Volunteer in Bali Island

海外ボランティア バリ島(インドネシア)

HOME › プログラム紹介 › 文化体験と観光

文化体験と観光

伝統文化と観光地の魅力、バリ島

インドネシアのモットーは「多様の中の統一」と言われています。古くから多民族、多文化社会で、植民地支配や独立運動など様々な影響を受けながらそれぞれ独自の文化を発展してきました。その中だからこそ、バリ島は独自の文化を発展してきたのでしょう。
植民地時代にヨーロッパ諸国に観光地として注目され始めると、観光地化が進み、今では世界中から観光客が集まるところになりました。

バリ島のプログラムでは「ボランティア×文化体験×観光」の体感をコンセプトに企画しています。
参加頂く方の興味、関心に合わせて「ボランティア×○○」、例えば、「ボランティア×マリンスポーツ」、「ボランティア×ヨガ」など・・・というふうに組み合わせてください。せっかくバリ島までいくのだから、ボランティアの合間にバリ島ならではのことを楽しんで頂きたいと考えています。
どのようなことができるのか、過去の参加者やスタッフの体験をもとに、いくつか紹介させて頂きます。なお、これはCECが企画しているものではなく、現地コーディネーターが手配をしてくれているものです。

文化体験

バリ島の深い文化、習慣の多くは観光資源として魅了されています。、滞在するにあたってはこれらを知っておくことが大切です。文化体験は、気軽に参加し、体験して頂くことができます。

お供えものお供えものプルメリア
多くの方がバリヒンドゥー教を信仰しており、生活や思考の基盤となっています。
1日2回、お祈り、そしてお供え物を置くのがこの島のシキタリです。お祈りを終えた人は頭や耳に花をのせて(?)います。

お祭り彫刻
(左)島内には、たくさんのバリヒンドゥー教の神々の石像、寺院があります。毎日どこかでお祭りが行われていると言われています。また、満月の日には多くの人が寺院を参拝します。参加者もお祭りへ参加することができます。宗教儀礼は教えてもらえます。貴重な体験になりますよ。
(右)バリ彫刻体験の様子です。

シルバーアクセサリーガムラン
シルバーアクセサリー作りの様子です。本格的な機械を使って作ります。好きなものを作ることができ、作ったものは記念として、持って帰れます。右の写真はガムランボールです。これも作ることができます。
ちなみに、ガムランとは、打楽器、笛、太鼓などを使ったバリ島の代表的な音楽のことです。バリ島の街を歩けば、どこからか聞こえてき、異次元へと誘われる音色です。

ケチャヨガ
(左)伝統舞踊の1つケチャの様子です。伝統舞踊もガムランなんです。
(右)ヨガ体験の様子です。緑に囲まれたオープンな場所でのヨガはバリ島でしかできません。

絵画アントニオブランコ
(左)バリ島の絵画体験の様子です。描いた絵は記念に持って帰れます。
(右)バリ絵画の歴史は深いです。バリ島の芸術は各美術館で存分に感じることができます。ちなみに、バリ島担当者のお勧めは、バリのダリとも言われるアントニオ・ブランコ美術館です。

アシタババリ料理
(左)アタのつる工房での工芸体験です。いつもは1~2時間かけてコースターを作っています。細かい作業が必要になり、なかなか大変ですが、出来上がった時は感動です。記念に持って帰れます。
(右)バリ料理教室の様子です。皆さんのご希望に応じて、作り方を教えてくれます。必要があれば買い出しにも行きます。インドネシアの代表的な料理には、ナシゴレン、ミーゴレン、サテなどがあります。

織物織物
はた織りの様子です。完成に1年かかることもあるそうです。バリ島の刺繍や織物などもまた1つの文化として存在し、インドネシア独自の作品を展開しています。体験もできますし、お土産にもなりますよ。

衣装伝統衣装サロン
伝統衣装を試着することができます。左はバリ舞踊スタイル、真ん中は正装で、現地の方々はお祭りの時に着ています。
右は寺院参拝の際に腰にまくサロンです。寺院は神聖な場所なので、観光客であっても最低限のマナーとして腰にまきます。

