海外ボランティア活動支援のCEC

海外ボランティア セブ島

幼稚園ボランティア

新型コロナ感染の時期はしばらく施設(孤児院、幼稚園、学校等)での活動はひかえます。地域開発活動が中心となります。ご了承ください。

セブ市内の幼稚園

セブ市内の児童施設はプライベートの保育園(モンテッソーリ教育など行っている)や教会が運営する保育園、幼稚園、そして公立の小学校の付属幼稚園など多くの種類があります。このページでは保育園も幼稚園も総称して「幼稚園ボランティア」と呼ばせていただきます。

セブ海外ボランティア

幼稚園でのボランティア活動

フィリピンの幼稚園は義務教育

フィリピンでは幼稚園の最終学年が義務教育です。まだまだ小さな子供たちですが、カリキュラムに合わせていろんなことを学んでいきます。

2013年から教育制度が大きくかわりました
そこで、フィリピン政府は基礎教育の拡大に動き出しました。新たな制度は中等教育を2年間上積みし、さらに5歳児(Kindergarten、日本でいう幼稚園年長組)から公的教育を開始するK+12制(幼稚園1年間、小学校6年間、中学校4年間、高校2年間)としました。 Kとは幼稚園のことで、小学校に上がる前の1年間、すべての子どもは幼稚園に通わないと小学校に入れなくなりました。これはフィリピンの教育機関の発表によると、小学校前に幼稚園に通った子どもは小学校で中退する確率が下がる、つまり「小学校に6年間しっかり通い続け、卒業できるようにするためには幼稚園での教育が大切だ」という考えから来ています。

幼稚園の教育過程の目的

①対話(読む・聞く・話す等)
②数量(数、形、大きさ、簡単な足し算引き算等)
③知覚(身体、動物、植物、音、光等の特徴を五感で知覚)、
④社会性・感性(健康的な生活習慣、着衣、食事、共同生活のルール等)
⑤運動・創造性(体育、芸術、音楽等)が柱となっており、指導言語としては、フィリピノ語及び英語が中心となっていますが、地方語での指導も認められています。

幼稚園活動

セブ海外ボランティア
セブ海外ボランティア

保育園ではまだ勉強を教えることはしません。子どもたちと一緒に遊びながら、時間の観念や、整理整頓、ものを考えさせることなどを目的としているようです。

セブ海外ボランティア
セブ海外ボランティア

フィリピンでは2014年から幼稚園の最終学年が義務教育になりました。まだまだ小さな子供たちですが、カリキュラムに合わせていろんなことを学んでいきます。セブ市内のプライベート幼稚園 この日は国連の日ということで、お母さんたちが作った衣装をきて舞台でファッションショーをするというイベントでした。

参加者からの声(例)

参加の動機:海外の子供達と関わってみたかったため

滞在先に関して: 小さな部屋でしたが、きれいでした。TVも映り、日本のNHKも入るので、夜も暇じゃなかったです。お風呂とトイレがせまかったので少し使いにくかったです。

ボランティア活動に関して: 9:30スタートなのでそれまでに行きました。曜日によって、英語、セブ語、数字、宗教などがわかれており、先生が黒板に書いた文字を自分のノートに書き写す授業でした。

子供は、まだ小さいので、手をとって一緒に書いたり、スペルを言って子供が書けるようにヘルプする。宿題をチェックしたり、連絡ノートに今日何をしたか、明日の予定など書き込みました。一人、障害がある子が(私が見る限りでは、自閉症か多動児ですが、認定されてるわけではない)すごく落ち着きがないので、歩き回らないように見ている。

 

感想:年齢は、3歳から5歳なのですが、小学校のように勉強ばかりです。でも、小さすぎて集中力もないので、途中からお遊びをするようになりますが、先生も何も言わないので一緒に遊んでいました。

私は英語もセブ語も全くできませんでしたが、子供たちはとても人なつっこいのですぐに仲良くなれます。先生もとてもやさしくて、いつも笑って迎えてくれました。私は午前中しか活動しなかったのですが、お昼からはもう少し大きな子供達がきているようでした。

 

フィリピン(セブ)に関して:大きなショッピングモールがたくさんあり、路上生活者もそれほど多くはなかったので、「貧しい国」という雰囲気ではなかったです。アラヤ、SM、ロビンソンなどのモールでは見ているだけで楽しかったです。

持ち物に関して:日本から用意して役に立ったものとしては、洗面器(洗濯用にした)、ビーサン(外出用、室内用)デジカメ、洗濯干し、本など。虫除けスプレーは部屋に蚊はいなかったので必要なかった。

 

その他:とにかく暑いので、日焼け予防のものは必需品です。ボランティア先まで歩いて30分くらいだったので、私は歩いていましたが、ジプニーでも簡単に行けます。ジプニーは乗るのが難しそうですが、行ってすぐに乗り方をコーディネータさんに教えてもらいながら乗るので心配ないです。

両替は、千円単位でするのと、万単位でするのとではレートが違う場合があるので確認をしたほうが良いです。私は千円単位でしかしてなかったので、ロビンソンマート近くのマンゴースクエア内でしていました。そこはレートが同じでした。ホテルからも一番近いです。

ネットはゴールデンピークホテルの近くのバイク屋の横にある所が安くて日本語OKでした。またに高く言うので「え!60!?」とか驚くと安くなります。ジプニー6ペソ、水(500ml)8から12ペソ、フルーツシェイク20から40ペソ、ご飯50から150ペソ、ネット25ペソ/1h、服や靴も安かったです。

PDF参加感想文1 PDF参加感想文2 PDF参加感想文3

宿泊施設は大事なポイントです。

海外の滞在を安全に、そして快適に過ごすためには参加期間中の宿舎は大事な要素です。
治安や衛生環境などが安心でき、ゆっくり休めることができるホテルを利用します。

Accommodation

セブ市内でボランティア活動中に滞在するホテルは 現地コーディネーターと信頼関係が有り、安心して滞在できる宿舎です。

セブ海外ボランティア
セブ海外ボランティア

宿泊するホテルには温水シャワー、エアコン、テレビがついています。部屋は二人部屋をほかの参加者とシェアすることが一般的ですが、希望により追加料金をご負担いただきシングルルームに変更することも可能です。セブに関してのコロナ対策