Cebu Island, Philippines

セブ週末ボランティア活動

HOME › プログラム紹介 › セブ島ボランティアプログラム › 英語研修中の皆様専用セブ島現地参加型社会見学

英語研修期間中にセブの現実を見てください

月に2回(春休み、夏休みは毎週)スラム街で行っている炊出し活動にみなさまの参加をおねがいしています。 わたしどもの現地NGOのWEBページでご案内しておりますので、語学留学中の皆様の参加をおまちしています。どうしても週末の炊出し活動に参加できない方は別途お問い合わせください。

すでにセブで語学留学されている方々が「週末」に参加できるボランティア活動

スラム街、ゴミ山などの子どもたちを訪問し、現地事情を洞察する機会提供です。現地でお連れする場所の例として、下記ご案内します。(他にも幾つかお見せできるところがあります)実際にご希望されるされる際にはメールでお問い合わせください。(セブにおられるみなさんから国際電話は高額になりますのでメールで対応させていただきます。)

参加される際には、子どもたちの現状をみていただくと共に、是非、少ない数でよいので、いらなくなった衣服、文具、その他まだ利用できるものなんでも結構ですので現地にお持ちください。リサイクルとして、子どもたちが活用させていただきます。

墓場で暮らす子どもたちを訪問

セブ市内のカレタ地区の墓場で暮らす家族がいます。その家庭の子供たちの教育や福祉のサポートをするためにデービス牧師が活動しています。上記の動画に映っている建物はすべてお墓です。廟(びょう)と呼ばれ、その中に石棺が置かれ、遺体が安置されているのですが、その遺体をほかの墓地に移動し、石棺をベッドなどにして、木でドアをつけるなどして、廟を家に改造して暮らしています。

サンプル

中国人の富裕層の人たちが建てた墓場ですが、訪れる人もなく、いつの間にか貧困層の家族が住み着いたそうです

参加者からの感想文 

今日、CECのフィリピン人のコーディネーターさんと会うことが出来て、カレタ地区に行ってきました。カレタ地区はセブの中でも 特に 貧しい地区で、お墓を占拠して暮らしている家族達がいます。その家族の福祉や子どもの教育支援をしている牧師さんのNGO活動を見学しました。

セブ留学墓で暮らす子供

お墓は本当にびっくりするぐらいお墓でした。墓石の下が掘り起こされていて、その中に服とか靴があって、本当に墓石のただの石 の上 に布とか枕がおいてあって、ベッドになってました。失礼やけど、これ家なのか?って思った。でも中に入るとびっくりするぐらい沢山お墓の家があって、そこに家族単位でみんな住んでました。お墓の集団の中には、お墓の幼稚園もあって、その学校に子どもは通ってるみ たい です。お墓の町がそこにはありました。写真撮っていいって言われたけど、撮れなかった。

カレタ地区

ドッチボールを してる子どもの中に入って!と言われて、中に入れてもらいました。でも、うちは子どもと遊ぶのがあんまり上手くない上に、ドッチボールと か出来ない。本当に。けど日本人1人やし、やるしかないし、本気で遊んだ。ボール投げた、子どもと走りまわった、叫んだ、子どもにボール当てられて、当てて、変な実食べて、もう過呼吸なるかと思うぐらい、何年ぶりかと思うぐらい遊んだ。喉乾いて、子どもが変な味 する水くれた。飲んだ時は大丈夫やったけど明日大丈夫かな。うち自身がめっちゃ楽しかったし、めっちゃ笑ってくれたし、多分向こ うも 楽しかったと思う。本当に久々に楽しかった。

?カレタ地区

そのあと、コーディネーターがもってきたおやつを子供たちに配った。

うちは寿のドヤ町のバイトでも寄付で来た美味しそうなものは、おっちゃんと一緒に食べたり、釜ヶ崎でも競馬でおっちゃんが儲け たお 金で一緒にご飯食べたりしてたから、そんなに、うちはあげる側!って最近思ったことなかったけど、やっぱりそうかって思った。

最後に子どもたちと分かれて、帰る時も、ジプニー(現地の乗り物)でいいよ。って言ったけど、タクシー呼んでくれて、近くの安全な高級デパートまで送ってくれた。

高級デパートの中に入ったら、日本と同じブランドが並んでて、さっきの場所と違いすぎて、自分がワープしたんかと思った。泊 まって るとこ着いたら、ガードマンが扉を開けてくれた。自分で開けなくても、ドアはあく。何だろう。この感覚。

セブ市内にあるスモーキーマウンテン(ゴミ山)

イタリヤ人神父の30余年の活動を引き継ぐ人達

CECの代表として、海外ボランティアプログラム開催地16カ国に出かけ、現地の派遣先をいろいろ見てきた中で、一番感銘を受けた(ショックを受けた)人が、セブにいます。イタリヤ人の神父さんでした。(現在はオーストラリアに赴任されました)その方の活動を引き継ぐ現場への訪問です。

サンプル

セブ市の全てのゴミが集まるごみ山は、日本でいう埋立地にゴミが集められているような姿でした。燃えるごみ・生ごみ・プラスチック・鉄・タイヤ・ビニール袋・段ボールなど、様々なごみの種類があり、分別はされていません。車内からの見学でしたが、窓を開けると、もちろん、異臭がしました。腐ったような、生ごみのようなにおいでした。私にとって一番衝撃的だったのは、ごみ山のすぐそばで生活している家庭が何軒もあったという現状です。

ゴミ山訪問参加者からの感想文 

あたりには、まだ小さな子供たちもたくさんいて、小学1年生くらいの男の子が、大きなゴミをもって、道端を歩いていたのが印象的でした。ごみやまに住んでいる家庭は、ごみの中から、プラスチックや鉄くずを拾い、それをお金に換えていると聞きました。どの家族も、仕事があるということから、自らその場所に住んでいるといいます。