バリコピバリコピ
コーヒーの文化も独自に発展してきました。バリコーヒーは、コーヒーの粉がカップの下に沈んでいるので、上澄みだけを飲みます。コーヒー豆作りの第1段階から見学、体験することができ、試飲することもできます。

さまざまな観光

バリ島の経済を支えている主な産業は観光業です。さまざまなオプションツアーが用意されています。
現地コーディネーターは観光業に精通していますので相談やオプショナルツアーの手配のお手伝いもしてくれます。ツアーによっては事前にご自身で予約をしておいた方が良いものもあります。

bananaパラセーリング
多くの方が体験されることは、マリンスポーツです。バナナボート、パラセーリングなど多くのメニューが用意されています。このほか、サーフィン、ダイビングを楽しまれた方もいらっしゃいます。

salt_kusanbasalt_kusanba
観光地化されていないアグン山麓のクサンバ村。ミネラル豊富な天然塩が作られています。隠れ名物と言われているとかいないとか。簡単には手に入らないそうなので、是非、クサンバまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

jitensyacafe
自転車を借りることができます。街を散策したり、田園風景を眺めめながらゆっくりカフェをすることもできます。

agunzanbusaki
少し足をのばすと、キンタマーニ高原へ行くことができます。標高が高いところにあるので、バリ島とは思えない涼しさです。バリ島で一番標高が高いアグン山や湖が望めます。この景色を見ながらランチをすることもできます。さらにのぼると、バリヒンドゥー教の総本山と言われるブサキ寺院があります(写真右)。とても神聖で、とても神秘的な場所で、行けば必ず何かパワーを感じるところです。

umi棚田
(左)天気が良ければ、夕陽をみながら海鮮ディナーをすることができます。
(左)観光スポットでなっている棚田です。ちなみに、バトゥカウ山保護地区とペクリサン川流域の棚田の景観はユネスコの世界遺産に登録されています。

ラフティングトレッキング
(左)バリ島のラフティングは本当にスリルまんてんです。10キロ以上の川を下るツアーがあります。
(右)バリ島らしい緑の風景を存分に体感しながら進むトレッキングです。写真にある今にも壊れそうな橋(?)は危ないので渡りませんよ。

borobuduruborobuduru
インドネシアは約17000以上の島から成っています。バリ島以外の島を訪問するのもありでしょう。日帰りからさまざまなツアーがあります。写真は、ジャワ島にある世界最大級の仏教寺院・ボロブドゥール遺跡です。ユネスコの世界遺産に登録されています。

<バリ島にも世界遺産があります!>
★2015年に無形文化遺産として、9種類のバリ舞踊が登録されました。チャンスがあれば観光客が鑑賞できるものもあるそうです。
・ルジャン舞踊 ・サンヒャン・ドゥダリ舞踊 ・バリス舞踊 ・トッペン仮面舞踊 ・ガンブ―舞踊劇 ・ワヤン・ウォン舞踊劇 ・レゴン・クラトン舞踊 ・ジョゲッ・ブンブン舞踊 ・バロンケット
★2012年に下記の水利システムに関連したエリアが文化遺産として登録されました。いわゆる棚田に関連したものです。是非訪れてみたいですね。
・ペクリサン川流域のスバック景観 ・バトゥカク山保護地区スバックの景観 ・ウルン・ダヌ・パトゥール寺院 ・バトゥール湖 ・タマン・アユン寺院


エコな生活を通じてボランティアに結びつける

バリ島の人たちの環境に配慮した生活を見ていただきたいとおもいます。たとえば、年中暑いバリ島ですが、現地の人たちは日本ほどエアコンを使いません。それは家の作りや、衣服などの工夫でできるだけ涼しくすごせるスタイルを変えていないからです。

日本でも数十年前にはごく普通に行われていたものですが、今はかなり生活スタイルが変わってきています。バリ島の人たちの生活をみながら、日本の昔のよさを再認識していただく機会もあると思います。帰国後、バリ島の人たちの生活の仕方を周りのひとに伝えましょう。環境のための小さなボランティアになるでしょう。

エコ

instagram

PAGE TOP