緒になり、観光などに行く機会もあります。
最初の不安はすぐに消えてしまいます。

学ぶチャンスがいっぱいあります。

イギリスでのボランティア期間中、学んだことで一番大きかったのは、「自分の決めた方向に進む勇気」だったと思います。出会った多くのイギリス人は、いくつになっても子供のように自分の夢を持っていてました。自分がやりたいこと(仕事でも趣味でもスポーツでも)を最優先しているので、年齢に関係なくアクティブです。私は、渡英以前、商社の下っ端社員で、朝の8時半から深夜11時まで社内で缶詰状態で働いていましたから、彼らの時間の使い方は驚きでした。

海外に行くと、日本との文化の違いに戸惑うことがありますが、それらが良い学びになります。

私も、今ではイギリスに行ったらナイフとフォークをしっかり使って料理を食べ、インドに行ったら素手でカレーをうまく食べられるようになりました。是非みなさんにも、いろんな体験をして「国際感覚」を磨いていただきたいです。

やれることは限られています、でもそれが「はじまり」です。

初めての海外、初めてのボランティア、言葉も文化も違う・・・当然活動できる範囲も限られています。

初めてインドでボランティアしたとき、まずは他の日本人や外国人ボランティアから、なにをしたら良いのかを聞きました。優しい人たちがボランティアしていますから、どこに荷物を置いておけばよいか、最初は何をしたらいいかを気軽に教えてくれます。数日でスケジュールを覚えます。

一週間もすると新しく参加してきたボランティアの皆さんにアドバイスできるようになっていました。こんな感じで、ボランティア同士のコミュニケーションも深まり、活動後に一緒に御飯を食べに行ったりするようになります。

興味あることからはじめましょう

海外ボランティア・・・どこに行っていいかもわかりません。それなら、いままで本や、テレビや人に聞いたりして、行ってみたかった国から探してみればいかがでしょうか?

もし、子供たちと遊びたい、日本語を教えたいなど、やりたいことがあるのならそこから探してみたらよいです。きっと貴方の希望にあった場所、そして活動先が見つかるはずです。

そして、一番大事なことは「その環境を楽しむ」ことです。

CEC代表 池頭稔 

学生のみなさま cecpolicy

初めての方へのページに戻る

プログラムプログラム

PAGE TOP