セブゴミ山でのボランティア活動

セブ最大のゴミ山でボランティア

600世帯が住む貧困地域

セブ市内郊外のイナヤワンには15.4ヘクタール(東京ドーム約3.2個分)の巨大なゴミ山があります。

1998年に開設されたこのセブのゴミの集積場は当初7年間の予定で事業が開始されたにもかかわらず、2015年にセブ市から閉鎖命令がでるまでの長期に渡りゴミが運び込まれ続けたために許容量をはるかに超えるゴミがたまりました。

セブ政府の政策方針変更で、2016年再開されてはまた閉鎖されるなど混沌とした政策のためにこの場所の環境問題はなかなか解決していません。ゴミ山からの悪臭のため、近郊の食堂などは経営がなりたちません。

ゴミ山には医療ゴミ(注射器など)や重金属の廃棄物などのゴミが持ち込まれることもあります。ここで生活し、仕事をする人たちの健康被害のリスクは計り知れないものがあります。

しかし現在およそ600世帯の家族がこのセブのイナヤワンのゴミ山のゴミで生計を立てています。

このゴミ山で働く人々をスカベンジャーと呼びます。スカベンジャーの仕事はゴミ山のゴミを分別し、業者に売って生活費をかせぐことです。

家族で集めるゴミ、たとえばダンボールは1KGあたり20ペソ、ペットボトルが1KGあたり40ペソ、金属で1KGあたり70ペソにしかなりません。
1日12時間働きその収入は1日200ペソ程度です。この収入はフィリピンの貧困ラインのはるか下の水準です。

本当に厳しい環境で生きるセブのゴミ山で生活する家族、その子どもたちのためにCECのセブ地域開発活動ボランティアの参加者のみなさんはここを訪問し、子どもたちへの食育、寄付活動をおこないます。

セブゴミ山ボランティア
子どもたちにパンの配給をします。

セブゴミ山ボランティア
日本から持ってきた玩具、衣服、文具などを寄付します。

セブゴミ山ボランティア
多くの子供達が学校に行っています。文具は大事な寄付になります。

ゴミ山ボランティア活動
とてもおしゃれな小学生の女の子が学校から帰ってきました。

セブゴミ山ボランティア
折り紙を寄付としてあげるだけでは使い方がわかりません。折り方を教えると子どもたちの学びになります。

セブのゴミ山で仕事をするスカベンジャーの家族から仕事や生活のお話を聞く機会をもちます。

セブのゴミ山には多くの家族が住んでいます。その場所に行ったことですぐに健康被害になることはありません。しかし、万一の環境や、感染のことも考え、長い時間の滞在はしていません。ゴミのニオイに敏感な方はマスクの着用をおねがいします。

イナヤワンは有名なゴミ山コミュニティです。ほんの少しの時間だけでも訪問し、そこに住む人々の様子を見ることでセブの社会問題を考える機会になります。ただし、強制的にこの場所にお連れするものではありません。ご自身の体調や気持ちのことを考えて難しい場合にはコーディネーターにお知らせください。

セブ>TOPICS

セブ>活動一覧

セブ>学生グループ紹介

もっと詳しくCEC海外ボランティアを知るために

  • 海外ボランティア資料

    無料郵送

  • 海外ボランティア問合せ

    お気軽にどうぞ

  • 海外ボランティア説明会

    全国4都市開催

HOMEプログラム情報

HOME海外ボランティア活動一覧