Culture and Homestay in Bali Island

海外ボランティア 春休み・夏休みグループ

HOME › プログラム紹介 › グループプログラム › バリ島ボランティア

バリのお正月体験特別企画・バリ島孤児サポート&お正月体験

受入可能日:  次回は、2020年3月に開催予定(現地6泊)

残席確認へ。
*このプログラムは住み込みでの孤児院ボランティア(おやつ作りも実施)、お正月体験(オゴオゴとニュピ)、観光をパッケージにした現地6泊のプログラムです。年に1度だけの開催です!

他のグループ活動(春夏休み)のプログラム

ウブド特別支援学校: モニター募集中!
ジャワ島ジョグジャ日本語&孤児院: 現地大学生との交流、世界遺産観光

バリ島ボランティア&文化体験: 複数施設ボランティア、文化体験、観光

ボランティアと現地お正月を同時体験!!

インドネシアにあるバリ島には「神々の島」の通称にふさわしく、家族や自分の生まれ育った地域社会を大事にし、人間としての清い心を持ち続けるためのイベント(お祭り)が頻繁に行われています。文化や芸術も人々の生活の一部となっています。そんな深いバリ島を紹介することとボランティアを両立することを目的として企画しました。異文化、異なった宗教観に触れることにより価値観の違いを学ぶ 。文化、習慣などを身近に体験します。

バリ
新月のお祭りの時に、伝統の衣装をまとってお祈りをします。こんな小さな年齢からすでに、伝統を受け継いでいるんです。

バリ島のお正月のことをニュピといいます。

バリ島のお正月は毎年3~4月くらいにあります。独自の暦に基づいており、ニュピの日にちは毎年異なり、独自の方法でお正月を迎えます。毎年ニュピの時期になるとこんな注意喚起が促されます。これは外務省のホームページからの引用です。
「ニュピ祭とは、断食と瞑想に専念するバリ・ヒンドゥー教徒の精神修養の日のことで、当日、バリ島では火や電灯が一切使われないほか、飲食店や商店などの営業が禁止され、外国人も含め様々な制約が生じます。」
この日は飛行機も飛びませんし、港も閉鎖されるのでバリ島への出入りはできません。これは世界的に珍しい迎え方と言われています。こんなバリ人にとって重要で、貴重な日を体験をしてみませんか?

少人数制

定員は多くて4~5名程度を予定しています。ボランティア活動では1人1人の力をしっかりと役立てることができ、また参加者同士の横のつながりもでき、より楽しく、より活動的に滞在することができます。

留意点

・お一人様からご参加可能。
・参加希望者が受入可能人数を上まった時点で締め切りといたします。ご了承ください。
・参加者がお一人になった場合でも催行は致します。そのため、お一人での参加が不安な方は、事前にお申込み状況をCECまでお問合せください。
お正月(ニュピ)の禁止行為を守れる方に限りご参加頂けます。

プログラム内容

孤児院で子供たちのサポートとおやつ作り

活動先は1962年に作られたクルンクンという地域にある、キリスト教系の孤児院です。運営費のほとどんは寄付で成り立っています。18歳くらいまでの様々な家庭の事情で預けられている100名以上の子供たちがスクールマスターと一緒に生活しています。大きい子が小さい子のお世話をしています。

子どもたちの生活に寄り添う

滞在中2泊は孤児院での住み込みです。ボランティア活動内容は、指示されることはありませんので、皆さんそれぞれの得意分野を生かして異文化交流活動をしてください。タイミングによってはスタッフの方の料理や配膳のお手伝い、掃除、畑仕事、DIYなど孤児院側のリクエストに応じて活動頂くこともあります。ボランティアの一環でおやつ作りも予定しています。是非日本ならではのものを振舞いましょう。前例は、ホットケーキ(トッピング用に持参したあんこが大人気だったそうです)、白玉、ラスク、そば(意外と人気)、カレー(不評だったそうです)などなど。

孤児院

(参加者より) 何人かの小中学生達とあっちむてホイをして盛り上がって遊んだ。しかし、夜の学習時間だったため隣室の職員から「うるさい!」と怒られた。別の日には、夜、子どもの勉強をちょっと見た。中学生年齢の子どもと分数の練習。1/3+1/2=2/5と計算する。分母を共通化しなくては、と説明しようとしたけど私の英語力では難しかった。

ニュピ前日はオゴオゴのパレードを見学

ニュピ前日は悪霊を追い出す日です。そのためにオゴオゴのパレードが行われます。日本でいうことろのおみこしが街中を練り歩きます。年に一度の盛大なお祭りです。オゴオゴは各地域ごとで作られ、動物、鬼、人などさまざまなかたちがあるそうです。オゴオゴは、悪霊が乗り移るとされているようで、清めるために最終的には燃やされてしまうそうです。

 

ニュピを体験

世界的に珍しい新年の迎え方をしているバリ島。ニュピ当日、バリ島内では外出、移動、火や電灯の使用、娯楽などの行為は禁止されます。これは旅行者にも適応されます。乗り継ぎや緊急時を除き空港や港も閉鎖されます(バリ島内へ出入りはできないのです)。またレストランやスーパーマーケットなどもお休みです。テレビもやっていません。この禁止行為が適応されるのは、当日の朝から翌日の朝までです。約24時間の間静寂につつまれます。この日の星空は格別きれいだとか?!詳しくは現地スタッフより案内があります。

