Mongolia Volunteer Programme

カンボジア・日本語ボランティア&文化交流

HOME › プログラム紹介 › カンボジア日本語ボランティア ›よくある質問

カンボジアボランティア 良くある質問

カンボジアの良さは?
治安は?
親日ですか?
なぜ日本語を勉強しているのでしょう?
滞在に必要なお金はどれくらい?
滞在中に気を付けることは?
カンボジアでの履き物についてですが、 足の安全のため靴か、突然の雨で濡れて大丈夫なようにサンダルかで迷っています。
携帯とかカメラの充電は普通にできますか?変換プラグのようなものが必要ですか?

Q. カンボジアの良さは?

A. 世界で最も経済的に恵まれた日本が、かつて持っていたもので、今は失いつつあるものが残っている国です。
化学農薬、化学肥料が使われていないメコン川流域の大地。自給自足的生活の中での家族や近隣の人たちと助け合う心など。人口の半分近くが20歳以下という若い国でもあります。
日本は経済成長の中で洗練された機能性が当たり前の様になっていますが、カンボジアではまだまだです。タクシーやトゥクトゥク、市場などでは、値切る交渉しなければいけません。それがこの国の良さではないでしょうか。

▲TOPへ
Q. 治安は?

A. どこの都市でも、治安の悪い場所があります。例えば、夜の歓楽街に一人で行くと、トラブルに巻き込まれることはどこでもあります。そのように、危険な場所に自分からはいるようなことをしなければ問題ありません。

Q. 親日ですか?

A. カンボジアの人たちは日本人に対して好意をもっています。プノンペンやシェリムアップにはたくさんの日本人が住み、NPO活動もしています。日本語を学ぶひとも多いです。

Q. なぜ日本語を勉強しているのでしょう?

A. 日本が経済的に強かった頃は仕事のことを考えて日本語を勉強する人が多かったそうです。でも、現在では、教養の一つとして、日本語や文化を学ぶ人達が多いそうです。

▲TOPへ
Q. 滞在に必要なお金はどれくらい?

A. 食費や交通費として1日1,000-1,500円程度あれば済みます。もちろん、高級なレストランなどを利用すれば、費用はもっと上がります。

Q. 滞在中に気を付けることは?

A. どこの国でもいまはやっているスリや、詐欺はカンボジアでもあります。親しげに近づいてくる人は、どこの国でも無視するに越したことはありません。

Q. カンボジアでの履き物についてですが、足の安全のため靴か、突然の雨で濡れて大丈夫なようにサンダルかで迷っています。

A. 両方必要です。 サンダルで飛行機は足元が寒いですし、遺跡観光等長時間歩く際にはやはり運動靴はかかせません。 サンダル(クロックスかビーチサンダル)も必需品ですから、スーツケースの中にいれてもって行って下さいね。

Q. 携帯とかカメラの充電は普通にできますか?変換プラグのようなものが必要ですか?

A. ご自身が持っていかれる電化製品(充電器)をご覧いただき、100-240Vの表示があれば、海外対応になっています。 
もし、100Vとしか記載がなければ、変圧器が必要です。
カンボジアのプラグは日本と同じ差込口ですのでそのまま使えます。
尚、コンセントがベットの裏や使いにくい場所にあることも多いので延長コードがあれば便利です。

カンボジアコンセント

▲TOPへ

 

プログラム費用

カンボジア・日本語ボランティア&文化交流

プログラム参加費用  1週間75,000円 2週間98,000円
1名様から申込可能です。2名様以上はディスカウントあります。詳細を御覧ください。
詳細へ
資料請求 お問い合せ WEBお申し込みフォーム
PAGE TOP