海外ボランティア活動支援のCEC

セブへの思い入れ

衝撃的な出会い

まず、私(池頭)がセブの子どもたちを応援するキッカケになったストーリーをご案内します。 2006年 セブの子どもたちと初めての出会いがありました。 セブの旅行中に市内の教会の前で、まだ小さな妹を抱いている少女が私にロウソクを売るために近づいてきました。ストリートで子供が物売りをしている&幼い子供の世話を同時にしている姿が印象的で私は思わず「写真を取らせてほしい」と少女に頼みました。

  • 2006年、初めてあったストリートチルドレン

  • 現在4人の子供たちの母親です。

  • EMSは彼女の子供の教育サポートを続けています。

ロウソクは教会で礼拝する人達に売っています。妹や弟の世話をしながら、必死にロウソクを売っていました。わたしにも売りつけにきたのですが、これがその時の写真です。この少女に住所を聞いて、セブ市内でプリントした写真を送ったのですが、結局わたしが送った写真はこの姉弟には配達されませんでした。もともと住所など持っていなかったのです。書いてくれた住所らしきものは、なんだったのでしょう。

この時に撮った写真が奇跡を起こしました。出張報告としてWEBにこの写真を載せて公開したところ、個人的にずっとこの子達の支援をしている当時セブ在住の日本人主婦の方たちがその写真を見つけ、連絡をくれたのです。

2008年 NPO法人設立

2年の時を経て、この主婦の皆さまと一緒に教会の周辺で暮らす貧困層の子どもたち(ストリートチルドレンと呼ばれます)を支援するNPO法人を設立しました。

子どもたちを学校に行かせるために、親と交渉し、文具などの学校費用を提供する。

学校期間中は、その子どもたちの昼食を提供する。

クリスマス、遠足などのイベントを通じて情操教育を提供する。

コロナ感染拡大で都市封鎖が続くなか、奨学生の家族への経済支援を継続している。

私達の活動を支えているのが、このNPOのスポンサーとして参加していただいている方々からのサポート費用、そして、CECの「海外ボランティア」プログラムに参加していただく皆様からいただいた寄付や、収益の一部をNPOに還元しています。 私たちはセブの日系ボランティア団体の先駆者として継続してきた誇りをもっています。このNGOは日本で特定非営利活動法人(NPO)として活動しているEMSという団体です。この団体の発足を機に私自身のセブに対する思いが強くなりました。

slpc

2015年 現地NGO設立

2006年から一緒に活動する現地のフィリピン人スタッフと一緒にセブ発のNGOを2015年に設立しました。これは、格差社会を無くすために、貧困層の人々に機会を提供するのは外国人ではなく、現地の人たちの努力によるべきものであるとの理念から作った団体です。SLPCです。格差社会は、無知が招いたものだと思います。普通の生活をしている人は、スラムには立ち入りません。危ないと思っています。実際に危険な人もいるかもしれませんが、ほとんどの人が、一般の人たちと同じ、陽気で真面目で、家族のことを大事にする人たちです。 現地に住む一般の人がそのことを理解し、隣人としてスラムに住む人達を支えていければ、セブの社会は大きく前に進めると信じています。そのために設立したのが NGOのSLPCです。(現地法人)このSLPCの活動を通じて多くの人たちと知り合いました。セブの貧困を解決するためには貧困の人たちがとにかく、良い教育とそして仕事を得なければいけない。それを強く感じました。

slpc

失敗も糧にして・・・

貧困層の人たちに何か職を提供したい、そう考えた私は素人のくせにセブに日本食弁当のデリバリーショップを2017年に開店しました。KAKAKIという名前のショップです。スタッフは全員が貧困層のお母さんたちです。 残念ながらいろいろ不幸なことが重なり、2018年の年末に閉店しました。ちょうどビジネスが上向きになってきた時期だったので残念でした。でももしその時続けていても2020年のコロナ感染の影響で続けることはできなかったでしょう。 この店を運営した経験はとても良い形で残っています。働いてくれたお母さんたちとは今も仲良くつながっています。フィリピン人の人たちが、生活環境が悪くても人として尊敬できる人たちは変わりなくいます。適切な環境で、仕事を提供すればどんな人たちでも変わることができることを学びました。

コロナ、クラウドファンディング

この原稿を書いている現在、日本でもセブでもコロナ感染拡大が続いています。セブは現在フィリピンで一番の感染地となっています。 フィリピンでは1日あたりの新規感染者数が2,498となりました。1日の感染者数としては最大になります。 このような状況で、私たちはクラウドファンディングをたちあげました。外出禁止のために、大人は働きに行けず、ただでさえ貧困で苦しんでいるのに、現在はその日の食事も危ぶまれる墓地スラムの子供たちへの食事提供です。開始からほんの1週間で目標額がたまりました。寄付していただいた大多数の人が以前CECを通じてセブで活動したり、現地のNGOから活動しにきていただいた方たちからでした。私たちがおこなってきたことに賛同していただいている人たちが多くいるということがわかり、ますます自分たちの活動に誇りと責任を感じます。 slpc 2020年8月に終了しました。支援いただいたみなさま感謝いたします!