海外ボランティア活動支援のCEC

海外ボランティア セブ島

eigo

英語をユニークに学ぶ

私たちCECはフィリピンの貧困世帯の子供たちの教育支援に関わっていますが、高校を卒業するころの子供たちの英語力には本当に驚きます。最新の英語の歌も上手に歌います。どうやったらあんなにうまくなるのだろうと思います。

しかし、皆さまに知ってほしいことは彼らは必要があれば英語でやり取りできるというだけで、アメリカ人と同じように毎日の暮らしの中で英語を使っているわけではありません。

フィリピンの人たちも英語を学んでこんなに上手になったのです。英語を学ぶにはネイティブから学ぶより、自身が勉強して上手くなった人から教えてもらうことが上達につながります。だからフィリピンの英語上級者は英語の先生に適任です。

セブ海外ボランティア

ボランティア+英会話の時間

セブ島で、ボランティアと英語を両方しっかり体験してみませんか?
ボランティア+「英会話の時間」を募集します。一回の受入を3名様までとさせていただきます。このプログラムの特徴は通常のボランティア活動プログラムとは違い、TESOL(英語を教える免許)を持つスタッフや大学で教育学を学ぶスタッフと英会話を楽しむ時間を設定し、英会話に慣れる機会を作ることをねらいとしたものです。語学学校が提供する英語研修ではありません。

英会話の時間 1回2時間 一度に最大3名様までの少人数制です。 
この英語授業は土曜日曜、そして終日自由行動の日を除く平日に行います。また到着日と帰国日も提供できません。平均週に3回のレッスンになります。

参加受入日 
原則として、通年受け入れ可能です。お問い合わせください。
(繁忙期は土曜日ご出発でお願いします)

※英会話の時間は、CECの英語堪能な現地サポートスタッフが行います。初心者-中級者向けの方に参加いただくのが良いでしょう。会話の中でフィリピンの文化などを学びます。できるかぎり多くの時間を「話す」ことに着目した形の時間を提供できるようにします。セブ滞在中に「たくさん英語を話す機会があったなあ」と思っていただけるような、充実した時間をもてるように、現地スタッフ努力します!

申込ページでは「英語レッスン付きボランティア」を選んでください。 ※この「英会話の時間」は語学学校でのレッスンではありません。 語学学校での留学をご希望の方には無料でセブの語学留学手配を行います。くわしくはセブ留学サイトのページをごらんください。

セブ英語とボランティア
2週間の場合のスケジュール(英会話の時間を設定した場合のサンプル例です)
英会話の時間はボランティア活動の内容により、午前ではなく、午後に行うこともあります。

    午前  午後
1 日本各地からご出発 到着時の出迎え、オリエンテーション
2 オリエンテーション ボランティア
3 英会話の時間 ボランティア
4 英会話の時間 ボランティア
5 終日自由行動 終日自由行動
6 英会話の時間 ボランティア
7 英会話の時間 ボランティア( 1週間参加の方はこの日が帰国日になりますので、英語、ボランティアはありません。)
8 準備、集合 ボランティア
9 準備、集合 ボランティア(または終日自由)
10 英会話の時間 ボランティア
11 英会話の時間 ボランティア
12 終日自由行動 終日自由行動
13 英会話の時間 ボランティア
14 帰国の途へ  

※ ボランティアの活動が午前中にある場合には、英会話の時間は午後になります。

セブで海外ボランティア
※ ボランティア活動は同時期に活動している他の日本人参加者の方と複数で一緒に活動いただきます。活動場所は墓地スラム、山村集落、市内のスラム地区などでの活動となります。

セブ・ボランティア+英会話の時間  参加費用と詳細

参加されるセブのボランティアプログラムの料金に、一回あたりの語学研修費用が2,500円かかります。たとえば、春休みの1週間プログラムに参加される場合、6泊 67,650円 のプログラム費用ですが、3回の英語研修を受けた場合7,500円が加算され、合計金額は75,150円となります。参加される時期によりプログラムの料金がことなるため、見積もりします。お問い合わせください。現在為替相場で日本円が急落しているため料金が少し変更される可能性があります。

参加費用に含まれる項目

現地到着時の、セブ国際空港から宿泊施設までの送迎

帰国時の宿泊施設からセブ空港までの送迎

宿泊施設の滞在費用(1-2名同室、原則食事はありませんが、宿舎により朝食が付く場合もあります。)

規定の英会話の時間 1回の英会話の時間は最大3名までの少人数制、一回の時間は2時間です。開催場所は滞在するホテルのカフェなどを利用します。

●期間中の滞在はホテルになります。ご出発前にお知らせいたします。1部屋2名滞在となります。

現地オリエンテーション

滞在期間中の現地でのサポート

●サポートは現地フィリピン人コーディネーターになります。英語が堪能です。

参加費用に含まれないもの

セブまでの往復航空券 

食事は1日およそ 1500円程度 (スーパーマーケット利用の場合はもっと安くつきます。)

現地交通費 (宿泊先から施設等まではタクシーを利用します)

海外旅行保険加入費用

ビーチリゾート等、観光地費用

宿泊施設は大事なポイントです。

海外の滞在を安全に、そして快適に過ごすためには参加期間中の宿舎は大事な要素です。
治安や衛生環境などが安心でき、ゆっくり休めることができるホテルを利用します。

Accommodation

セブ市内でボランティア活動中に滞在するホテルは 現地コーディネーターと信頼関係が有り、安心して滞在できる宿舎です。

セブ海外ボランティア
セブ海外ボランティア

宿泊するホテルには温水シャワー、エアコン、テレビがついています。部屋は二人部屋をほかの参加者とシェアすることが一般的ですが、希望により追加料金をご負担いただきシングルルームに変更することも可能です。セブに関してのコロナ対策