海外ボランティア活動支援のCEC

海外ボランティア オーストラリア

日本語ボランティア

1992年開始、オススメ海外体験

オーストラリア日本語ボランティア、これは日本語を使ってボランティアができる!そんなことを聞いて、本当にできるのかをオーストラリアに確かめに行ったのが、1991年のことです。ちょうどその頃は日本はバブルの好景気がまだ続いている頃で、ビジネスや観光の場面で日本語の需要が多くありました。そのため、オーストラリアの多くの小中高校では、日本語クラスが開講されていました。オーストラリアでは「日本語」を使って「人の為に役に立てる」そう確信してこのプログラムを始めてから毎年、多くのみなさんに日本語ボランティアとして活動していただいています。

オーストラリア海外ボランティア

オーストラリアをススメする理由

オセアニアは 英語圏の国としては日本語教育に対する情熱を強く感じる地域です。現在のオーストラリアでは、以前ほど多くの人が日本語を勉強しているわけではありませんが、それでもいまだに日本語学習者の人数は世界第4位で、欧米諸国の中では1位となっています。日本の学校と姉妹校になっていたり、毎年日本への修学旅行をおこなっている学校もあります。

せっかくアシスタントで行くのなら、充実した活動ができる場所に行きたいですよね。英語圏の国で日本語ボランティアするなら、オーストラリアでの日本語教師ボランティアを一番にお勧めします。

1日の流れ

時間 活動
7:00 起床・朝食 ※ステイ先の生徒と一緒に通学
8:20 学校に到着。授業の準備
9:00 授業(1コマ目、2コマ目)
11:00 休憩
11:30 授業(3コマ目、4コマ目)
13:30 休憩
14:00 授業
15:15 帰宅 ※ステイ先の生徒と一緒に帰宅
15:30 自由時間
18:30 夕食
19:30 自分の時間、家族と話したり勉強したり。23:00ごろ就寝

AUSの首都キャンベラ

このプログラムでは派遣先の地域が決まっています。場所はオーストラリアの首都、New South Wales州のキャンベラ(Canberra)となります。シドニーからバスで3時間ほどかかりますが、自然も多く、落ち着いた環境ですごすことができます。

オーストラリア海外ボランティア
オーストラリア海外ボランティア

活動中になにか困ったことなどがあったときに皆さまをサポートしてくれるのは、学校の先生とホームステイのファミリーです。それでも解決しないときは、コーディネーターのアナさんを頼ってください。現地に日本人スタッフは在中していませんが、CECのスタッフも、メールやLINE電話などでいつでもご相談にのります。学校やコーディネーターには相談しにくいことなど、お気軽にご連絡ください。 参加者感想文(CECスタッフ) 参加者の方

現地コーディネーター

派遣先学校を開拓し、学校と先生への受け入れ交渉をおこなってくれるのは現地コーディネーターのアナさんです。アナさんはご主人と共に長年オーストラリアの有名なウロンゴン大学でお仕事をしてこられました。その教育的なネットワークを利用して、このプログラムに参加する方々のために派遣先学校を探してくれます。 現在は本業をリタイヤし、ほとんどボランティアで、現地コーディネーターのお仕事をしてくださっています。そのため、プログラム費用を抑えて皆様にご案内することができます。

現地コーディネーターからのアドバイス

派遣先はローカルの小学校や中高一貫校です。学校やホームステイ先では英語でのコミュニケーションが求められるので、日常会話に困らない程度の英語力が求められます。ですが、もっと大切なことは、日本の文化や教育、生活習慣などについての知識を深めておくことです。

生徒たちはあなた方を通じて日本に対するイメージを作っていきます。また、参加者さんが良い活動をしてくださったら、その学校からは、またボランティアを派遣してほしいとリクエストが入り、次へと繋がりやすくなります。 英語に少々自身のない方でも、明るく、積極的に取り組む姿勢があれば大歓迎です。

オーストラリア海外ボランティア

滞在先・ホームステイ

AUSのホストファミリー

このプログラムでのホストファミリーは受入学校が責任をもって探してくれます。

オーストラリア海外ボランティア
オーストラリア海外ボランティア

ホームステイ先は、派遣先の学校の生徒のファミリーや、日本語の先生が受け入れ先となってくれます。そのため、通常の留学などに比べて、アットホームな環境での滞在となります。日本語や日本文化に興味のあるファミリーも多いので、コミュニケーションも取りやすくなります。今までの参加者さんからの評判も大変よく、多くの皆さまが日本に戻ってからも交流を続けています。