海外ボランティア活動支援のCEC

海外ボランティア インドネシア

孤児院

ジョグジャ日本語&子ども支援

春夏休みグループ日程・通年もOK

インドネシア、ジャワ島にある古都ジョグジャカルタ。日本語ボランティアと子どもの支援活動、そして世界遺産を体験しませんか?いつでも参加可能ですが、春夏休み時期のグループ日程ではお得に参加頂けます。活動先へは送迎しています(送迎費用含む)。

 

  • 日本語ボランティアにおすすめ

  • 日本語を学ぶ現地大学生との交流

  • 孤児院で日本食料理パーティー

  • ホテル滞在、朝食付

  • ボロブドゥール遺跡などの世界遺産群の観光

サンプルスケジュール

現地5泊のスケジュール例。参加日程に応じて、活動可能な施設を手配してスケジュールを組みますので、目安とされて下さい。

 

1日目(月)

ジョグジャカルタ到着

*前日夜に日本を出発することもあります。

ボランティア活動先へ挨拶、ホテルへ

*ご到着が夕方以降の方は挨拶へはお連れしません。

2日目(火)
午前:市内観光 午後:孤児院、小児がん施設
3日目(水)
午前:市内観光  午後:日本語
4日目(木)
午前:日本語(またはユニークな学校) 午後:日本語、孤児院
5日目(金)
終日:世界遺産のボロブドゥール遺跡、プランバナン遺跡を観光
6日目(土)
自由行動、飛行機に合わせて空港へ(翌日帰国)
ご確認下さい

*スケジュールにある市内観光やボロブドゥールやプランバナン遺跡への現地交通費は参加費用に含まれます。この観光にかかる入場料、体験料は自己負担です(1ケ所約150~4000円程度)。

*ボランティア活動先への交通費は含まれます。

*ホテル滞在中は朝食付。昼・夕食代は自己負担(一食約150円~)。

*日曜日、現地祝祭日が重なる場合はボランティア活動はお休みで自由行動。オプションで観光を楽しまれたり、リフレッシュされて下さい。

*6泊以上される方は活動回数が増えるイメージです。

プログラム内容

日本語ボランティア、子ども支援ともに活動先はいくつかあります。

 

皆さまの参加日程に応じて、活動可能な場所を手配してスケジュールを組みます。孤児院を多く訪問したいなど訪問先のリクエストがある方はお知らせ下さい(現地へリクエストを出しますが、約束するものではありません)。

 

日本語ボランティア(例:塾、大学、高校)

いくつか活動可能な場所があります。ボランティア活動内容は授業のアシスタントです。会話練習、正しい発音、個別にフォロー、質問をし合う、ディスカッション、文法、例文作成、書き順など。

 

さらにお楽しみとして、10分程度など日本文化や日本語の紹介ができると喜ばれるでしょう。

 

日本語学習塾

開講クラスにより、午前または午後に日本語ボランティアを行います。活動は1~2時間程度。土日はお休みです。日本語ボランティアでは日本語塾での活動回数が多めになります。

 

趣味などで日本語を学ぶ人が通う日本語塾では、約50人の生徒さんが勉強に励み、その多くが大学生です。先生は約10名在籍しており、皆さまインドネシア人で、日本人ボランティアのヘルプを楽しみにしています。生徒さんのために「実際の日本語を教えて欲しい」と何度も話されていたのが印象的です。

 

ジョグジャカルタ

 

ここでは週に1度は運動の日(バドミントン)、月に1度は料理会を開催してたこ焼きや焼き餃子などの日本食を楽しんでいます。訪問の際に、日本の料理を振舞って交流して頂くと喜ばれるでしょう。

 

ジョグジャカルタ

 

日本留学やインターンシップ(ホテルや農業など)などを目的にする日本語塾では約60名、20代前後の方が多く通います。1ケ月程度でひらがなやカタカナの読み書きができるようになるそうです。

 

そして約6ケ月間ここで勉強をしてから、日本へ行くとのこと。ディスカッションを通して、日本の役立つ情報を教えて頂けると良いでしょう。

 

ジョグジャカルタ

 

日本語塾ではお楽しみとして、皆さまが先生となって日本語や日本文化を紹介して頂くこともあります。日本語教師の経歴がある方には授業を少しお任せすることもあるかもしれません。

 

大学の日本語クラス

某国立大学の日本語学科のクラスに参加して頂きます。1回90分の授業。参加頂くクラスは皆さまの参加日程により変わります。6~8月、12~2月など大学のお休みやテスト期間中は参加できません。

 

UGM

 

写真左は3年生のクラス。テーマに沿ってフリートークをしました。話題は恋愛事情から古事記まで多岐にわたり、ディスカッションを通して会話や発音の練習を行い、互いの文化を知る機会にも繋がりました。生徒さんは日本についてよく勉強されています。

 

この大学はインドネシアトップ3に入る国立大学で、日本からも留学生が数十名来ています。訪問の際には大学の学食も体験してみましょう(写真右)。1食約100~200円です。

 

地元の高校

第二外国語として日本語を学ぶ高校が多くあります。日本語の授業や放課後の日本語クラブで生徒達と異文化交流をします。週に1回程度、夕方に行います。

 

ジョグジャカルタ

 

6~7月中旬、12月下旬~1月上旬など学校のお休み期間中は参加できません。

 

日本語学習が多いインドネシア

インドネシアでは多くの方が日本語を学んでいます。日本語ボランティアの際にはお勧めのレストランや観光スポットを教えてもらったり、役立つ情報やリアルな日本を伝えたりして仲良くなり、良き友人となられてください!!

