HOME>カンボジア>活動場所一覧

カンボジア内戦からの復興と成長

カンボジア王国が倒れたのち、1993年の総選挙で民主政権が誕生するまでの間、20世紀後半に続いた内戦状態が終わり、やっと平和が訪れました。そのスピードはとても早く、私が2014年に訪問したときには、20年前の戦争はもう遠い過去のものとなっているようでした。

人々は英語を話し(日本よりよく通じると思います)、アメリカの通貨(ドル)がどこでも使える国になっていました。プノンペンは大きなビルが立ち、スマホをもって歩く若者の姿など、日本と変わらないのです。すごい勢いで自由化が進んだのです。

しかしながら、まだまだ路上生活者、ストリートチルドレン、物乞いをする人がいるのも事実です。 特に、プノンペンではよくみかけます。

バリの風景
弊社スタッフがプノンペンで路上生活をしていた親子に日本から持ってきた(彼女の息子さんのお古)をあげました。 嫌がられるかも・・と、少し躊躇しましたが、お母さんが非常に喜んでくれたので、嬉しかったです、とのことです。

日本が積極的に復興を支援してきました
私が訪れたのは首都プノンペンですから、田舎の方はきっとまだまだ違う様子をしているのでしょう。JICAの最近のレポートを読んでも、カンボジアの保健衛生事情は,まだまだ低い水準であり,子どもたちが健康に育つため,学校や地域の公衆衛生の改善が必要とされています。JICAなどの公的な機関をはじめ、NPOなどの団体が多くカンボジア現地で人々の生活の向上を目的としていまでも活動しているのです。だから、この国の国民の人たちは日本に対して友好的でいてくれます。

プログラム内容

首都プノンペン、もしくはアンコールワット等遺跡で有名な町、シェムリアップで行っています。

カンボジアに行くなら一番のお勧めはシェムリアップです。

「アンコールワット」といえばだれでも一度は聞いたことがある世界遺産ですが、シェムリアップではボランティア活動+遺跡観光も楽しめるのです。

プログラム資料をお送りします。

資料請求は無料です。プログラムによってはパンフレットを用意しておらず、メール添付にてご案内をお送りすることもありますので、ご了承ください。

資料請求

今まで参加された方たちから多くの感想文やメッセージを頂いています。下記の2つのページから御覧ください。(パソコン用の閲覧ページに移動します。)

参加者からの声

参加者感想文

ユニセフが認めた世界遺産の街、その魅力

アンコールワットをゆっくり満喫!

この街に滞在するからできるゼイタクな時の過ごし方

みなさんが一度は訪れたい世界遺産のアンコールワット遺跡群、それらの遺跡の多くは、深い森の中のような場所にあります。この場所が静かで落ち着き、悠久の時の流れをもつ源泉はこれらの「森の木々」にあるのでしょう。巨木が多く、その枝振りも緑の深さも圧倒的です。その場で何時間でも癒やされていたいと感じます。活動期間中訪れることができます。

カンボジア孤児院ボランティア
遺跡群の周辺は緑多い公園になっています。そこに無造作に置かれた石に座り瞑想をするのが夢でした。

カンボジア孤児院ボランティア
夢かないました!(アンコールワットの石の上で瞑想できました)

カンボジア孤児院ボランティア
アンコールワットの寺院の中を回ることはできないようですが、壁に彫刻された像を間近でみることができます。ガイドブックを持って行ってゆっくり時間をかけて観光してください。この街に滞在するかこそ、そんな贅沢な観光の仕方ができます。(注:アンコールワット遺跡群を回るのは有料です。)

もっと詳しくCEC海外ボランティアを知るために

  • 海外ボランティア資料

    無料郵送

  • 海外ボランティア問合せ

    お気軽にどうぞ

  • 海外ボランティア説明会

    全国4都市開催

HOMEプログラム情報

HOME海外ボランティア活動一覧