海外ボランティア活動支援のCEC

海外ボランティア モンゴル

モンゴル・日本語ボランティア

親日国で日本語教育

初めてウランバートルに訪問したときのことです。地理的に考えると、ロシアと中国に挟まれ、朝鮮半島(北朝鮮、韓国)に挟まれるような場所にあるモンゴルの人達の日本語力の高さ、ネットワークの素晴らしさ、日本語教育への熱い思い「これはぜひプログラムにしなければ!」そんな思いで2014年から日本語ボランティアを始めました。

モンゴル海外ボランティア

活動は通年可能です

冬は北海道並みの寒さです!それをたのしみましょう。 モンゴルのウランバートルの3月の気温はマイナス15-20度くらいと、日本に住む多くの人たちには考えられない程の寒さです。担当者は大阪に住み、真冬でも零度そこそこしか慣れていないので、マイナス20度と聞いて「生きていけるのか」心配しましたが、現地の日本人の人に聞くと、外は寒くても、家の中は暖かくしてあるので、大丈夫とのこと。それよりも、マイナス20度がどんなものなのかを是非楽しみに来たらよいと話していました。

日本語教育活動

モンゴルは1972年に日本と国交を樹立、1990年の民主化後には学習者が急激に増加しました。2005年にモンゴル教育文化科学省より「外国語教育スタンダード」が発表され、学習者中心のコミュニカティブな授業を実践するための指導が行われています。使用教材として『ひろこさんのたのしいにほんご』、『みんなの日本語』、『日本語初歩』等日本で出版された教材のほかに、モンゴルで開発された教材『できるよ 1~4』(モンゴル日本語教師会作成)、『わくわくにほんご 1~7』(青年海外協力隊員作成)等が使用されています。

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

BUDDY(お世話係の友人)となっていただいた大学の日本語学科のみなさん

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

活動先はその時期に受け入れしてくれる教育機関となります。大学、中高校、日本語学校などです。

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

モンゴルには貧困のために家族と暮らせない子供たちが集まって暮らす孤児院があります。

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

モンゴルには貧困のために家族と暮らせない子供たちが集まって暮らす孤児院があります。

もし、孤児院に興味あれば・・
現地コーディネーターに相談ください。過去何度か孤児院を見学しに行ったことがあります。ウランバートルの市内や郊外などに孤児院があります。 孤児院での活動もできるのですが、何か子供たちに教えていただけるようなことがあると活動しやすいです。ボランティア期間中に孤児院訪問体験

モンゴル日本語ボランティア

サンプルスケジュール
1 日本からモンゴルの首都、ウランバートルへ、到着後ホステルへ
2 午前:オリエンテーション 日本語学校(子供たちの日本語学校)を訪問
午後:現地モンゴル-日本交流センター(社会人向けの日本語研修校)訪問
3 自由行動
4 終日自由、一日観光などお楽しみください。(現地旅行会社ツアー利用)
5 午前:日本語ボランティア
午後:現地学生との交流 自由行動
6 午前:日本語ボランティア
午後:現地学生との交流 自由行動
7 帰国

モンゴル・宿泊先

ウランバートルの清潔なゲストハウス

滞在する宿舎はウランバートルの市内、大通りから少し入ったところにある清潔感のあるゲストハウスです。客室は十分な広さがあり、リビングルームも広く、快適に滞在できます。

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

滞在は原則2名一室ですが、同時期にほかに参加者がいない場合には料金追加無しでシングル利用していただきます。

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

滞在する人たちの多くはアメリカ、イギリスなどヨーロッパからの人たちが多いのが特長です。

モンゴル海外ボランティア
モンゴル海外ボランティア

全部の部屋を合わせて、およそ12名程度の人が滞在できるゲストハウスです。フレンドリーな雰囲気ので、安心して滞在していただけます。ゲストハウス独自でのツアーも行っています。