 

インドネシアの日本語ボランティア

 

子ども支援(例:孤児院、小児がん、学校)

いくつか活動可能な場所があります。事前に何をするか計画し、準備をお願い致します。

 

孤児院(中学生以上の子ども)

インドネシアにも生活に困り、家族が一緒に暮らすことができず孤児院で暮らす子供たちがいます。

 

子どもたちの年齢層は、中学生~大学生くらい。午前中は子供たちは学校に通学していますので、活動は午後です。子ども支援では孤児院の活動回数が多めになります。

 

ゲームや料理パーティーなどを計画して異文化交流を行って下さい。もちろん皆さまの身近な日本文化を紹介して下さっても大丈夫です。子供たちが自尊心を高めることができるような内容でお願いします。子どもたちは皆さまの訪問を楽しみにしています。

 

ジョグジャカルタ

 

学校の長期休暇やお正月時期などには一時的に親元へ戻る子供たちがおり、数が少なくなります。

 

小児がん施設

赤ちゃん~高校生くらいの小児がんを患う子供たちが約15名、家族と一緒に暮らしています。小児がんの子供たちに元気になって欲しいという思いから作られた施設です。

 

定期的に病院へ行くなどここで様々なケアを受けることができます。施設に入る時は手を消毒して、スリッパをはきます。子どもたちへの食事の持ち込みは制限されています。

 

ジョグジャカルタ

 

ボランティア活動の対象は主に就学前の幼児。平日は約5名程度、30~60分程度の活動。

 

基本は絵本の読み聞かせ、折り紙、塗り絵などをメインに、プラスアルファで何か計画、準備をお願いします。絵本の場合は現地スタッフが翻訳してくださる予定ですが、翻訳可能な方は翻訳を付けてプレゼントしてください(写真右参照)。もちろんご希望に応じて、身近な日本文化を紹介して下さっても大丈夫ですが、事前にお知らせ下さい。

 

ユニークな学校(保育園~高校)

田んぼに囲まれた場所に保育園、幼稚園~高校まで有する学校があります。生徒数は約100名。

 

ここでは子供の自主性を大切にしており、ファシリテーターの元、遊びの中で多くのことを学びながら、自己の表現方法、問題解決能力、自己肯定感などを育てています。基本的に形式的な授業は行われていないそうです。

 

ジョグジャカルタ

 

学校は8:00~13:00頃までやっています。活動時間は1時間程度、未就学児が対象です。ボランティアの訪問は子どもたちにとって「外国人とのやりとり」を学ぶ機会となります。

 

ゲーム、折り紙など日本を知ってもらえるような内容を計画し異文化交流を行って下さい。

 

ジョグジャ文化を知るための現地観光

ジョグジャカルタ特別州には深い歴史と独自の文化があります。現地のことを知ってもらえるように、世界遺産や市内観光にもお連れしています。詳しくは現地コーディネーターが人数や時期に応じて考えてくれています。何か希望がある場合は現地にてご相談下さい。

 

ジョグジャの魅力

 

活動先へは送迎します

ボランティア活動先や既定の観光へは送迎します。この現地交通費は参加費用に含まれています。ただし、観光にかかる入園料などは自己負担です(1ケ所あたり、150~4000円程度)。なお、参加者がお一人の場合などは、一部バイクを利用することもあります。

 

オプションで田舎ホームステイ体験も(2泊)

オプションとして、2泊の田舎ホームステイプログラムができます。田舎の村で、ジャワスタイルホームステイをしながら農作業や地域体験をしてみませんか?プログラム参加前に2泊程度体験されるのがお勧めです。

 

ジョグジャカルタ

 

自由行動

日曜日やボランティア活動の合間などを利用して、自由に観光にでることもできます。自由時間に行う観光はオプションになるので、別途費用がかかります。複数人いる場合は格安になったりします。詳しくは現地到着後に現地コーディネーターへご相談下さい。

 

日本語堪能な現地コーディネーター

インドネシア人の現地コーディネーター(フィトリさん、女性)。こちらのページで詳しく紹介しています。

 

コーディネーター

 

このプログラムの手配を行ってくれ、より濃いプログラムになるように色々考えてくださっています。フィトリさんが手配するスタッフにがご案内することもあります(日本語対応可能)。

滞在先はホテル

ジョグジャカルタ市内のビジネスホテルでの滞在。市内の繁華街・マリオボロ通りまではバイクタクシーで10分ほど。

朝食、基本的なアメニティ、wifiなどがついています。徒歩圏内にはスーパーマーケットや食堂などがあります。

 

