セブSLPC

みなさまから頂いた服を火事の被災地に届けてきました。

cebu

2014年3月にセブの貧困街で大きな火事が起こりました。その結果8000人の人たちが家を失い、多くの子供たちが住む場所をなくしました。上の写真は、以前は墓場でその場所に住人が勝手に家を建てて住んでいたのですが、焼け野原になりました。今回のセブ滞在の際に、この貧困層で子供たちのために活動をしている牧師に会いにいきました。

私達が約束の時間にいくと、牧師がサポートをするおよそ50人の子供たちが待っていてくれました。

cebu

服を渡しだすと、すごい勢いで子供たちが集まって、あっという間に大きなカバンの中の服がなくなってしまいました。でも、後で牧師が一人一着に限定して、わけあっていました。

cebu

残念ながら、すべての子供たちに服を渡すことはできませんでした(子供の数が多すぎて)が、それでも服を寄付していただいたことを子供たちに伝えると、口々にThank you と言ってくれました。ちなみに子供たちが座っているイスは、牧師の知り合いのアメリカ人の人が牧師の話を聞きにくる子供たちように寄付してくれたそうです。

cebu

お金を寄付していただいたみなさんからの義援金で、パンを200個買っていき、子どもと、家族に食べてもらいました。

cebu
cebu
cebu

パンはある程度余裕をもって買っていったので、子供たち、家族、そして周りの大人の人達にも食べてもらうことができました。いまこの場所はセブ市の新しい計画により大きく変わろうとしています。でもいくら変わっても子供たちの生活がすぐに良くなることはないでしょう。この牧師のように、人のために生きる人が絶対に必要な場所であることは変わらないです。できるかぎりこれからもこの牧師の活動をサポートしていきたいと考えています。

セブ>TOPICS

セブ>活動一覧

セブ>学生グループ紹介

もっと詳しくCEC海外ボランティアを知るために

  • 海外ボランティア資料

    無料郵送

  • 海外ボランティア問合せ

    お気軽にどうぞ

  • 海外ボランティア説明会

    全国4都市開催

HOMEプログラム情報

HOME海外ボランティア活動一覧