Srilanka Home Stay & Volunteer Programme

海外ボランティア スリランカ

HOME › プログラム紹介 ›スリランカホームステイ&ボランティア

スリランカでのボランティア活動プログラム

スリランカ孤児サポートボランティア

スリランカ孤児サポート宝石の島と呼ばれるスリランカの南、ゴール市周辺の町でホームステイをしながら森の中にある孤児院で、子供たちの世話をします。施設の要望として女性のみの受入となります。

スリランカ高齢者サポートボランティア

スリランカ高齢者サポート子供たちと同じ施設には高齢者の人たちも住んでいます。ここの施設なら子供たちとも、高齢者の人たちとも交流できます。日本語でのサポート体制が整っています。女性のみの受入

宝石のように輝く島、スリランカでゆっくり体験

スリランカは、現地のシンハラ語で「光り輝く島」の意味。その名の通りこの国は情熱的な太陽の下、どこまでも続くビーチ、トロピカルなフルーツと緑豊かな自然、そしてサファイヤ、ルビーなどの宝石の産地としてしられています。島の大きさは、およそ北海道と同じくらいです。

1948年2月に独立しましたが、それ以前にイギリスがこの島を統治している期間はここをセイロンとよばれました。有名なセイロン紅茶はこの島から採れた良質のお茶です。

このスリランカでユニークなプログラムを作成しました。ホームステイをしながらゆっくりと時を過ごすものです。時間をできるだけ贅沢に使い、人々の文化に触れてみましょう。孤児院でのボランティア活動も貴重な体験になります。

尚、基本的に日曜日のボランティア活動は行えません。 スリランカというお国柄、日曜日はあまり仕事をしないということと、 朝はミサがあり、その後子どもたちは日曜学校、 また、来客なども多いので、シスターたちが忙しいというのもあります。 どうぞご理解くださいませ。

街中に動物が
人間と共生

自然と共に、動物も人間と共生しています。

ビーチ

ヒッカデュア(地元)のビーチ

ゴールの灯台

ゴールの灯台

参加者の方からのお便り紹介

●スリランカの人はとってもフレンドリーで、すぐに仲良くなれます。何でも教えてくれるので、気になった事があれば積極的に聞いてみるといいと思います。(スリランカの自然や歴史について、学校の事など)

●ボランティア先ではシスターが指示するわけではありません。むしろほったらかしなので、自分で何が出来るかを見つけて積極的に動きましょう。

●スリランカでは、現地コーディネーターのスリヤンガさんとれいこさんが私達一人一人の要望を叶えられるように熱心になってくれるので、とっても安心です。

●スリランカの大自然はとにかく感動するし、癒されます。絶対、また行こうって思える素敵な国です。2週間、毎日を有意義に楽しんで下さい。

参加者レポートPDF
スリランカホームステイ&ボランティアプログラム参加レポート(1.56MB)
PAGE TOP