ホテル

 

同時期参加者がいる場合、基本は1室を2名でシェアします。

現地受け入れ可能日

グループ日程(春夏休み・2021年)

現在、新型コロナウィルス感染拡大により、プログラム再開の目途が立っていません。再開できる状況になりましたら、HPにてお知らせいたします。

 

*参加者がお一人でも催行します。お一人がご不安な方は事前にお申込状況をお問い合わせ下さい。
残席情報確認へ


いつでも参加可能(上記日程外)

 

お好きな日程でいつでも出発できます。随時受入できます。ただし、月曜日に現地到着がスムーズ。

 

*ラマダン時期は受入していません。
*平日を中心にスケジュールを組んで頂くとスムーズです(日、月、火曜日に現地到着など)。

 

参加費用

ジョグジャ日本語&子ども支援プログラム

 

グループ日程(春夏休み)

 

現地5泊 68,000円 税込74,800円 (2名以上 63,000円 税込69,300円

 

いつでも参加可能(上記日程以外)

 

現地5泊 78,000円 税込85,800円 (2名以上 68,000円 税込74,800円

 

*朝食付 *wifiあり (現地wifiレンタルもあり)
1泊から延泊手配ができます。6泊目以降、日・祝日や最終日は自由行動で(ボランティア活動なし)、土~月曜日にかけて1泊などになる場合は、延泊費用は1泊あたり4000円税込4400円(2名以上 3000円税込3300円)。月~土曜日にかけて1泊は原則ボランティア活動を手配(活動先への送迎費用込み)させて頂きますので、延泊費用は1泊あたり10,000円税込11000円(2名以上 8500円税込9350円)。
田舎ホームステイ体験(2泊)をする場合は別途費用が必要です。25000円税込27500円(2名以上 22000円税込24200円)。

*括弧の値段は、2名以上で申込み頂いた場合のお1人あたりの参加費用です。同室、同行程の場合に限ります。

 

参加費用に含まれるもの

 

●現地滞在のホテル宿泊費用(朝食付)
●ジョグジャカルタの空港からホテルまでの往復送迎費用
●初日の同行費用
●ボランティア活動先への現地交通費 
●既定の市内観光とボロブドゥール、プランバナン遺跡の1日観光 
(※観光にかかる入場料、体験料金などは自己負担(1ケ所約150円~4000円)
●ボランティア参加証明書の発行
(ご希望の方はご帰国後にご連絡下さい)


参加費用に含まれないもの

 

●往復航空券費用
(大体6~12万円ほどが目安。CEC提携の旅行会社を通じて予約、または個人手配頂くことができます)
●観光の際にかかる入場料、体験料金など(1ケ所あたり約150円~4000円)
●昼・夕食代 (一食約150円~)
●個人的なお小遣い、オプションの観光費用などの個人的雑費(約15,000~30,000円が目安)


※現地Wifiレンタルができます。現地にて費用をお支払い頂く形です。

 

割引のご案内

早割り:出発日より3ヶ月以上前のお申し込みで4,500円、2ヶ月以上前で3,000円の割引適用。
リピーター割引:以前CECのプログラムに参加された方は、その旨ご連絡ください。特別料金をご案内いたします。
組み合わせ割引:バリ島+ジャワ島で組み合わせると20,000円の割引適用。詳しくはオプショナルプログラムをご確認下さい。

※上記の各種割引が2つ以上当てはまる場合は、一番割引率の大きいものを一つ適応させていただきます。モニターなどの特別料金のプログラムには適用できません。
※インドネシアのプログラムでは「ご一緒参加割引」の適応はございません。2名以上でお申込みの場合は括弧内の料金です。 

 

参加条件

●18歳以上の男女。20歳未満の方は保護者の同意を得て参加いただけます。
●異文化を享受できる方

●高校生の参加は、ご友人や同時期参加者が2名以上いらっしゃることが条件です。

ジョグジャカルタのプログラムを知るために

写真や参加レポートを更新中

今まで参加された方達から多くの参加レポートを頂いています。

 

インドネシア専用のInstagramで最新情報をチェック。

 

LINEでお問合せ(インドネシア専用)

弊社アカウントの友達追加をし、自動応答メッセージに沿ってご連絡下さい。お問い合わせだけでなく、お申込後はご出発までのやりとり、緊急連絡先の1つとして活用しております。インドネシア専用窓口となりますのでご注意下さい。

LINE

 

説明会や個別カウンセリング

説明会に予約、参加(東京、大阪など)

電話カウンセリング(お電話は事前予約がスムーズ)

メールでお問合せ

 

お申込みの流れ

1.WEBよりお申込み
2.自動返信メールの内容を確認
3.お申込金のお振込み(プログラム費用に充当)
4.各お手続きを進める(自己紹介フォーム提出や航空券予約など)

 

ご希望のご出発日の3~4週間前までにWEBからお申込みをお済ませ下さい。

 

申込フォーム