また、何も食べられない時には、ごみの中から、食べ物、たとえば、肉などを探して、ゆでたり焼いたり、火にかけてから食べることもあるそうです。セブで生活をしていて、ごみ箱の分別はありませんでしたし、Buddyから話を聞くと日本みたいに埋め立てを行っているわけでもないようでした。

また、ごみの問題がセブ市の三大問題だと言っていました。ごみ山で生活をしていることで、体への影響は良くないのはもちろんでありますが、ごみの中から食べ物を探して、いったん火にかけているとはいえ、それを食べて暮らしていることは、命にかかわります。そんな中でも、笑っている子供たちがいました。その笑顔を見て、とてもいたたまれない気持ちになりました。

カレタ地区

神父の車が集積場に到着すると、長い列ができます。ヤコノ神父はいつもみなさんになにか食べるものをもってきてくれます。私達が訪問したときは、お米を配っていました。人の数が多すぎて、あっというまになくなりました。もう30年もこの活動(スカベンジャーの家族の救援活動)を続けているんです。

カレタ地区

ヤコノ神父が設立した保育園には、ゴミ山で暮らす家族の子供たちが通っています。もちろん無料で受け入れしているそうです。

カレタ地区

神父はもう高齢で、2014年にバチカンからの勅命を受け、セブを離れ、オーストラリアに赴任しました。しかし、彼が行った功績は現在の神父やスタッフが引き継いています。私達もここがどのように変わっていくか、是非見守っていきたいと思います。

セブ市内の貧困層・路上の子供たちに教育を

セブの都市部にはストリートチルドレンと呼ばれる子供たちが観光客の集まる場所で物売りをしたり、物乞いをしています。そんな子供たちの生の実情を伝えたい。それでこのスタディツアーを規格することにしました。 土曜日に受入をするこのプログラムは、1日体験のスタディツアーです。

npo

セブ市内の貧困層の子供たち

ストリートチルドレンに給食配給活動 

CECが現地で提携しているストリートチルドレンの給食センターでの活動です。ここにくる子供たちはみんな貧困層の子供たちです。教会の廻りで物乞いをしたり、物売りをしています。中には学校に行っている子供もいますが、そんな子供たちも、学校のない時間には物売りをしています。

ストリートチルドレンの物売りの現状を知る  

給食活動のあと、市内の教会周辺で物売りをしている子供たちに会いにいきます。暑い屋外で小さな子供たちが懸命に、家族のために土産物を売っていることを目の当たりにすると、複雑な気持ちになります。

ストリートチルドレンの家庭訪問 

市内の教会で物売りをする子供たちの中には元住んでいたスラムから強制的に立ち退きさせられ、山村集落に移住した家族がいます。その家族に会いに山村に行きます。家は市内から離れた山に政府に強制的に移動させられたのですが、そんなところに仕事はありません。仕方がないので、家族一緒に市内の教会周辺で物売りをします。路上で寝ています。子供によっては平日は山の近くの学校に通い、週末に親に合流し、手伝いをしながら路上生活をしています。

スタディツアーの参加費用

土曜日に行うスタディツアーはCECがセブで運営をサポートするNGO(SLPC)でご案内しています。セブで語学留学しているみなさま、是非週末の休みを利用してご参加ください。詳しい情報はSLPCのページから御覧ください。

フィリピン、セブのストリートチルドレンの状況

ストリートチルドレンには3つにわけられます。

一つ目は、本当なら毎日学校に通学しているべき歳の子供たちが昼間から教会の前で観光客相手に水や土産物を売っている状態。子供たちは孤児ではありません。親がちゃんといるのですが、家庭が貧困なために、勉強する暇があれば、家族のために稼ぐことが求められている子供たちです。

二つ目は、家族と共同して物売りをしていますが、昼間学校には行けています。土曜日や日曜日、そして学校が無い夏休みなどは教会の周辺で寝泊まりしながら物売りをすることもあります。

三つ目のストリートチルドレンは、家族も無く、学校にも行かず家族や親戚のツテもないので、自分たちだけで生きていかなければいけない子供たち、数は少なく、孤児院などに預けられたりします。

孤児院のような施設では、しっかりしたシスターがいて、子供たちの面倒をみてくれます。教育や福祉の面でもちゃんとしたカリキュラムで子供たちは保護されています。しかし、ストリートの子供たちは、シスターのような「導いてくれる人」がいません。頼りになるはずの親がそもそも正しい生活をしていないのです。現地で活動するNGOは親の教育もしなければいけません。本当に難しい社会だと思います。

セブ市内の貧困層の家庭訪問記

2014年の3月にセブに訪問しました。

リゾート地として有名なセブですが、リゾートのあるマクタン島からタクシーで30分のセブ市内に行くと、そこでは、フィリピンの人々の生の生活があります。フィリピンは貧富の差が著しく大きく、1日2ドル以下の生活を余儀なくされている貧困層の人々が多く住んでいます。

家庭訪問をして見えてくること:幸せの基準が私達と全く違うということです。日々食べていけるものがある、何か小さなしあわせがあると、とても大事にし、神様に感謝します。

私が訪問した家族は、ほんのたたみ二畳ほどの広さのスペースが「家」なのです。ここに6人の家族が一緒に寝ています。そこに36年暮らす母親は、そこで家族と一緒に暮らせることをとても幸福に感じていると話してくれました。

セブ島・語学学生の皆さん向け週末ボランティア

週末のスタディツアーです。現地でNGO団体のSLPCのコーディネーターに直接お支払ください。派遣先の場所、時間、曜日、そして参加人数などにより、費用は変更されます。できる限り参加しやすいようにしています。
詳細へ
PAGE TOP