バリ島の文化を知るための現地観光

滞在中、1日かけて現地観光をしながらバリ島の文化を学ぶオリエンテーションを行います。観光する場所は、時期によって現地コーディネーターがアドバイスしながら、主要観光スポットをまわります。参加者の希望を聞くこともできますよ。

自由行動の日

この時間を利用して、海に行ったり観光したりすることができます。
バリ島にはオプショナルで色々な体験ができます。現地コーディネーターは観光業に精通していますので、お気軽にご相談ください。アドバイスや手配などを行ってくれます。どのようなことができるのかは、こちらのページで紹介しております。
運がよければお正月時期ならではのイベントをみれることができるかも?!

サンプルスケジュール(2019年)

スケジュールは現地事情により多少日程が変更することがありますので、およそのものとしてお考えください。

1日目(3/2(土)) 現地到着日

バリ島・デンパサール到着後、滞在先へお連れします。
(ホームステイ泊)

2日目(3/3(日)) 現地観光、孤児院へ

専用車にてバリ島の深い文化を学ぶためのオリエンテーションと現地観光をします。現地観光では、季節やイベントに合わせて、コーディネーターお勧めの観光スポットへお連れします。参加者様のご希望をお聞きすることもできますよ。 その後、孤児院へお連れします。
(孤児院泊)

オリエン

3日目(3/4(月)) 孤児院で活動

いつも笑顔の子どもたちと交流をしながら、孤児院の事情について学びましょう。何をして交流するのか、事前に考え、準備をしておくようにしましょう。
(孤児院泊)

孤児院

4日目(3/5(火)) 孤児院で活動(おやつ作り)

ボランティアの一環でおやつ作りも予定しています。是非日本ならではのものを振舞いましょう。前例は、ホットケーキ(トッピング用に日本から持参したあんこが大人気だったそうです)、白玉、ラスク、そば(意外と人気)、カレー(不評だったそうです)などなど。活動後、ホームステイ先へ移動します。
(ホームステイ泊)

孤児院

5日目(3/6(水)) オゴオゴの見学

オゴオゴの準備の様子を見学します。夕方から夜にかけて、パレードのような賑やかなお祭りが行われるので、参加、または見学をしながら楽しみましょう。
(ホームステイ泊)

ニュピ

6日目(3/7(木)) ニュピを体験

前夜の賑やかなオゴオゴとは一変、バリ島内は静寂につつまれます。お正月当日は外出することはできませんので、ホームステイ先にてお過ごしください。読書をしても良いでしょうし、瞑想するのも良いでしょう。または、ホームステイ先の方々と同じ過ごし方をするのも良い経験になるでしょう。
ニュピは現地の人にとって非常に重要な日ですので、ニュピの静寂の妨げにならないようにお過ごしください。
(ホームステイ泊)

ニュピ

7日目(3/8(金)) 自由行動、そして空港へ

朝方、ニュピが終わります。その後は、フライトの時間に合わせて、自由行動の時間を楽しみましょう。タイミングが合えば、年に1度、この日にしか行われない少し変わった村のお祭りを見学できるかも?!
フライトが夜遅くの方がより長く滞在することができます。時間に余裕のある人は延泊されて観光を楽しまれるのも良いでしょう。

8日目(3/9(土)) 日本に帰着

お疲れさまでした。

滞在先の紹介

2ヶ所あります。1部屋を2-3名でシェアします。

デンパサール市内でホームステイ

デンパサール市内の住宅街にある現地スタッフ宅での滞在です。お子さんがいらっしゃるご家庭です。Wifi、エアコン(またはファン)、お湯シャワーがあります。朝食付き。

バリ島ホームステイ
孤児院の寮で住み込み

孤児院での活動中は住み込みになります。孤児院周辺には食堂やレストランなどが多く、便利な場所です。孤児院滞在中の食事は3食付。子どもたちと同じ生活環境のため、 シャワーは水しかでません。

バリ島 孤児院ボランティア
 

現地コーディネーター

バリ人の現地コーディネーター(アミさん、女性)と彼女の息子さんたちが、空港送迎、活動先への送迎、オリエンテーション、観光のお手伝いなど滞在中のお世話をして下さいます。緊急時など何か困ったことがあった場合に備えて、現地在住の日本人女性が日本語のサポート役としてさらに対応してくださっています。滞在中に現地で困ったこと、観光のことなど、お気軽に何でもご相談下さい。

バリ島孤児サポート&お正月体験 

現地6泊 75,000円 (2名以上 66,000円)

*括弧の値段は、ご友人同士など2名以上で申込み頂いた場合のお1人あたりの参加費用です。
早割り、リピーター割引あります。

*滞在費用、現地ボランティア手配、空港送迎、現地サポート、CEC手配費用等を含みます。 *朝食付(孤児院では3食付) 
詳細へ

instagram

PAGE TOP